テニス ストローク

ダブルス

初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

初めて組む人と、試合に出る。

なかなか難しいシチュエーションですが、意外と多いと思いませんか?テニスをやっていると。

このパターンでも、やっぱり負けると悔しいですからね。

試合をしっかり作っていくために、初めての人と何を確認しておくのか。

この3つだけでも、決めておくと試合がすごく楽に入れると思います!

 

初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

 

1.サーブの順番

まずはこれ、ですね。

最初にサーブかリターンか、はトスで決まりますが、どちらの選手から打つかは決まっていない。

自由に決めて良い部分ですから、早めに決めて心に余裕を持って入れるようにしておきたいところ。

サーブを相手に取られたら、コートの選択権はあるはずですからまぶしくないコートから、どっちが先に打つのか・・・という感じでしょうか。

または、サーブが得意かどうかを聞いて先にサーブを取る、という選択も有りですよね。

そしてもう一つの決め方として、例えば私は「前衛から試合に入る」のが好きなので、出来ればサーブは後に打ちたい派、なんです。

これも正直に伝えることで、よりお互いの強みを発揮しやすいと思いますよ。

先にサーブを打ちたい、よりも前衛をやりたい!という視点ですね。

良いじゃないですか、これも。

試合前にサーブの順番、決めておいて絶対に損は無いです。

 

2.リターンのサイド

これも大事なポイント、ですね。

得意なサイドが上手く分かれると良いのですが、男子ダブルスでは「アドバンテージサイドが好き」な人が多い傾向にある気がします。

デュースサイド、をしっかりプレー出来るように普段から練習しておくと、こういう時に役立ちますね。

とにかく、ここも「正直に」しっかりお互いの意見をぶつけましょう。

「本当はアドサイドをやりたいけど・・・言えなかったんだよ」みたいなのは、無しで。

リターンのサイドは、希望がかなわないこともあると思いますが、逆に希望通りになった選手には責任が生じるはず。

「得意な方任せたんだから、頑張って!」とも言えますしね。

ここはしっかり、試合前に議論して決めておきましょう!

 

3.後衛の基本陣形

基本的に、雁行陣か並行陣か。

この部分は、お互いでしっかり確認しておきましょう。

サーブとリターンを打った後、前に出るのか出ないのか。

もちろん、試合の現場で話し合って決めることも大事です。

ですが、基本の方針はしっかり事前に決めておきましょう。

私の場合は、「基本はサーブもリターンも、前に出る並行陣、たまに雁行陣を入れて揺さぶる」パターンです。

ゲームメイクをどうするのか、どの位置から行うのかを聞いておけば、前衛も楽ですからね。

しっかり自分でも、意志を持って話せるようにしておかないとダメですよ。

 

最低限、ですね。

この3つは、自分たちの意志でコントロール出来る部分、ですから。

遠慮して話し合わないで、試合の中で何とか・・・なんて、出来ません。

どんな試合でも、勝ちたいと思うこと、最善を尽くすことがアナタの糧になるはず。

何となくの試合、は止めましょう。

試合前から、もう試合は始まってますからね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

    どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。この際、ペアを変える…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?

    テニスの面白いところって、年代で垣根なく試合が出来る、勝負出来るという…

  3. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、ダブルスの並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」です

    ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。サ…

  4. ダブルス

    「打ってない人たちも仕事しろよっ!」テニスのダブルスの試合で勝つには絶対必要な意識

    ダブルスはコートに4人いる。でもボールは一個だ。当たり前か。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする

    ダブルスの試合、アナタ自身「頑張り所」を間違えてはいけない。い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切
  2. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合では、「スコア差があっても無くても」集中力に差が生まれてはいけない
  5. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
PAGE TOP