練習メニュー

上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

男子ダブルスの試合で、もっともっと、上の相手に勝ちたい。

そう考えている実力者ペアのみなさんに、ぜひ取り入れてもらいたい練習。

以前は、デ杯日本代表のダブルス練でも実際に行われていた練習、みなさんにも必須です。

今の時代は、リターンの選手の方が強気に攻撃して来る。

だからこそ、その対策が必要なんです。

 

上級男子ダブルス、に必須の練習とは?

 


 

1.鋭く沈むリターンを、ファーストボレー

やることは、これです。

相手のリターン、鋭く足下に沈むリターンを、しっかりとファーストボレーしていく練習、です。

一見、簡単そうですよね。

でも、この鋭さ、をしっかり出すとなかなか難しい練習になります。

リターンで叩かれても、浮かないでしっかり深くクロスにファーストボレー。

これが出来るようになれば、ストロークやリターンが強力が相手からもミスを誘える。

サービスゲームのキープ力が、一気に高まるはずです。

 

2.サーブの素振りから前に、球出しは「えげつなく」

やり方は簡単です。

サーブを打つ選手が、打ったフリ、素振りをしてサーブ&ボレー。

ここに、えげつないくらい鋭いボールを球出し役の人が打っていきます。

球出しのコツは、自分の目の前にワンバウンドさせて、スピン回転でしっかり足下を狙うこと。

低く、ハーフボレーさせるくらいでちょうど良いでしょう。

リターンよりも前、のコート脇から出してOK、ですのでかなり前から打たれることになります。

球出しは、「ファーストボレーが返せないくらい」に強く打って良い。

そうしないと、練習にならないですからね。

慣れて来たら、高い打点から打ちおろす、みたいなエグいボールも打って良い。

とにかく、サーブ&ボレーヤーをめった打ちにするくらい、厳しくいきましょう!

 

3.サーブ&ボレーの選手が何を考えるのか?

前に突っ込み過ぎると、上手く返せない。

だからこそ、必要なのは「どこで止まるのか?」の発想です。

私なら、サービスラインよりも後ろ、くらいで一旦止まります。

そこから、ボレーしながらサービスラインを踏んでいく、ような感じですね。

無理に前に突っ込んでも、厳しい球出しが来て苦しいだけ。

この発想を養う為にも、良い練習だと思います。

 

4.「練習の方が楽じゃないか」と、思えたら勝てる

私も学生時代、この練習を出来て良かったと思っています。

だって、試合が楽でしょうがなかったですから。

本来、球出しのような厳しいボールはそう来ないですし、リターンの選手が打つ訳ですからその後隙も生まれやすい。

この練習では、厳しいボールを出す球出し役が、球出しだけに専念するから相当キツイ。

本来リターンするはずの選手が、準備万端でチャンスボールに備えてますからね。

練習の方がキツイ、と思えたら試合は楽。

男子ダブルスで並行陣で勝ち抜きたければ、必須の練習です。

ぜひ、チームで取り組んでみて下さい。

 

「打ちにくい、厳しい球出し」をどう練習するのか。

これは、レベルアップの大きなテーマです。

ファーストボレーの球出し、最初は難しいと思います、出す方も。

でも、良いんです、打ちやすいところに打たなくて。

厳しい練習ですから、相手を打ちのめす感じで良い。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ

    テニス選手として、試合に出ること。これをしっかりと目指す、まし…

  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー

    テニスの試合、コントロール良く相手を前後に動かせると、配球の幅が拡がる…

  3. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。ま…

  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

    今年も始まりましたね、ウィンブルドン。この大会の特徴は、何と言…

  6. テニス 動画

    練習メニュー

    「自分のテニスを動画で観たことが無い人」には、どんな名コーチのアドバイスも上の空

    最近ではスマートフォンの普及もあり、簡単に動画やスロー動画を撮影ができ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう
  2. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの
  3. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  4. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
  5. テニス 準備

    その他

    テニスの「ラケットでの球出し」にはテクニックが必要!その為に、身に付けたい技術に…
PAGE TOP