テニス リターン

ストローク

低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。

それって、いつも大体が「スライス」のショットじゃないでしょうか?

遅いのに、相手を追い込める、攻撃出来る。

私は、この武器をぜひみなさんも磨いて欲しいと思っています。

 

低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

 


 

1.ショートクロスに打ちたい!だけど打点が低い・・・ときは?

試合でみなさんも、経験無いですか?

相手がセンターにいる、ダブルスなら2人ともセンターに近い距離感で立っている。

「ここは、アングルに打ちたい!打ったら決まりそう!」と思っても、打点が低いようなとき。

サッとスライス、が使えるとすごく効果的です。

相手がセンターに集まっていれば、速いボールは要らない。

強引なスピン、はミスの元でしょう。

 

2.打点が低いのにスピン、かなり難易度が高い!

プロ選手の試合を観ていると、いとも簡単そうに見えますが。

実際に、低い打点から持ち上げて、ネットを越えて相手コートに収めるのは、かなり難しい。

私なら、スライスで遅くても良いから、まずアングルに相手を動かす。

ある程度のレベルなら、こうやって動かすだけで相手はミスしてくれますからね。

それから、もう一つ大事な要素が。

スライスでのアングルショットは、あくまで相手を動かすショット。

その後の、アナタ自身のポジショニングが大事ですね。

 

3.打った方向に、しっかり詰めることが大事

ネットに出てきている相手に、アングルショットをスライスで打つ。

すると、相手はボール方向に動いて、当然反撃を狙って来ます。

その時に、アナタ自身がどこに立っているのか。

打った方向、にしっかり詰めていくことが基本です。相手はネットより低い位置で打つことになりますから、速いボールは来ない。

しっかりと打った方向に詰めて、相手にプレッシャーをかけること。

アングルショットとこの詰める動きは、セットで実践出来るように練習しておきましょう。

 

4.狙いはセンターストラップ上、でOK!

難しく考えず、ネットの中心を狙う。

ここが一番ネットが低く、通しやすい。

自然にクロス方向に飛んでいく。

ベースライン近くから打つ場合には、このセンターから1~2メートルくらい横、で良いでしょう。

あまり端を狙っても、ミスしてしまうだけ。

安全圏で攻撃して、その返球から更に攻撃していく。

渋いショット、攻撃の幅を広げるショットこそ、テニスでは「上手い!」と言われるショットですからね。

 

スライスでのアングルショット、力加減が難しいですよね。

浮いたら叩かれそうだし・・・と思うと、怖くて打てない。

最初は、浮いたって良いじゃないですか。

「あそこを狙ったんだ」と、自信を持って言えること、が大事です。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス スライス
  2. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  3. ストローク

    ラリーの中で、「少しでも態勢が崩れそうになったら、中ロブを使う」ことで失点は防げる

    試合の中で安定感がある人、粘りがある人はショットの選択が上手い。…

  4. ストローク

    「腰が引けてるよ!」テニスの試合でストロークが安定しない人の共通点とは?

    シングルスの中の繋ぎのショットってかなり重要である。ダブルスだ…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう

    テニスの試合、特に男性の学生の方で多いのがこのタイプ。グリグリ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
  2. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人
PAGE TOP