テニス 試合

その他

テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。

そう悩んでいる方がいたら、少し考えてみて欲しい。

テニスに対して、自分はどう向き合えば良いのか。

ちょっと離れて客観的な視点を持てると、きっと聞こえて来るはずです。

テニスという競技、ルールからの声が。

 

テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

1.なぜ、テニスは面白いのか?

みなさん、なぜテニスを続けている、頑張っているんでしょう?

試合に出るまでして、結果を求める楽しさって何だと思いますか?

これには、人それぞれの答えがあって良い。

大事なのは、「テニスと会話をする」ということ。

テニスが自分に、何を求めているんだろう、と考えてみる。

他の競技とは一味も二味も違う、テニスに必要な力とは何だろう。

そう考えてみれば、きっとアナタ自身の上達にもつながるはずです。

 

2.オールラウンドな運動能力と、判断力、観察力と・・・って・・・

とにかく、テニスは忙しい。

守備も攻撃も自分一人でやらないといけないし、サーブやリターンも順番で回って来る。

しかも、自分たちでジャッジまでしてスコアも数えないといけない・・・!

他の競技と比較しても、テニスってとにかく求められるものがすごく多い。

つまりは、求められるのは総合力とバランス力。

もちろん運動能力や判断力、観察力、大事ですよ。

でも、それらって100点満点を求めている訳じゃない。

「バランス良く、容量良く出来てますか?」と、テニスから問いかけられてる。

そう考えられると、どうでしょう。

ちょっと、気楽になれませんか?

 

3.テニスが求めているのは、「ブラックボックス」かも

私は、こう考えています。

色々と起きること、を自分の中で要領よく処理していく能力、がテニスには必要。

まさに、ブラックボックスみたいな感じ。

アナタ、というテニス選手を通じて、どんどんプレーを繰り出していく。

止まらない、とにかくリズム良く、相手を見ながらテンポ良く。

実際にテニスの試合で強い人って、容量が良くて自分のリズムを持っている。

それは、テニスというスポーツが求めているもの、ですから。

 

4.凝り固まった考え、は足かせになる

スポーツを頑張る人って、こだわりが強い人も多いじゃないですか。

プライドが高くて、先入観が強い人も多い。

私は、向かないと思います、そういう人にテニスは。

なぜなら、相手がいて、ラケットやガットも進化し、天候にまで左右されるテニスという競技は、バランス感が大事だから。

100点を取るのではなく、どんな試合でも80点を狙う。

みんなが難しいと感じる問題では部分点をもらい、確実に解ける問題を完答する。

こういうバランス感の良い人、はやっぱりテニスでも強い。

あくまで私自身の考えですが、みなさんはどうでしょうか。

 

テニスを鍛えれば、人は変われる。

むしろ、変わっていける人しか、テニスの試合では結果を出せないんですよね。

テニスが何を求めているのか、それにいっちょ、応えてやろうじゃないかと頑張ってみる。

そうやって成長出来るのも、テニスの試合に出続ける魅力でもあります。

全ては、アナタ次第ですけど。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い

    これは、要は自分次第です。私は、少し笑顔、なくらいが緊張感が解…

  2. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!

    普段、練習で使用しているネット。テニスコートには欠かせないこの…

  3. テニス 準備

    その他

    テニスの試合中にボールがとなりのコートに入っても、慌てて取りに入ってはいけない

    テニスの試合に出始めて、まだ日が浅いみなさんへ。ぜひ、頑張って…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  5. テニス 客観視

    その他

    テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

    試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。少し、…

  6. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「思い悩んでる暇があったら動く」習慣がある人は、テニスの試合でも強い
  5. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?
PAGE TOP