テニス リターン

ストローク

低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。

それって、いつも大体が「スライス」のショットじゃないでしょうか?

遅いのに、相手を追い込める、攻撃出来る。

私は、この武器をぜひみなさんも磨いて欲しいと思っています。

 

低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

 


 

1.ショートクロスに打ちたい!だけど打点が低い・・・ときは?

試合でみなさんも、経験無いですか?

相手がセンターにいる、ダブルスなら2人ともセンターに近い距離感で立っている。

「ここは、アングルに打ちたい!打ったら決まりそう!」と思っても、打点が低いようなとき。

サッとスライス、が使えるとすごく効果的です。

相手がセンターに集まっていれば、速いボールは要らない。

強引なスピン、はミスの元でしょう。

 

2.打点が低いのにスピン、かなり難易度が高い!

プロ選手の試合を観ていると、いとも簡単そうに見えますが。

実際に、低い打点から持ち上げて、ネットを越えて相手コートに収めるのは、かなり難しい。

私なら、スライスで遅くても良いから、まずアングルに相手を動かす。

ある程度のレベルなら、こうやって動かすだけで相手はミスしてくれますからね。

それから、もう一つ大事な要素が。

スライスでのアングルショットは、あくまで相手を動かすショット。

その後の、アナタ自身のポジショニングが大事ですね。

 

3.打った方向に、しっかり詰めることが大事

ネットに出てきている相手に、アングルショットをスライスで打つ。

すると、相手はボール方向に動いて、当然反撃を狙って来ます。

その時に、アナタ自身がどこに立っているのか。

打った方向、にしっかり詰めていくことが基本です。相手はネットより低い位置で打つことになりますから、速いボールは来ない。

しっかりと打った方向に詰めて、相手にプレッシャーをかけること。

アングルショットとこの詰める動きは、セットで実践出来るように練習しておきましょう。

 

4.狙いはセンターストラップ上、でOK!

難しく考えず、ネットの中心を狙う。

ここが一番ネットが低く、通しやすい。

自然にクロス方向に飛んでいく。

ベースライン近くから打つ場合には、このセンターから1~2メートルくらい横、で良いでしょう。

あまり端を狙っても、ミスしてしまうだけ。

安全圏で攻撃して、その返球から更に攻撃していく。

渋いショット、攻撃の幅を広げるショットこそ、テニスでは「上手い!」と言われるショットですからね。

 

スライスでのアングルショット、力加減が難しいですよね。

浮いたら叩かれそうだし・・・と思うと、怖くて打てない。

最初は、浮いたって良いじゃないですか。

「あそこを狙ったんだ」と、自信を持って言えること、が大事です。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

    テニスの試合で、強い選手と対戦する。学生や社会人の皆さんも、強…

  3. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

  5. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  2. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイ…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
PAGE TOP