テニス ボレー

ボレー

テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い分けると便利です

ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレーって、どんなプレーでしょうか?

しっかり組み立てて、相手を追い込むことができる。

スマッシュなどのオーバーヘッド系が強い・・・色々あると思いますが、私は今回のテーマである「スライスとフラットの使い分け」が大きな要素になっていると思います。

スライスで相手に圧迫感を与えて、ネット際ではしっかりフラット気味のショットも使って決めきれる。

このメリハリをポジションごとに正確に判断、実行できる選手、やっぱりネットプレー強いです。

 

テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い分けると便利です

 


 

■ネットから離れた場所ではスライスボレー、近いとフラットボレー

ポジションによって、求められるテクニックがテニスには違います。

なぜなら自分がボールを打った瞬間から守備が始まり、選択を間違えてしまうと相手から攻撃されやすい、つまりは自分自身を追い込んでいってしまう危険性があるからです。

スライス回転をしっかりかければ、スピードが落ちる分自分が構え直したりポジションの移動ができる。

さらに弾まないボールで相手にとっては打ち辛く、ベースライン上から打つには圧迫感を感じる、感じさせることで追い込むことができます。

逆にネット近くにいるのにスライスボレーを打ってしまうと、これはもったいない。

せっかく決めることができるのに、遅いボールを打つ必要はありませんよね?

グリップチェンジをしっかり行って、メリハリのあるプレーが出来てこそ、本物のネットプレーヤーです。

 

■ラケットヘッドを立てたフラットボレー、少し寝かせたスライスボレーを使い分ける

ではこの2種類をどう打ち分けるのが良いのでしょうか。

色々とコツはありますが、その一つはラケットヘッドの位置。

ラケットヘッドを立てる、つまり手首とラケットの角度が90度に近い形になると、ボールに回転をかけやすいボレーになります。

逆に寝かせて手首との角度が180度に近い感じになると、フラットボレーになりやすい。

フラットボレーは、ボレーですがラケットを振る動作も入ったほうが良いでしょう。

細かい部分はグリップで調整が可能ですので、2種類のボレーをぜひ研究してみて下さい。

■スライスボレーはしっかり横向き、フラットボレーは少し正面向きで安定感アップ

身体の向きにも、注意しましょう。

スライスボレーはしっかり横向きで態勢を作って、フラットボレーは少し身体が開いたほうがリラックスして打ちやすい。

もちろん両方のボレーに、共に丁寧さは不可欠です。

フラット系ボレーはネットタッチにも注意が必要。

せっかくのチャンスをネットタッチの反則で失うこと程、もったいないテニスはありません。

 

学生の皆さんの多くは、「ボレーはネット近くで決めきるもの!」というイメージが強いと思います。

その為には、スライスボレーでチャンスを引き出すアイデアが必要。

スライスをしっかりかけたボレー、しっかり打てる中学生・高校生プレイヤーは本当に少ない。

少ないからこそ、希少なので価値が有り、相手も嫌なはず。

来年はその希少なプレイヤーに、アナタ自身なってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です

    「とにかく、バックボレーが苦手なんです・・・」という、みなさん…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  4. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

  5. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、後衛の選手は「フォアハンドで前衛の後ろをカバー出来る」サイドは…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  5. テニス 評価

    メンタル

    「仲間と苦しむ」ことを意識するとテニスの試合で勝てるよう成長できる!
PAGE TOP