テニス ストローク

ダブルス

ストレートアタック、にこそスライスを使おう

ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。

この必要性は何度も書いてきましたが、強打でアタックしてミスはもったいない。

まず、相手の前衛のレベル、雰囲気を確認しましょう。

そこまでネットプレーが上手そうじゃない人なら、スライスで充分。

相手に触らせて次、ですね。

 

ストレートアタック、にこそスライスを使おう

 


 

1.ストレートに打つなら・・・

とにかく、「触られる想定」でいきましょう。

ダブルスは、前衛が触った瞬間にテンポが変わるし、ラリーのリズムが変わります。

相手の前衛に打つ、その時に大事なのは「触らせて、次」の感覚。

だったら、スライスで充分な相手も多いはず。

ロブでも良いし、低くスライスを打つだけでも相手は嫌でしょう。

何より、スピンよりも楽に打てるしミスが減りますからね。

相手の前衛、ストレートアタックでスライスを使う。

これは、非常に使えるテクニックです。

 

2.遅いからこそ、相手は嫌なもの

アナタ自身が、前衛に立っていると思って下さい。

遅いボールが、自分に向かって飛んで来る・・・これって、嫌じゃないですか?

ボールが遅いと、色々考えてしまいますよね。

相手もよく見えるから、つい厳しいコースを狙いたくなる。

強打したい、でもボールは低いし・・・みたいな時に、人はミスしてしまいがちなんです。

遅いスライス、を前衛に打ってみる。

思わぬポイントが、楽に取れると思いますよ。

 



 

3.遅いボールのボレーは、難しい!

特に、ネットプレーが苦手な人、はそうです。

速いボールの方が余裕が無い分、楽なんですよ。

シンプルに打てますからね。

ボールが遅いと、つい強打してしまう、後ろから反動を付けたくなるじゃないですか。

ボレーが苦手な人は、まずこういう遅いスライス、は苦手です。

だからこそ、スライスでストレートに打ってみる。

「これはどう?」みたいな感じで、相手の前衛に問いかけてみましょう。

 

4.同じ構えからロブ、も打てると最高!

低いストレートアタック、それからストレートロブ。

これを、同じ構えから打てるようにしましょう。

そうすると、もう相手は動けないですよ。

蛇ににらまれたカエル、みたいなもの。

同じ構えからロブが来る、と思うとポーチにも出れないし、前衛としての仕事は出来なくなる。

速いストレートアタックで抜かれるより、よっぽど嫌なはず。

スライスでジワジワ、精神的に相手の前衛を追い詰めていきましょう。

 

これも、打つ前に一番勇気が要ります。

ですが、打ってしまえば楽、すごく使えるショットだと気付く。

ミックスダブルスでは、相手前衛が女性のときにボールを触らせることも出来ますしね。

一つ覚えておくと、有効なテクニック。

それが、スライスでのストレートアタック、です。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  3. ダブルス

    前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

    ダブルスで活躍出来る、前衛の考え方。自分から動いて、ボールを触…

  4. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

    ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。仲間を助…

  5. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大き…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  5. ストローク

    「クロスへのパッシングショットを沈める!」為に、大事なポイントは?
PAGE TOP