ボレー

ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。

アナタ自身、まさにこれじゃないでしょうか?

相手の厳しいロブ、に対しての返球の精度を高める。

ハイボレーでカットする、一見地味に見えるこのショットですが、ここにこそ実力が現れる。

私はそう思います。

 

ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

 


 

1.ハイボレーカット、とは・・・?

相手のロブが、どうにも厳しい。

スマッシュを打てない時に、ハイボレーで一度相手に返球する。

「カット!」とペアに伝えて、とにかくまずは返すことを優先するショット、ですね。

並行陣で戦うなら、このカットの技術も必要。

スマッシュを打てれば理想的ですが、先回りして下がれない時、も試合ではありますからね。

ハイボレーカット、まずは返すことが優先でOK。

でも、上のレベルでの試合に勝ちたいなら、それだけだと相手に押し切られてしまいますよね。

 

2.まずは相手の後衛に、しっかり返すことが大事

ハイボレーカット、狙いは相手の後衛が基本。

下がりながら、相手の後衛がどのあたりにいるのか、をしっかり頭の中でイメージしておくこと。

返球で頭がいっぱいになる、ようではまだまだ練習不足。

相手の後衛に位置をイメージして、そちら側に打てればまだ、チャンスが作れる。

相手の前衛に触られると、カットで下がりながらプレーしているので状況は一気に苦しくなりますよね。

後衛の方向に、しっかり返球する。

ハイボレーカットは、まずこの基本を徹底しましょう。

 

3.軌道や山なり、でOK!

ボレーと言えども、こちら側は苦しい状態。

ですから、少しだけ山なりな軌道で返して、時間を作ることも意識したい。

返球が甘い人は、結構低いボールで返球して「次」に対応出来ていない。

「ボレー=直線的で、速く打つ」イメージが強いと、なかなか凌げないですよ。

そもそも、厳しいロブで攻撃されている状態、ですからね。

ハイボレーカットの軌道は、山なりでOK。

それが結果的に、甘い返球にはならないケースが多いでしょう。

 

4.ちょっとした裏技、を教えると・・・

ここからは、少し裏技的なパターンを。

私はよく、相手のロブに対して「厳しいフリ」をします。

やっとカットするように見せて、実は少し余裕がある。

だからあえて相手に苦しい姿勢を見せて、相手の前衛が動いて来ると・・・そっち側を狙って逆を突く。

もしくは、ロブボレーのようにして、相手の空きスペースを突いてみる。

これも一つの、相手を欺く演技です。

苦しいように見せて、実はそうでも無い。

相手からすると、「ロブで攻めている!」のに、急に反撃されるからたまったものじゃない。

意外と、効きますよこれ。

 

ハイボレーカット、欲を出してもいけませんが、レベルアップは必要。

スマッシュを打てないなら、せめてイーブンの状態に戻すこと。

これも大事な、ダブルスでの戦い方の基本ですね。

ロブへの対応、スマッシュが打てないならハイボレーカット、でも相手に優位は渡さない。

この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

    試合に出ていると、その必要性を再認識すること。ボレーって、なか…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選

    ボレーに苦手意識がある人は、試合でもなかなか積極的になれない。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  6. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  3. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
  5. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
PAGE TOP