リターン

リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

私がいつも、リターンの時に意識していること。

速いサーブでも、緩いサーブでも、この基本が無いと攻撃的にプレー出来ない。

前でリターンすること、を前提に、一緒に考えてみませんか?

ラケットの準備の位置を変えるだけで、テニスは見違えます。

 

リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

 


 

1.基本は顔の横、にラケット面!

これくらい、の高さは欲しいところです。

ラケット面が、自分の顔の横くらい、グリップは、胸の位置くらいの高さでしょうか。

結構、高い打点のストロークを打つ時、に近いと思います。

リターンを打つ時には、基本は前に入りながら打ちますので、ボールに向かっていくような動きになる。

そこで、ラケットが低い位置にあるともうダメなんですよね。

リターンの時には、ラケットは高く準備する。

これは、大切なポイントです。

 

2.身体をターンさせたら、ラケット位置は高くセット

リターンですから、上半身をターンさせて準備は完了!

その時に、しっかりラケット位置を確認しましょう。

高い位置にセット出来ていれば、キックしてくるようなサーブ、にも対応出来ます。

バックハンドも、弾かれることなく上から抑えることが出来る。

この、「上から」というのがポイントですね。

相手のサーブが強力だと、つい下がって打点を落としたくなりますが、前に入って上から抑える方が効果的。

ラケットの準備の位置さえ意識できれば、攻撃的なリターンはほぼ、完成したようなものです。

仁木選手のフォアハンド、シンプルで参考になると思います。

 

3.高い準備から低い位置、は打てる

これはストロークも近いんですが、高い準備から低い位置、は打てるんです。

でもその逆、は難しい。

低い位置でのテイクバックから、高い打点って打ち辛いじゃないですか。

だから、準備は高く、結果的に腰の位置や低い位置でも対応出来る、という感覚が持てると良いでしょう。

相手のサーブも、スライスで変化したりしますしね。

思ったほど伸びて来ない、ような時もあると思います。

高い準備さえ出来ていれば、大丈夫でしょう。

 

4.リターンに型、を作ろう!

動画を見て頂いて分かるように、非常に型がハッキリしてますよね。

ラケットの準備、この形、というのはしっかりある。

毎回それを、素早く準備出来るからリターンが安定する。

みなさんは、試合でどうでしょうか?

何となく、曖昧になってはいませんか?

テイクバック、準備の型が出来れば、リターンは8割完成したようなもの。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

高い準備って、サーブ側からしても嫌。

だって、あまりサーブを恐れていない、向かってくる感じじゃないですか。

こういう威圧感が、試合ではプレッシャーになるんです。

構え、型、ぜひ攻撃的に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. リターン

    ビッグサーバー相手にこそ、リターンはポジションが鍵

    相手のサーブが良い、ビッグサーバーとの試合。こういう試合で、み…

  2. テニス ストローク

    リターン

    スライスサーブのリターンのコツ、教えます

    試合に出て、打たれるサーブ。実際には、スライスサーブが多いと思…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  4. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  5. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  6. テニス 調子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!
  2. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?
  4. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  5. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
PAGE TOP