テニススクール

コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

自分の実力、自分のテニス。

何もそれは、アナタ自身のプレーだけに限ったことじゃありません。

周りの人、仲間との関係だって、大事な実力。

資産、なんです。

 

コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

 


 

1.ただ「習っている」だけ?

テニススクールやプライベートでレッスンを受けている方、も多いと思います。

ですが、本当の意味で信頼関係を築けている人、は少ないでしょう。

偉そうに言ってますが、私だってそうでした。

コーチ時代は、腫れ物を触るかのように生徒さんと接してましたからね。

よく分かります。

本当に良い関係値を築けていけば、それはアナタ自身の資産になって、実力になる。

つい、私たちは見落としがちなんですが、こういう努力はすごく大事だと思います。

 

2.目に見えないこと、こそ大事

なぜ、軽視してしまうのか。

関係値や信頼関係、目には見えないものですからね。

数値にして出すこと、も出来ない。

だから何となく曖昧になるし、「まぁ、こんな感じで良いか」となってしまう。

テニスは上手くなりたいけど、本気で指導されるのはちょっと・・・というのが、本音じゃないでしょうか。

ここを一歩踏み込んでいけるか、は大事なアナタ自身の実力。

本気で強くなりたい、自分が変わりたいという意志が、何より大事です。

 

3.コーチだって人間です

迷いながら、みなさんにアドバイスしている。

「これが絶対だ」なんて思ってないですよ。

そう思って教えているコーチは、すごく危ないです、逆に。

同じ人間ですから、対等で良い。

アナタ自身のテニスを、2人で作り上げていくこと、が大事な訳です。

そのためには、アナタ自身が意志を持って、自分の感覚を伝えることも大事。

それにコーチが、お医者さんのように答える。

コミュニケーション無くして、本当の意味でのテニスの上達はあり得ません。

 

4.みなさんがコーチを育てていく、主役です

私自身、たくさんの生徒さんから育ててもらいました。

「それは違うよ」と言われて、レッスン後もずっと議論し続けたこともあります。

今思えば、すごく恵まれていたなと。

でもその環境を引き出したのも、私自身であったり生徒さんの意志と行動、なんですよね。

コーチを育てていく、そのつもりで接してみて下さい。

「テニスを教わる」ではなく。

教わっているうちは、上辺だけの関係で時間が過ぎていくだけですから。

 

仲間、コーチ、そしてライバル。

みんなアナタ自身の資産であり、実力そのものです。

目に見えないもの、数値に出来ないもの。

だからこそ、大切にしてみて下さい。

きっと、数年後は大きく変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」

    キツイタイトルで、すみません。でも、私自身そうだったから。…

  2. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない

    テニスの試合に強くなりたい。指導してもらっているのに、なかなか…

  3. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  4. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ

    テニススクールで、私が仕事をしていて感じたこと。テニスの実力に…

  5. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  6. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  2. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  3. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう
  4. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です
  5. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる
PAGE TOP