メンタル

タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう

タイブレークに入ると、もう頭が真っ白。

何をどうやって良いのか分からないで、気が付けば試合終了何てことも多いですよね。

でも、それってメンタルが弱い?経験不足?

私は、そうでも無いと思いますよ。

ちょっとした意識の置き方で、タイブレークの戦い方に強くなれます!

 

タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう

 


 

1.「節目」をどう作るのか?

タイブレークの、特徴の一つ。

私は、チェンジコートの機会を上手く使うこと、が大事だと思います。

タイブレークでは、両者の合計ポイントが6の倍数になった段階で、チェンジコートをしますよね。

これを、節目と考えたい。

3-3で最初のチェンジ、または2-4、0-6、なんてケースもあるでしょう。

大事なのは、自分でどうポイントを作っていくのか、想定していくのか、です。

 

2.最初は2-4でチェンジまで、許容範囲

私はいつも、この感覚でタイブレークに入ります。

もちろん、短期決戦ですから先行したい。

でも、そう上手くいくとは限りませんからね。

最初のチェンジコート、2-4ダウンならまだOK、という感じ。

ここで気分もリフレッシュ出来るし、タイブレークの流れはまだまだ変わる。

だから、慌てないし「想定内」と思ってタイブレ―クを進めていける。

ちょっと強がりに聞こえるかも知れませんが、この意識の置き方でだいぶ楽になれますよ。

 

3.どんなに最悪な状態でも、1度はチェンジコートをする

例えば、もう全然ミスばかりで0-6になったとしましょう。

でも、そこでまずはコートチェンジ。

どんなに悪い状況でも、チェンジコートを1回もしないで試合終了、というのはありえません。

もう失うものは無い、だからリフレッシュ出来ると思って頑張れる可能性も高い。

ゲームだったら、とっくに取られてますからね、6連続失点ですから。

タイブレークなら、まだチャンスがある。

それに、コートもチェンジ出来る。

考え方によっては、こういう視点も有りでしょう。

 

4.一番まずい、勝てない人は・・・?

チェンジコートを忘れる人、です。

タイブレークの試合、チェンジコートを忘れる人って結構いませんか?

合計ポイントを忘れるということは、ポイントの意識が希薄だということ。

こういう人は、まず大事な試合で勝てません。

ポイントが意識出来ていないということは、客観性が無いということ。

そもそも、タイブレークはどんどんチェンジコートをしていく形式、ですからね。

試合慣れしていく、とはこういう経験を積んでいくということ。

チェンジコートを節目に出来れば、自然に出来るようになるでしょう。

 

次のチェンジコートまでに、どういう感じでタイブレークを進めるのか。

6ポイントをどうメイクするのか、をしっかり考えてみて下さい。

これも、一つの癖のようなもの。

習慣にしてしまえば、自然に無意識のうちに出来るようになりますよ。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  2. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

    どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。自分が逆転する側になる…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

  4. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

    月曜日から学校、会社。木曜日はテニススクールに行って、土日はど…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  6. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!
  3. 戦術

    ダブルスのチェンジプレー、図入りで説明します
  4. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと
PAGE TOP