テニス ストローク

リターン

「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?

組むペアによって異なったり、または初めてテニスをやる人とペアを組むとなると、なかなか難しいですよね。

でも練習とはいえ、ポイントを落とせば悔しいしもっとリターンのレベルアップを図りたい!

という方に、もしかすると参考になるかも知れない「リターンのサイドの決め方」について、今回は述べさせて頂きます。

あくまで私見を基にしていますので、異論反論あるかと思います。

これを機会にじっくり考えるきっかけになって頂ければ、嬉しいです!

 

「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

 

1.センターのサーブを、しっかりリターンできるかどうか

上のレベルになればなるほど、サーブはとにかくセンターに集まります。

そんな中でしっかりリターンできるサイドを選んでおくことが、とても重要です。

この「しっかり」というレベルが難しいところですが、ある程度深いサーブでも「クロス」「ストレート」「ロブ」の打ち分けができる、という力があるかどうかが判断基準になります。

センターのサーブをいかにリターンでコースを散らせるか、がダブルスのリターンゲームではとても重要です。

2.デュースサイドには引っ張っていくタイプの性格の人が向いている

あくまで持論ですが、デュースサイドは常にアドサイドよりも先にリターンをする立場にあります。

先行するのか、追いかけるのかは、デュースサイドのリターナー次第です。

性格的にも、何かを先にやることに物怖じしないタイプの人が良いでしょう。

もちろんセンターのサーブは右利きの方はバックハンドになりますので、苦しいのですが・・・。

3.リターンの最大の武器である、回り込みフォアハンドを活かそう!

回り込みのフォアハンドが得意な選手がいれば、これはもうリターンで活躍してもらうしかありません。

右利きであればアドサイド、左利きであればデュースサイドを任せて、セカンドサーブは積極的にアタックしていきましょう。

もちろん、相手のレベルが上がればセンターにスライスサーブを織り交ぜて、なかなか思い切った動きを取り辛いかも知れません。

それでもテニスは、「警戒される」というのが大事なスポーツ。

相手はプレッシャーを感じている訳ですから、そこからまた駆け引きで上手に出ていければ試合をリードできます。

4.リターンダッシュが得意な人は、ワイドのリターンが得意な方をチョイス

例えばあなたがリターンダッシュが得意なタイプの場合、ワイドのサーブを取りやすい!と感じるほうをサイドとして選ぶことをお勧めします。

私自身はアドサイドのバックハンドのクロスリターンが得意なので、アドサイド。

ワイドのサーブは厳しいコースはキツイですが、少し甘いコースだとポジショニングも崩さず、そのままネットを取るのに適しています。

引き付ければ、相手の前衛もストレートケアの意識が高まってポーチに出辛くなるでしょう。

5.「それでもどっちか分からない!」という人は、あえてデュースサイドをやってみる

「何だか色々書いてきましたが、良く分からない・・・」という方もいらっしゃると思います。

そんな方には、あえて難しいとされるデュースサイドでのプレー(右利きの方)をお勧めします。

正直なところ、デュースサイドのほうがきついと思います。

バックハンドにキックサーブ、それもセカンドでがっつり深いサーブがバシバシくることもしばしば。

それにも加えて、相手の前衛のポーチはフォアボレー(右利きの場合)・・・。

だからこそ考えます。

リターンを磨こうと、試行錯誤します。

そんなあがきこそ、あなた自身のテニスの進歩に繋がると私は考えてます。

 

最後は若干熱っぽくなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか・・・。

相手のタイプや当日の感覚にも応じて、担当するサイドは変わってくると思います。

何かを考えて頂くきっかけになれば、本当にうれしく思います!

長く組んでいるペアの方も、「当たり前」となっていたらそれはそれで危険かも知れません。

春は何かを始める、トライの季節!

ぜひリターンを磨いて、大会を勝ち抜きましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ

    リターンが得意、苦手、というのは差が激しい。特に一般や学生の皆…

  3. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  4. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  6. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから始まる

    サーブが強力な相手に、どう戦うのか。なかなかチャンスを作れない…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    攻撃的なネットプレーのときには、とにかくラケットの準備の位置を高くして構えよう
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でリターンが難しいのは、サーブが強力だからじゃない
  3. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう
  4. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
PAGE TOP