テニス ボレー

ロブ

「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。

ネットプレーが上手い人って、この見極めが上手いですよね。

もちろん、少しくらいのアウトならスマッシュを打てるなら打つ、が大前提。

ですが今回は、改めて入るロブ、アウトするロブの見極め方を確認してみたいと思います。

 

「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

 


 

1.相手の態勢はどうか?

充分な態勢で、しっかり打っているロブなのか。

それとも、やっと追いついて触っただけのロブなのか。

これは、しっかりと確認しておきたいところ。

相手が態勢充分で打って来るロブは、やはり深く入るケースが多い。

ボールの軌道よりも、相手の態勢をしっかり見て最初の覚悟を決めましょう。

 

2.スライス回転か、スピン回転か

この2種類のロブは、変化が大きく異なります。

スライスロブは伸びてアウトするケースが多いし、スピンロブは伸びそうな軌道でもインになる可能性が高い。

相手の打つ前、テイクバック時に、どっちのロブかを見極めましょう。

そして、伸びるのか落ちるのか、を準備して下がる。

スライスロブはバウンド後も伸びないので、最悪落としてから入っていても対応出来ますから。

慌てる必要は無いですよ。

 

3.風はどっち向き?

これも、大事なポイントです。

特に2.で書いたスライスロブは風の影響を受けやすい。

風下から打つロブは浅くなるし、風上から打つロブは伸びてアウトする可能性が高い。

常に、コートの上では風下、風上を意識するようにしておきましょう。

 

4.相手の性格は?

これも、ロブを見極めるうえで大事なポイント。

攻撃的なロブ、強気の選手なら深い場所を狙って来るでしょうし、弱気な相手は浅いロブになる。

相手選手の性格をふまえて待てると、テニスではすごく楽ですよ。

強気な選手のロブは、結構アウトになるケースも多いですから。

 

5.しっかり下がって判断する

これも、すごく大事なポイント。

ロブが上がって、追いかけないで終わる人、いますよね。

それで入っていたら、もう終わり。

そうじゃなくて、しっかり深いロブを追いかけながら、ギリギリで触るかどうかを判断する。

もちろん、厳しいトップスピンロブのようなボールは、キツイですよ。

でも、スライスロブなら基本は追える。

しっかり追って、自分もライン際まで立ってみてから判断、で良いはずです。

 

ロブは入る、そう考えながらも、観察して情報を得ておくこと。

このあたり、経験を積んでいけば「入りそうなロブのシチュエーション」も分かってくるはず。

でも、それはあくまで予測、ですから。

しっかり動く、最後まで見極めてプレーすること、が大事ですね。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

  2. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  3. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  5. テニス メンタル

    ロブ

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダ…

  6. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来…
  2. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「アプローチショットはシンプルに、勝負はあくまでネットプ…
  4. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  5. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?
PAGE TOP