メンタル

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

試合でなかなか、結果が出ない。

自分らしいプレーも出来ないで、モヤモヤしている・・・という方も、多いと思います。

「もっと自分を出していかないと!」と、焦る必要は無いと思いますよ。

勇気は必要ですが、それだけでは試合で自分を表現することは難しい。

客観的に、現実的に考えると、大事なことは見えて来るはずです。

 

試合で自分を出していくのに、必要なのは勇気じゃない

 


 

1.「自分を出す」って、どんな自分?

試合で、自分を出す。

さぁ、どんな自分が出て来る感じでしょうか?

自分らしいテニスと言えば聞こえは良いですが、それって結局何?と悩んでいる方も多いと思います。

「勇気が足りないから、何も出来ない・・・」という声も、よくお悩みで頂きます。

私は、その前に大事なことがあるんじゃないかと。

試合に出るなら、必要な準備がある。

それは、テニスの技術です。

 

2.技術があるから、試合をコントロール出来る

試合に必要な技術。

これが無いと、まず何も相手に対抗出来ません。

典型的な例は、リターンですよね。

速いサーブを、薄いグリップでリターン出来ない人は、ファーストサーブを返せない。

スライスサーブの曲がり、変化に対応出来ない人は、ラリーに持ち込めない。

こういう基本技術があってこその、自分らしいテニスじゃないでしょうか。

勇気があれば返せる、そんなに甘いものでも無いですから。

普段から、試合に必要な技術は何なのか、を考えて練習出来ているかどうかが大事になります。

 

3.技術は自信を養い、自分らしさを作っていく

どんな上手い人でも、基本を自分なりにカスタマイズして今がある。

一度しっかり、技術を身に付けてから、それを崩しているような人がほとんどです。

自分らしいテニスって、難しいですよね。

でも、そこにはベースとなるしっかりした技術、基本がある。

しっかりボールを打ち返せるようになって、自信が出て来てプレーも軽快になる。

周りから見て、「あの人らしいテニスだね」という風に、自然になっていくんです。

自分で無理に、求めていかなくても良いでしょう。

 

4.T-PRESS読者のみなさんは、きっと「らしさ」を持っている

私は、こう考えています。

このサイトを読んでいる人は、きっと問題意識もしっかり持っていて、自分を客観視出来ている。

そういう方のテニス、試合は、きっと「らしさ」があると思うですよね。

これは、確信を持って言えます。

そうじゃないと、なかなか読み続けられないですよ。

だからこそ、今の練習を続けて欲しいし、技術を磨いて欲しい。

自分らしさ、を求めなくても大丈夫、自然に周りの風潮がそうなっていきますから。

もちろんそこに肉付け出来るように、私も勉強して頑張ります!

 

勇気を持つこと、はすごく大事。

でも、強い気持ちやメンタルだけで勝てないのも、またテニスです。

技術を磨いて、自分らしさが形成されていく。

継続して意欲を持って、テニスと向き合っていきましょう。

アナタらしいテニス、自分で無理に意識する必要はありませんからね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  3. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

    テニスの試合に勝ちたい、と考えているみなさん。であれば、この問…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です

    試合が苦手、嫌いな人って、どんな人でしょう。まず浮かぶのは、ス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない
  2. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  4. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
PAGE TOP