テニス フットワーク

ストローク

ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

前に出たけど、頭上を抜かれる。

または、ダブルスのパートナーが抜かれて、後衛の自分が追いかける・・・ような場面、よくありますよね。

つい、私たちはこういう場面で焦ってしまって、冷静に返球出来なくなってしまう。

早く打たないと!触らないと!となった時点で、何かがおかしくなっているはずです。

 

ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい

 

1.焦ってはダメ、コツは引き付けること

ロブを追いかける、それこそ、後ろ向きのような場面もありますよね。

ネットに背中を向けて走って、何とか1バウンドでボールを返球したい。

そうやって焦ってしまうと、自分で勝手に打ち辛いような打点で打ってしまう、ようなことが多いと思います。

コツは、引き付けること。

しっかりボールを打ちやすい打点、まで自分で引き付けて待つことが大事。

参考になるのは、プロ選手が打つ股抜きショット、ですね。

 

2.股抜きショット、を打つ必要は無いけど

実際に、股抜きショットを打つ必要は無いと思います。

ですが、その股抜きショットの要素である、ボールを低い打点まで引き付ける、ポイントはぜひ参考にしたいところ。


ギリギリまで、2バウントのギリギリまで引き付けてボールを打ってますよね。

この打点、まで落とすことでボールを打てるラケット動作が出来る。

つい、焦って早く触りたくなってしまうのが、ロブを追いかけているときの人情。

でも、ここはぜひ冷静に、打点を落として欲しい。

2バウンドギリギリ、コートに近い方が間違いなく打ちやすいですから。

 

3.基本は、ロブでの返球がベースだから

ロブを追いかけて、どういう返球をするのか。

そこから大逆転を狙うようなショット、は難しいですよね。

ロブのような山なりな返球、で自分も時間を作らないといけない。

だから、ボールの下にラケットを入れないと上手くボールが上がらない、のは当たり前。

そう考えると、低い打点でボールの下にラケットを入れる、から山なりなボールが打てる。

股抜きショット、ではなくても、ボールの横に入ってこの低い打点で打つ、という意識が大事です。

 

4.手首のスナップ、で最後は返球出来る

実際にロブを追いかけて、後ろからボールに追いついて山なりに返球する。

これに必要なのは、手首の角度をしっかり作ることです。

ボールを下からすくい取るように、ラケットを持つ手首の角度を走りながら意識しる。

そして、2バウンドギリギリ、のに入れられるように意識してみて下さい。

手首を使って、最後にコツン、とスナップを使って打つ。

女性だと少し力が要りますので難しいかも知れませんが、男性ならきっと打てるはず。

こういう球際のショット、が出来るかどうかで試合は大きく変わるはずです。

 

最後に、手首でコツンと当てる。

2バウンドギリギリ、まで引き付けるのがコツ。

とにかくロブを追いかけるときに焦らないこと、ですね。

2バウンドしなければ、テニスは失点になりませんから。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です

    シングルスでもダブルスでも、ドロップショットは使いたい。特に、…

  2. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  3. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

    片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが…
  3. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る
  4. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない
PAGE TOP