リターン

サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。

これって本当に厄介ですよね・・・相手前衛もいますから、ただ返すだけだと決められてしまう。

ここは、ダブルスの特性を活かして、上手く戦う方法を考えてみましょう。

学生のみなさん、も必見ですよ。

 

サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

 


 

1.2人で下がる、リターン陣形でいこう

私は、迷いなくこれを推奨します。

とにかく、相手のサーブが凄いなら、こちらは2人でベースライン近くまで下がる。

基本の陣形はこんな感じだと思いますが・・・

青側がサーブ、赤側がリターン。

青側でサーブを打つ人、のサーブがかなり強力で、返球するのがやっとという試合をイメージしてみて下さい。

だったら、こういう形にしてみませんか?

2人で下がって、後ろ並行陣。

こうなると、青側の相手の前衛も簡単に決めることは出来ないですからね。

サーブを打つ選手も、粘ってくる相手ということでサーブのテンションが少し下がるかも知れない。

景色が変わると、人の心理は動きますからね。

 

2.サーブが得意な相手は並行陣、で勝負してくる

こういう相手、多いですよね。

青側のペアが並行陣、サーブを活かしてどんどん前に来るペアが多いはずです。

リターンを打つ頃には、こういう状態↑になるパターンが多いはず。

そして、ファーストボレーの後は更に前に・・・。

もう、ガンガン前に詰めて来る、ような男子ダブルスも多いでしょう。

沈めることも難しいし、ロブもやっと・・・という感じで圧力をかけて来られる、と辛い辛い。

でも、ここで落ち着いて考えてみましょう。

普通の並行陣、戦い方は必ずあります。

 

3.並行陣は、とにかくセンターを狙って崩す!

こういうダブルスの試合、どうやって青側を崩していくのか。

並行陣対、後ろ並行陣、パッと見ると赤側の逆転はかなり厳しいように感じますよね。

ここで、しっかりセンターを狙えるかどうか。

並行陣、特にサーブが強い選手が前に来た時って、意外と前衛は手が出せないんですよね。

「邪魔したら悪い・・・」と思うからでしょうか、ここにつけ入る隙がある。

クロスに打つ、2人の間を狙うような感じで、しっかり振り切る。

多少浮いてもOK、とにかく、2人を中心に寄せるようなショットにしていくこと、が大事です。

このボールを、相手の後衛が触ると・・・

赤側はチャンス!と感じて前のスペースに入っていく。

ドロップを警戒する、というのもありますが、後ろでずっと戦うのはしんどいですからね。

センターに触らせるショット、がある程度しっかり打てそうなら、もう前衛は前を伺う感じで準備したい。

青側のボレーにプレッシャーをかける、のが大事ですからね。

 

4.センターを攻撃することで、相手の攻撃力を削ぐ

センターセオリー、がなぜ有効なのか。

相手をセンターに寄せて、ボレーさせることで、打てるコースを限定させることが出来るからです。

センターからのボレーは、こんな感じであまり角度が付けられない。

センターに配球すると、後ろでもしっかり対応出来る、ようなコースにしか相手は打てないんです。

これが、安易に外側、ショートクロス気味に打つと・・・。

前に落としたり、アングルに切り返したり、色々出来ますからね。

ダブルスでテクニックがある選手は、こういう切り返しが大好き、なんです。

ですので、こういうショートクロスに打つ時にはしっかり覚悟しないといけない。

もちろん、センターに寄せた後は要所で使っていきたいコース、ですから。

打ったら前に走る、くらいで良いでしょう。

ショートクロスに打ったら、こういうロブも使うこと。

サーブが強力な相手、に対してロブを打つのは怖いですが、劣勢のときにじゃなく、コントロール出来る時に赤側はロブを使っていくこと。

後ろ並行陣は、このセンター、ショートクロス、ロブ、を上手く使うことで、ゲームメイクが出来るはず。

ただロブだけ、のペアは怖く無いですからね。

組み合わせることでロブも活きる、という意識でいきましょう。

 

センターセオリー、並行陣を崩すセオリー。

相手が打てるコースを限定させる意識、で使っていきましょう。

そして、サーブが強力な相手の並行陣、リターン時は下がって、最後は2人で前に行く位のつもりで。

ずっと後ろ、だけじゃない。

要所で崩して前に入る、という意思統一をペアでぜひ準備してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  2. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

    ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。これは、何度か書いて…

  5. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

    ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。色々あります…

  6. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  2. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  3. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?
  4. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
  5. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
PAGE TOP