テニススクール

コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

自分の実力、自分のテニス。

何もそれは、アナタ自身のプレーだけに限ったことじゃありません。

周りの人、仲間との関係だって、大事な実力。

資産、なんです。

 

コーチとの関係値も、アナタの大事な実力

 


 

1.ただ「習っている」だけ?

テニススクールやプライベートでレッスンを受けている方、も多いと思います。

ですが、本当の意味で信頼関係を築けている人、は少ないでしょう。

偉そうに言ってますが、私だってそうでした。

コーチ時代は、腫れ物を触るかのように生徒さんと接してましたからね。

よく分かります。

本当に良い関係値を築けていけば、それはアナタ自身の資産になって、実力になる。

つい、私たちは見落としがちなんですが、こういう努力はすごく大事だと思います。

 

2.目に見えないこと、こそ大事

なぜ、軽視してしまうのか。

関係値や信頼関係、目には見えないものですからね。

数値にして出すこと、も出来ない。

だから何となく曖昧になるし、「まぁ、こんな感じで良いか」となってしまう。

テニスは上手くなりたいけど、本気で指導されるのはちょっと・・・というのが、本音じゃないでしょうか。

ここを一歩踏み込んでいけるか、は大事なアナタ自身の実力。

本気で強くなりたい、自分が変わりたいという意志が、何より大事です。

 

3.コーチだって人間です

迷いながら、みなさんにアドバイスしている。

「これが絶対だ」なんて思ってないですよ。

そう思って教えているコーチは、すごく危ないです、逆に。

同じ人間ですから、対等で良い。

アナタ自身のテニスを、2人で作り上げていくこと、が大事な訳です。

そのためには、アナタ自身が意志を持って、自分の感覚を伝えることも大事。

それにコーチが、お医者さんのように答える。

コミュニケーション無くして、本当の意味でのテニスの上達はあり得ません。

 

4.みなさんがコーチを育てていく、主役です

私自身、たくさんの生徒さんから育ててもらいました。

「それは違うよ」と言われて、レッスン後もずっと議論し続けたこともあります。

今思えば、すごく恵まれていたなと。

でもその環境を引き出したのも、私自身であったり生徒さんの意志と行動、なんですよね。

コーチを育てていく、そのつもりで接してみて下さい。

「テニスを教わる」ではなく。

教わっているうちは、上辺だけの関係で時間が過ぎていくだけですから。

 

仲間、コーチ、そしてライバル。

みんなアナタ自身の資産であり、実力そのものです。

目に見えないもの、数値に出来ないもの。

だからこそ、大切にしてみて下さい。

きっと、数年後は大きく変わるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

    テニススクールのクラスの練習、参加していると大抵流れは決まっている。…

  3. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  4. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

  5. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい

    もし今、自分がテニススクールに戻ったら。どういうレッスンが出…

  6. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽…
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合中のガッツポーズは、自分自身に向けてやる
PAGE TOP