ロブ

落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!入った・・・」。

こんな経験、みなさんもありますよね。

試合では、ロブは入るもの。

だからこそ、入っても大丈夫なような追いかけ方、ウォッチの仕方、が大事なんです。

 

落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

 


 

1.希望的観測、で物事を見てはいけない

相手のロブ、つい期待しちゃいますよね。

そのままコートに入らないで、アウトしてくれることを。

でも、そんな甘いもんじゃないですよ、試合は。

相手だって、練習してきたロブを打って来る訳ですから、当然アナタのコートに入って来る。

「アウトになて欲しい」という希望的観測、でロブを追ってはいけない。

むしろ「最悪、入って来い!」の気持ちが大事なんです。

 

2.落とすなら、バウンドに先回りして落とそう

出来れば、ロブは落としたくない。

でも、アウトの可能性があるなら、落とすという選択肢も有りですね。

その時に、みなさんはどんな態勢、ポジションでボールを見ているでしょうか?

落とした後に、最悪相手にしっかりと返球出来るような形、になってますか?

「やばい!入ってた・・・」で、そのまま終わるようなら、落としてはダメ。

そういうロブなら、しっかりスマッシュかハイボレーを打たないと。

微妙なジャッジで下に一度落とすなら、バウンドの先で待ち構える。

先回りして、落ちて入った時にも対応出来る、それがロブを追いかけると時の基本です。

 

3.相手が打った瞬間に、判断しよう!

こういう時、上手くボールを追いかけられない人は判断が遅い。

ボールが自分の近くに飛んで来て、それから判断してるんですよね。

相手が打った瞬間に、そのロブをどうするのか判断する。

相手のロブを一度落とすなら、先回りをその時点から開始する。

結構、忙しいですよ。

相手が打つ時に、どういう態勢なのか、そもそもロブの精度は高いのか。

このあたりから、確認しておかないと間に合わないですね。

 

4.良い態勢からのロブは、入る!

相手が良い態勢、から打って来るロブは入ります。

やっと届いて、時間稼ぎのようなロブは入らないですけど。

しっかりと打てるのにあえてのロブ、を打って来る時には、厳しいコースに入ると覚悟しましょう。

ですから、一番良いのはスマッシュですが、出来ればハイボレー、最悪、落としてバウンドさえても返球出来るようなポジションに先回りする。

これは、相手が打ってから瞬時に判断しないとダメ。

自分の近くで判断出来る、と思ったら大間違いです。

 

ロブへの対応が苦手な人は、優柔不断な人が多い。

結論が出ないままに、ボールだけがどんどん落ちて来て・・・という感じ、じゃないですか?

相手の態勢を見る、ロブの実力を把握する。

当たり前のように試合で出来るようになれば、強いですよ。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  2. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

    女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  5. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!…

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  2. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?
  3. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識し…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!
PAGE TOP