ダブルス

ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という問題について

テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバンテージサイド、このどちらかしかありません。

当然ポイントは交互にサイドを変えながら進めていきますが、ダブルスでは担当のリターンサイドは選ぶことができる。

逆に言えば、硬式テニスではどちらかのサイドで「後衛」をやらないといけない。

ペアでどちらを担当するか・・・一度真剣に考えてみるのは有りかも知れません。

今回はその判断材料になればと思い、ダブルスのサイドにおける基本的な考え方をリターンの視点から見ていきます。

 

ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という問題について

 

■「デュースサイド」がゲームメーカーとして試合を引っ張る

私の主観ですが、デュースサイドのリターンの選手がゲームを作るペアが多い。

必ず最初にリターンをするポジションですし、15-15、30-30のようなオールのポイントで優位に立つには手堅いプレーのほうが有効だったりします。

後は、センターへのサーブがバックハンドになるので、ここをしっかりリターンできる技術も必要。

前衛を活かすことができる、オールラウンドで、様々な技術の引き出しが多くて安定感のある選手が向いているでしょう。

 

■アドバンテージサイドの選手には、「爆発力」が欲しい

逆にアドバンテージサイドの選手はどうか?

リターンのときに、ブレイクポイントやゲームポイントが回ってきやすいのがこちらのサイド。

思い切ったプレーで相手の意表を突いたり、フォアハンドで回り込んでストレートを打ったりと、メリハリのあるプレーが出来るほうが良い。

大事なポイントが多いので、むしろ手堅い方が良いのでは?という考え方もあるでしょう。

あえて私は、その安定感よりも爆発力を取りたい。

それくらい、ダブルスのアドバンテージサイドでは「何か思い切ったこと」をやることが求められます。

 

■お互いの特徴をペアで確認して共通認識を持つ

リターンでサイドを選ぶのと同じように、サーブの順番も大事ですね。

どちらの選手から、先に打ち始めるのかが重要です。

「そんなの、サーブが得意な人から打てば良いじゃん?」と思った方は、まだまだ視野が狭い。

サーバーだけでなく、「前衛が得意な選手を、先に前衛でプレーさせる」という視点だってあります。

私はこのタイプで、最初は絶対に前衛からプレーしたい、動いて相手にプレッシャーをかけたいタイプです。

 

こういった作戦、準備、どこか「フワッと」決めてしまっていませんか?

私が見ていてまずいと思うのは、「自分はどっちでも良い」と相手任せにしてしまっている選手。

日本の学生の皆さん、社会人の皆さん、ほとんどがこれです。

はっきり言って、テニスは成長しません、そんな考えでは。

しっかり自分の意見を持って、相手に伝えて「試合に勝つ為に」何がベストかを考える。

こういった習慣は、日々意識を強く持って欲しいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる

    ダブルスの並行陣、皆さんはセンターを守る意識、どの程度あるでしょうか?…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    現在、有明テニスの森公園で開催されている全日本大学対抗テニス王座決定試…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

    試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。本当…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    粋なプレーが出来る前衛は、「ファインプレーをファインプレーに見せない」から後衛に信頼される

    ダブルスが上手い人は、組んでいて何だか楽しい。頼もしいし、自分…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味が無い

    テニスの試合で強い人は、良い意味で「うざさ」がある。うざい・・…

  6. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!…
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  3. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと
  4. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ
  5. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく
PAGE TOP