サーブ

ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

ダブルスの試合で、どっちの選手からサーブを打つのか。

みなさんは、大体決まってますか?

試合前のサーブ練習の調子を見て、というのも有りですよね。

でも、この打つ順番については意外と軽視されがち。

結構大事ですよ、ダブルスの試合では。

 

ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事

 


 

1.なぜ、大事なのか?

まず、人によって「先に打ちたい人」もいます。

それに、「先に前衛をやりたい人」もいます。

私はと言えば、後者です。

先に前衛をやって、相手をかく乱するのが得意。

だから、サーブは後が良い。

別に先に打つならそれでも良いんですが、同じように前衛には最初のゲームでしっかり動いて欲しい。

そういうペアであれば、どちらでも効果的に先手を取れますからね。

みなさんはどうでしょうか?

あまり、考えたことが無い・・・という人は、チャンスです。

 

2.試合形式を確認しよう

その人のメンタリティー、性格以外にも、テニスで大事なポイント。

それは、試合のルールが大会ごとに異なるということです。

6ゲーム先取、8ゲーム先取、1セットマッチに3セットマッチ。

多いのは、6ゲーム先取か1セットマッチ、じゃないでしょうか。

この2つの違い、結構大きいですよ。

6ゲーム先取ならまずトスでサーブを取らないと、ずっとキープ合戦でも5-6で負けになってしまいます。

それにこの場合、サーブの順番も大事だと思いませんか?

 



 

3.4-4で打つのか、5-5で打つのか

トスで勝ってサーブから試合開始、この時に、もう順番は決まっています。

最初に打った人は4-4で自分が3回目のサーブ、になる可能性がある。

後からサーブを打つ人は、5-5でそうなることはもうここで決まり。

競った試合では、どっちをどの選手が担当するのか、で結構試合結果が変わるでしょう。

6ゲーム先取で5-5のサーブ、緊張しますよね。

キープすれば終わりですけど、同時にブレイクされても負け。

ダブってしまう確率が高い選手は、ちょっとキツいかも知れません。

まだ4-4の場面で打たせる方が良い、とかそういう判断が出来ますよね。

 

4.「順番」と「シチュエーション」に強くなろう

大事なのは、こういう3.のような順番をパッとイメージ出来るかどうか。

テニスは、サーブもリターンも順番は決まっています。

どういうシチュエーションで、誰が何をやるのか。

これは、最初のトスの時点で決まってしまうことも多い。

相手の様子も見ながら、自分たちペアの基本スタンスを考えて準備しておく。

勝てるペアは、そこまで考えて準備してますよ。

自分たちの流れで試合を進める為にも、一度考えてみませんか?

 

ちょっとしたことなんですけどね。

でも、6ゲーム先取の試合を5-5で落とす機会が多いペアは、考えてみても良いでしょう。

何となく、サーブが得意な方から打つ・・・だけで、本当に良いんですか?

全ては、疑問を持つことから始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

    良いサーブは、安定したトスアップから。分かっているけど、なかな…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  3. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想

    サーブに自信が無い・・・人、ほとんどだと思います。そういう人は…

  4. テニス サーブ
  5. テニス 走力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    日々の雑記

    自分のテニスに、胸を張ってコートに立とう
  2. アシックス

    テニス知識

    テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  4. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  5. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう
PAGE TOP