ボレー

フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

相手コートに押し込むボレー、フラットボレー。

しっかりとネットに詰めることが出来た場合には、決め切りたいですよね。

スライス回転じゃないボレーも、テニスには必要。

打ち終わりのポイントだけ、意識していきましょう!

 

フラットボレーは、肘を伸ばして打ち終わろう

 


 

1.スライスボレー、が基本だけど・・・

私も、基本はスライスボレー。

ネットから遠い位置では、安定感があるし相手コートにバウンドしてからも滑ってくれる。

でも、スピードは出し辛いんですよね。

ですから決めるショットとしては、向かないケースも多い。

ボレーでしっかりパチン!と打って終わるには、ネットに詰めてフラットボレーを打ちたいところ。

意識したいのは、肘の形です。

 

2.しっかり打点を前、肘を伸ばす

普通のボレーは、少しだけ肘が曲がった状態で打ち終わる。

ですが、フラットボレーで押し込む時には、伸ばしましょう、肘を。

伸ばしてハッキリと打点を前、に確保する。

その肘を出していくのに合わせて、足も出していく。

身体全体で抑える、ボールを抑え込むようにして弾かれないように意識しましょう。

肘を伸ばして打ち終わる、を意識すると、伸ばせる領域を残しておかないといけないですからね。

ボールから少し離れた位置から、一気に近づいて打つようなフットワーク、を意識していきましょう。

 

3.ボールの上側を触って、下方向に打つ

フラットボレーは、浮かないように。

そうしないと、すぐにアウトしてしまいます。

ボールの上側、をラケットで触って抑える、しっかり下方向に打つ。

この意識、大事です。

前に詰めたなら、しっかりボールの上を触る。

後ろを触っていると・・・微妙なスライス回転がかかってアウトしてしまう、のがオチでしょう。

 

4.グリップは・・・?

グリップは、どう握りましょうか?

肘を伸ばして打ち終わるので、私は少しだけストロークに近いようなグリップ、で良いと思います。

普段のボレーのグリップだと、浮いてしまう可能性があるんですよね。

コンチネンタル、だと肘を伸ばした位置では打ち辛い。

グリップは、みなさん自身でぜひ探してみて下さい。

きっと、これだ!というフラットボレーに適した打点、見つかるはずです。

 

意識しないと、スライス回転がかかってしまう。

それがボレーですからね。

ネットに詰めているなら、フラットボレーを使っていく。

きっと、攻撃力が一気に上がって、締まるダブルスになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  2. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  3. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

  4. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由…
  2. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
PAGE TOP