リターン

リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

私がいつも、リターンの時に意識していること。

速いサーブでも、緩いサーブでも、この基本が無いと攻撃的にプレー出来ない。

前でリターンすること、を前提に、一緒に考えてみませんか?

ラケットの準備の位置を変えるだけで、テニスは見違えます。

 

リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

 


 

1.基本は顔の横、にラケット面!

これくらい、の高さは欲しいところです。

ラケット面が、自分の顔の横くらい、グリップは、胸の位置くらいの高さでしょうか。

結構、高い打点のストロークを打つ時、に近いと思います。

リターンを打つ時には、基本は前に入りながら打ちますので、ボールに向かっていくような動きになる。

そこで、ラケットが低い位置にあるともうダメなんですよね。

リターンの時には、ラケットは高く準備する。

これは、大切なポイントです。

 

2.身体をターンさせたら、ラケット位置は高くセット

リターンですから、上半身をターンさせて準備は完了!

その時に、しっかりラケット位置を確認しましょう。

高い位置にセット出来ていれば、キックしてくるようなサーブ、にも対応出来ます。

バックハンドも、弾かれることなく上から抑えることが出来る。

この、「上から」というのがポイントですね。

相手のサーブが強力だと、つい下がって打点を落としたくなりますが、前に入って上から抑える方が効果的。

ラケットの準備の位置さえ意識できれば、攻撃的なリターンはほぼ、完成したようなものです。

仁木選手のフォアハンド、シンプルで参考になると思います。

 

3.高い準備から低い位置、は打てる

これはストロークも近いんですが、高い準備から低い位置、は打てるんです。

でもその逆、は難しい。

低い位置でのテイクバックから、高い打点って打ち辛いじゃないですか。

だから、準備は高く、結果的に腰の位置や低い位置でも対応出来る、という感覚が持てると良いでしょう。

相手のサーブも、スライスで変化したりしますしね。

思ったほど伸びて来ない、ような時もあると思います。

高い準備さえ出来ていれば、大丈夫でしょう。

 

4.リターンに型、を作ろう!

動画を見て頂いて分かるように、非常に型がハッキリしてますよね。

ラケットの準備、この形、というのはしっかりある。

毎回それを、素早く準備出来るからリターンが安定する。

みなさんは、試合でどうでしょうか?

何となく、曖昧になってはいませんか?

テイクバック、準備の型が出来れば、リターンは8割完成したようなもの。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

高い準備って、サーブ側からしても嫌。

だって、あまりサーブを恐れていない、向かってくる感じじゃないですか。

こういう威圧感が、試合ではプレッシャーになるんです。

構え、型、ぜひ攻撃的に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  2. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  3. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  4. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  5. テニス メンタル

    リターン

    センター寄りからサーブを打って来る選手には、アングルへのクロスリターンを

    ダブルスの試合、強い選手ほどセンターからのサーブが上手い。コン…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  2. テニス シングルス

    ボレー

    出来るとネットプレーに余裕が持てる、「面を下向きにしてハーフボレー」を覚えてステ…
  3. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
  4. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を
  5. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
PAGE TOP