テニス フットワーク

ストローク

ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

前に出たけど、頭上を抜かれる。

または、ダブルスのパートナーが抜かれて、後衛の自分が追いかける・・・ような場面、よくありますよね。

つい、私たちはこういう場面で焦ってしまって、冷静に返球出来なくなってしまう。

早く打たないと!触らないと!となった時点で、何かがおかしくなっているはずです。

 

ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

 

1.焦ってはダメ、コツは引き付けること

ロブを追いかける、それこそ、後ろ向きのような場面もありますよね。

ネットに背中を向けて走って、何とか1バウンドでボールを返球したい。

そうやって焦ってしまうと、自分で勝手に打ち辛いような打点で打ってしまう、ようなことが多いと思います。

コツは、引き付けること。

しっかりボールを打ちやすい打点、まで自分で引き付けて待つことが大事。

参考になるのは、プロ選手が打つ股抜きショット、ですね。

 

2.股抜きショット、を打つ必要は無いけど

実際に、股抜きショットを打つ必要は無いと思います。

ですが、その股抜きショットの要素である、ボールを低い打点まで引き付ける、ポイントはぜひ参考にしたいところ。


ギリギリまで、2バウントのギリギリまで引き付けてボールを打ってますよね。

この打点、まで落とすことでボールを打てるラケット動作が出来る。

つい、焦って早く触りたくなってしまうのが、ロブを追いかけているときの人情。

でも、ここはぜひ冷静に、打点を落として欲しい。

2バウンドギリギリ、コートに近い方が間違いなく打ちやすいですから。

 

3.基本は、ロブでの返球がベースだから

ロブを追いかけて、どういう返球をするのか。

そこから大逆転を狙うようなショット、は難しいですよね。

ロブのような山なりな返球、で自分も時間を作らないといけない。

だから、ボールの下にラケットを入れないと上手くボールが上がらない、のは当たり前。

そう考えると、低い打点でボールの下にラケットを入れる、から山なりなボールが打てる。

股抜きショット、ではなくても、ボールの横に入ってこの低い打点で打つ、という意識が大事です。

 

4.手首のスナップ、で最後は返球出来る

実際にロブを追いかけて、後ろからボールに追いついて山なりに返球する。

これに必要なのは、手首の角度をしっかり作ることです。

ボールを下からすくい取るように、ラケットを持つ手首の角度を走りながら意識しる。

そして、2バウンドギリギリ、のに入れられるように意識してみて下さい。

手首を使って、最後にコツン、とスナップを使って打つ。

女性だと少し力が要りますので難しいかも知れませんが、男性ならきっと打てるはず。

こういう球際のショット、が出来るかどうかで試合は大きく変わるはずです。

 

最後に、手首でコツンと当てる。

2バウンドギリギリ、まで引き付けるのがコツ。

とにかくロブを追いかけるときに焦らないこと、ですね。

2バウンドしなければ、テニスは失点になりませんから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる

    「オープンスタンスのストロークが、難しい・・・」と、よくご質問を頂きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝て…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えてい…
  3. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる
  4. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
PAGE TOP