シングルス

「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

普段の練習では疲れないのに、試合になると途端に疲れが出て後半は痙攣してしまう・・・。

特にシングルの試合では緊張感もあり、呼吸も乱れていくこともしばしば。

体力が切れそうになっても、試合は投げ出すことができません。

そんな絶体絶命の環境の中で、どんなことができるでしょうか?

 

「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ

 


 

1.現状のスコアから、試合の終了までのマッチメイクをイメージする

まずは落ち着いて、今現在のスコアを確認しましょう。

リードしているのか、リードされているのか。

ゲーム差はどの程度で、相手はどんなプレースタイルかをしっかり意識しましょう。

出来る限り早く試合を勝って終わらせたいところですが、焦っては禁物です。

アナタが出来る、できるだけ体力を使わない形でのポイント奪取をイメージて試合を進めましょう。

 

2.相手の意表を突くショットを混ぜて精神的に優位に立つ

具体的にどうすれば良いかを考えたときに、まずが相手の意表を突くプレーが必要です。

対戦相手が、「この選手はスタミナ切れだな・・・」と思っていれば、逆にしめたもの。

ドロップショットやムーンボールで相手を動かし、「まだ自分は勝ちを諦めていない!」という意志を示しましょう。

こういうしぶとい相手は、リードしていても非常に嫌なもの。

今までのプレースタイルから変えられるように、普段からショットの引き出しは多く用意できるよう練習しておきたいですね。

 

3.痙攣は回復することもあるので、とにかく諦めない

それでも、ついには脚が痙攣してしまうケースもあるでしょう。

これも、まずは落ち着いて深呼吸することが大切。

チェンジコートで水分補給、ストレッチ、持っていれば痙攣用の薬や漢方を服用すれば、回復するケースもあります。

とにかく諦めないことと、本当に脚が動きにくくなったらせめてコートの前に入り、ドロップショット系はケアしましょう。

相手も痙攣した選手相手の試合は慣れていないので、戸惑うはずです。

とにかく諦めずに勝機を探ることが、大切です。

 

4.それでも無理はせず、試合後の身体に必要以上の負荷をかけないこと

アナタのテニス人生は、長く続いていきます。

どれだけ頑張っても厳しい、身体に異常を感じたならば棄権することも良い選択です。

怪我をしてテニスができない状態が続くことは、避けなければいけません。

その悔しさは、特に団体戦であれば夜も眠れないかも知れません。

でもいつかあの日、あの経験が良かったと言える日が来る。

その為にも、例え棄権するにしてもコート上でのやり残しは無いように。

 

今年の全米オープンでも棄権した選手は、過去最大の13人。

身体を鍛えぬいているプロ選手ですら、この数です。

経験しないにこしたことは無いですが、試合に出続けている以上、こういう苦しい場面は必ず訪れます。

同時に逆のパターンとして、対戦相手がスタミナ切れするケースもあるでしょう。

痙攣して動けない相手に、しっかりとテニスで勝ち切れますか?

普段から考えてイメージしておかないと、大切な試合で勝ち切ることができないでしょう。

一度テニスノートに、アナタ自身でまとめてみることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  3. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

    社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。シン…

  5. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  6. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  2. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ
  3. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  4. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
PAGE TOP