メンタル

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

試合でなかなか、結果が出ない。

自分らしいプレーも出来ないで、モヤモヤしている・・・という方も、多いと思います。

「もっと自分を出していかないと!」と、焦る必要は無いと思いますよ。

勇気は必要ですが、それだけでは試合で自分を表現することは難しい。

客観的に、現実的に考えると、大事なことは見えて来るはずです。

 

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

 


 

1.「自分を出す」って、どんな自分?

試合で、自分を出す。

さぁ、どんな自分が出て来る感じでしょうか?

自分らしいテニスと言えば聞こえは良いですが、それって結局何?と悩んでいる方も多いと思います。

「勇気が足りないから、何も出来ない・・・」という声も、よくお悩みで頂きます。

私は、その前に大事なことがあるんじゃないかと。

試合に出るなら、必要な準備がある。

それは、テニスの技術です。

 

2.技術があるから、試合をコントロール出来る

試合に必要な技術。

これが無いと、まず何も相手に対抗出来ません。

典型的な例は、リターンですよね。

速いサーブを、薄いグリップでリターン出来ない人は、ファーストサーブを返せない。

スライスサーブの曲がり、変化に対応出来ない人は、ラリーに持ち込めない。

こういう基本技術があってこその、自分らしいテニスじゃないでしょうか。

勇気があれば返せる、そんなに甘いものでも無いですから。

普段から、試合に必要な技術は何なのか、を考えて練習出来ているかどうかが大事になります。

 

3.技術は自信を養い、自分らしさを作っていく

どんな上手い人でも、基本を自分なりにカスタマイズして今がある。

一度しっかり、技術を身に付けてから、それを崩しているような人がほとんどです。

自分らしいテニスって、難しいですよね。

でも、そこにはベースとなるしっかりした技術、基本がある。

しっかりボールを打ち返せるようになって、自信が出て来てプレーも軽快になる。

周りから見て、「あの人らしいテニスだね」という風に、自然になっていくんです。

自分で無理に、求めていかなくても良いでしょう。

 

4.T-PRESS読者のみなさんは、きっと「らしさ」を持っている

私は、こう考えています。

このサイトを読んでいる人は、きっと問題意識もしっかり持っていて、自分を客観視出来ている。

そういう方のテニス、試合は、きっと「らしさ」があると思うですよね。

これは、確信を持って言えます。

そうじゃないと、なかなか読み続けられないですよ。

だからこそ、今の練習を続けて欲しいし、技術を磨いて欲しい。

自分らしさ、を求めなくても大丈夫、自然に周りの風潮がそうなっていきますから。

もちろんそこに肉付け出来るように、私も勉強して頑張ります!

 

勇気を持つこと、はすごく大事。

でも、強い気持ちやメンタルだけで勝てないのも、またテニスです。

技術を磨いて、自分らしさが形成されていく。

継続して意欲を持って、テニスと向き合っていきましょう。

アナタらしいテニス、自分で無理に意識する必要はありませんからね。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている

    テニスの試合の中では、絶体絶命のピンチがある。ブレークポイント…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

  4. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!

    テニス好き?好きだから皆、テニスを毎日頑張っているんだろうね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をや…
  4. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
PAGE TOP