テニス ストローク

ダブルス

初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

初めて組む人と、試合に出る。

なかなか難しいシチュエーションですが、意外と多いと思いませんか?テニスをやっていると。

このパターンでも、やっぱり負けると悔しいですからね。

試合をしっかり作っていくために、初めての人と何を確認しておくのか。

この3つだけでも、決めておくと試合がすごく楽に入れると思います!

 

初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

 

1.サーブの順番

まずはこれ、ですね。

最初にサーブかリターンか、はトスで決まりますが、どちらの選手から打つかは決まっていない。

自由に決めて良い部分ですから、早めに決めて心に余裕を持って入れるようにしておきたいところ。

サーブを相手に取られたら、コートの選択権はあるはずですからまぶしくないコートから、どっちが先に打つのか・・・という感じでしょうか。

または、サーブが得意かどうかを聞いて先にサーブを取る、という選択も有りですよね。

そしてもう一つの決め方として、例えば私は「前衛から試合に入る」のが好きなので、出来ればサーブは後に打ちたい派、なんです。

これも正直に伝えることで、よりお互いの強みを発揮しやすいと思いますよ。

先にサーブを打ちたい、よりも前衛をやりたい!という視点ですね。

良いじゃないですか、これも。

試合前にサーブの順番、決めておいて絶対に損は無いです。

 

2.リターンのサイド

これも大事なポイント、ですね。

得意なサイドが上手く分かれると良いのですが、男子ダブルスでは「アドバンテージサイドが好き」な人が多い傾向にある気がします。

デュースサイド、をしっかりプレー出来るように普段から練習しておくと、こういう時に役立ちますね。

とにかく、ここも「正直に」しっかりお互いの意見をぶつけましょう。

「本当はアドサイドをやりたいけど・・・言えなかったんだよ」みたいなのは、無しで。

リターンのサイドは、希望がかなわないこともあると思いますが、逆に希望通りになった選手には責任が生じるはず。

「得意な方任せたんだから、頑張って!」とも言えますしね。

ここはしっかり、試合前に議論して決めておきましょう!

 

3.後衛の基本陣形

基本的に、雁行陣か並行陣か。

この部分は、お互いでしっかり確認しておきましょう。

サーブとリターンを打った後、前に出るのか出ないのか。

もちろん、試合の現場で話し合って決めることも大事です。

ですが、基本の方針はしっかり事前に決めておきましょう。

私の場合は、「基本はサーブもリターンも、前に出る並行陣、たまに雁行陣を入れて揺さぶる」パターンです。

ゲームメイクをどうするのか、どの位置から行うのかを聞いておけば、前衛も楽ですからね。

しっかり自分でも、意志を持って話せるようにしておかないとダメですよ。

 

最低限、ですね。

この3つは、自分たちの意志でコントロール出来る部分、ですから。

遠慮して話し合わないで、試合の中で何とか・・・なんて、出来ません。

どんな試合でも、勝ちたいと思うこと、最善を尽くすことがアナタの糧になるはず。

何となくの試合、は止めましょう。

試合前から、もう試合は始まってますからね。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. ダブルス

    「ナイスプレッシャー!」の一声で、前衛は救われる

    ダブルスの試合、前衛は孤独そのもの。ミスすればチャンスを決めら…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、「ストレートケアしている前衛」ほど、ストレートを抜かれていくのか?を考えてみる

    決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?ダブルスの試合で、「…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさせよう

    ダブルスの試合で前衛がポーチに動く、その後の動きは曖昧になりがち。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?
  2. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選…
  3. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの…
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
PAGE TOP