テニス ボレー

ロブ

「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。

ネットプレーが上手い人って、この見極めが上手いですよね。

もちろん、少しくらいのアウトならスマッシュを打てるなら打つ、が大前提。

ですが今回は、改めて入るロブ、アウトするロブの見極め方を確認してみたいと思います。

 

「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

 


 

1.相手の態勢はどうか?

充分な態勢で、しっかり打っているロブなのか。

それとも、やっと追いついて触っただけのロブなのか。

これは、しっかりと確認しておきたいところ。

相手が態勢充分で打って来るロブは、やはり深く入るケースが多い。

ボールの軌道よりも、相手の態勢をしっかり見て最初の覚悟を決めましょう。

 

2.スライス回転か、スピン回転か

この2種類のロブは、変化が大きく異なります。

スライスロブは伸びてアウトするケースが多いし、スピンロブは伸びそうな軌道でもインになる可能性が高い。

相手の打つ前、テイクバック時に、どっちのロブかを見極めましょう。

そして、伸びるのか落ちるのか、を準備して下がる。

スライスロブはバウンド後も伸びないので、最悪落としてから入っていても対応出来ますから。

慌てる必要は無いですよ。

 

3.風はどっち向き?

これも、大事なポイントです。

特に2.で書いたスライスロブは風の影響を受けやすい。

風下から打つロブは浅くなるし、風上から打つロブは伸びてアウトする可能性が高い。

常に、コートの上では風下、風上を意識するようにしておきましょう。

 

4.相手の性格は?

これも、ロブを見極めるうえで大事なポイント。

攻撃的なロブ、強気の選手なら深い場所を狙って来るでしょうし、弱気な相手は浅いロブになる。

相手選手の性格をふまえて待てると、テニスではすごく楽ですよ。

強気な選手のロブは、結構アウトになるケースも多いですから。

 

5.しっかり下がって判断する

これも、すごく大事なポイント。

ロブが上がって、追いかけないで終わる人、いますよね。

それで入っていたら、もう終わり。

そうじゃなくて、しっかり深いロブを追いかけながら、ギリギリで触るかどうかを判断する。

もちろん、厳しいトップスピンロブのようなボールは、キツイですよ。

でも、スライスロブなら基本は追える。

しっかり追って、自分もライン際まで立ってみてから判断、で良いはずです。

 

ロブは入る、そう考えながらも、観察して情報を得ておくこと。

このあたり、経験を積んでいけば「入りそうなロブのシチュエーション」も分かってくるはず。

でも、それはあくまで予測、ですから。

しっかり動く、最後まで見極めてプレーすること、が大事ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  4. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?

    テニスコートって、高台に多い。そう感じるのは、私だけでしょうか…

  5. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  6. ロブ

    意外と高いロブは、前衛が嫌がる

    ダブルスの試合で、走らされてロブ。それがもう、とにかく浅い……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!
  2. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない
  3. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  4. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
PAGE TOP