戦術

嫌な流れ、をどう変えるのか?

テニスの試合の中で、これが出来るかどうか。

どんなに考えて準備して入っても、思い通りに進む試合ばかりではないですよね。

みなさんの中に、何か手立てはありますか?

シングルスの試合なら、誰も助けてはくれませんよ。

 

嫌な流れ、をどう変えるのか?

 


 

1.まずは、「予兆」を感じよう

ほとんどの人は、流れが悪くなってから気付く。

「まずいな・・・」と、数ポイント連続で落としたりしたときから、焦り出すんですよね。

これでは、当然遅い。

予兆を感じる力、を養いましょう。

試合の中で、自分の流れが悪くなるには、予兆がある。

それを感じることが出来れば、悪くなる前に対処出来るかも知れない。

悪くなってからも、落ち着いて対処出来る。

テニスの試合は、ある程度決まった予兆があるので覚えておきましょう。

 

2.流れが悪くなる予兆、とは?

・ファーストサーブが入らなくなる

・セカンドサーブのリターンをミスする

・スマッシュでミスをする

私は、この3つが自分の中で「予兆」だと考えています。

この3つがあるとき、続いた時には、流れが悪くなってくる可能性が高い。

だから、試合前から相当注意して入るし、2回連続で上記のミスが続いた時には気を引き締める。

自分が悪くなる予兆を知っておくだけ、で試合の流れは食い止められます。

 

3.もし、それでも流れが悪くなってしまったら・・・?

でも、嫌な流れになっていくこと、試合ではありますよね。

どうしても止められない、相手が調子良くなってくることもあります。

そんな時に、どうするのか。

まずはしっかり、ラリーをしましょう。

テニスですから、相手とラリーを避けてはダメ。

そうすれば、必ずまた流れが来ます。

ラリーをしっかりしておけば、試合の流れは必ず戻って来る。

相手が勝ちそうになっても、勝ちビビリをしてくれる可能性だって高いですからね。

ラリー回数を増やしていけば、また必ず、アナタ自身に流れが来ます。

 

4.遅いボール、を使うことがお勧め!

試合の流れが悪い時には、試合の進むスピードも抑えたい。

短時間で大量失点、していてはすぐに試合は終わりますからね。

スライスやスピン、回転量の多いショットでボールの速度を抑えることが出来れば、試合時間は長くなります。

相手も簡単に決まらないから、じれてミスしてくれるでしょう。

速いボールは自分に流れが来ている時、に使う。

嫌な流れの時には、スライスを多く使う。

これだけでも、かなり相手は嫌なはずですよ。

 

どんなショットが、嫌な流れの時に使えるのか。

ファーストサーブ、リターン、良い時に打つショットだけ、では勝てないですよ。

相手に流れがある時の、自分のプレー。

一度見直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. 戦術

    良いショットはある、は強さにならない

    記事の更新が滞っておりました…楽しみに待たれていたみなさん、申し訳御…

  2. テニス Q&A

    戦術

    テニスの試合での「いやらしいプレー」は、ボールを打っていない間に起きている

    そんなに強そうに見えないのに、試合になると強い選手。こういう選…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入ろう

    テニスの試合、対戦相手とどう向き合うのか。これが上手い選手は、…

  4. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  5. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

    テニスの試合、リードして、されての繰り返し。つい、リードされた…

  6. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう

    ミスが許されない国、日本。それはテニスでも、例外ではありませ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は…
  2. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  3. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる
PAGE TOP