ダブルス

ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

男子ダブルス、またはミックスダブルスで、こういう試合は必ずあります。

相手のサーブが速い、でも何とか返して、ポイントを取らないといけない。

今回は、私がよくペアと実践している作戦の一つ、基本的な作戦ですがご紹介します。

相手となるビッグサーバーを、どう攻略していくのか。

何も準備しないと、あっという間にキープされて終わりますからね。

 

ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について

 


 

1.まずは、2人で下がろう

相手のサーブが速い、ダブルスの試合。

こういう時には、思い切ってリターンのペアも下がって良いと思います。

赤側がアナタ側のペア、青側が相手、サーブを打つ後衛は非常に強力なサーブを打って来る。

ちょっと悔しいですが、下がるのは有効な手段です。

リターンが甘くても、簡単には決まらないですし、何よりサーブ側の選手が「下がったか・・・厄介だな・・・」と感じてくれるかもしれません。

ポジションを変えるだけで、かなり相手は嫌ですよ。

それに、自分たちもスッキリしますからね。

「どんな手を使っても、ブレイクするぞ!」と吹っ切れる。

ここでのコツは、リターンの選手よりは少し前、に立つこと。

このちょっとした差で、相手前衛の浅いボール、ドロップボレーもかなり触れるようになります。

相手のサーブが入ると↓・・・。

まずは、返す!ことに集中する。

前衛に触られても気にしない、こっちは2人で下がっていますから、強打ではなかなか決まりません。

ドロップはパートナーが走る!ことで甘いボールは許さない姿勢を見せましょう。

これだけでも、相手のサーバーがリズムを乱して崩れてくれる可能性はあります。

 

2.さぁ、ここからどう戦うのか

まず返す、ことは出来ても、それだけでは勝てません。

それに、ずっと2人で後ろでプレーしているだけなら、それは厳しいでしょう。

後ろ2人でスタートしても、どこかで攻撃していかないと勝てない。

まず、相手の前衛をしっかり観察しましょう。

ボレーが苦手、浅いドロップ系のショットが打てないようなら、2人でアタックしてくのは有効です。

ポイント前に打ち合わせをして、2人で攻めることを確認しておきましょう。

打っている選手、と別の選手は前に入っていく。

甘い返球は、連続攻撃で前衛を狙っていく。

この姿勢で、きっと相手の前衛は気持ちが引いていくでしょう。

ですが、やはり狙いは相手のサーバーの選手、のリズムを崩すこと。

後衛をどう攻めていくのか、はこれもネットプレーにヒントがあります。

私がよくやるのは、クロスへのアプローチから2人で前に出ること。

後衛の選手がクロスに打つ、同時にベースラインにいたペアは、もっと前に出て並行陣を敷く。

この2人で前に出る作戦で、しっかり相手にプレッシャーをかけていく。

どんなに強い相手でも、2人で前に来られると意識します。

まずは向かっていく姿勢、が大事ですね。

2人後ろの状態から、2人で前に出る、並行陣を一気に作る。

こういうパターン、試合で結構使えます!

 



 

3.2人のポジショニングを意識しよう!

しっかり前衛、のポジションに入る。

ダブルスですから、基本は前衛、後衛に分かれていく。

前に出る、ことを意識しましょう。

ボールを打っていない選手は、それだけ早く動き出せる。

この息を合わせること、をペアでぜひ意識してみて下さい。

打つ選手、アプローチをクロスに打って後衛のポジションに入る。

きっと、相手はプレッシャーに感じてロブを上げてくるでしょう。

サーブで強気な選手も、ラリーになったら結構つけ入る隙はありますからね。

ロブを予測して、上げさせる。

これくらいの意識で、前にプレッシャーをかけていきましょう!

きっと、この作戦を実行した後には、サーバーはリズムを崩します。

良いサーブを打っても、攻撃される、2人でアプローチされる。

だからこそ、しっかり意図的に行っていかないといけない。

準備しておけば、後はやるだけですね。

 

2人で前に出る、そのタイミングを合わせる。

前衛が感じる、後衛がしっかりクロスにアプローチを打つ。

最初は、「前出るよ!」と声をかけても良いと思います、お互いに。

でも、そのうちその声が無くても自然に出られるようになるでしょう。

2人で後ろ、から2人で前に。

このダイナミックな作戦、ぜひダブルスで使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  2. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

    雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。でも、しっかり…

  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

    これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。頑張ろうと必死にな…

  4. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなけれ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!

    ダブルスの試合の中で、雁行陣を主体にしているペアは学生の皆さんでも多い…

  6. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ…
  2. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手をワイドに動かして、センターで仕留めるのがダブルスの基本
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
  5. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと
PAGE TOP