ボレー

ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。

アナタ自身、まさにこれじゃないでしょうか?

相手の厳しいロブ、に対しての返球の精度を高める。

ハイボレーでカットする、一見地味に見えるこのショットですが、ここにこそ実力が現れる。

私はそう思います。

 

ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

 


 

1.ハイボレーカット、とは・・・?

相手のロブが、どうにも厳しい。

スマッシュを打てない時に、ハイボレーで一度相手に返球する。

「カット!」とペアに伝えて、とにかくまずは返すことを優先するショット、ですね。

並行陣で戦うなら、このカットの技術も必要。

スマッシュを打てれば理想的ですが、先回りして下がれない時、も試合ではありますからね。

ハイボレーカット、まずは返すことが優先でOK。

でも、上のレベルでの試合に勝ちたいなら、それだけだと相手に押し切られてしまいますよね。

 

2.まずは相手の後衛に、しっかり返すことが大事

ハイボレーカット、狙いは相手の後衛が基本。

下がりながら、相手の後衛がどのあたりにいるのか、をしっかり頭の中でイメージしておくこと。

返球で頭がいっぱいになる、ようではまだまだ練習不足。

相手の後衛に位置をイメージして、そちら側に打てればまだ、チャンスが作れる。

相手の前衛に触られると、カットで下がりながらプレーしているので状況は一気に苦しくなりますよね。

後衛の方向に、しっかり返球する。

ハイボレーカットは、まずこの基本を徹底しましょう。

 

3.軌道や山なり、でOK!

ボレーと言えども、こちら側は苦しい状態。

ですから、少しだけ山なりな軌道で返して、時間を作ることも意識したい。

返球が甘い人は、結構低いボールで返球して「次」に対応出来ていない。

「ボレー=直線的で、速く打つ」イメージが強いと、なかなか凌げないですよ。

そもそも、厳しいロブで攻撃されている状態、ですからね。

ハイボレーカットの軌道は、山なりでOK。

それが結果的に、甘い返球にはならないケースが多いでしょう。

 

4.ちょっとした裏技、を教えると・・・

ここからは、少し裏技的なパターンを。

私はよく、相手のロブに対して「厳しいフリ」をします。

やっとカットするように見せて、実は少し余裕がある。

だからあえて相手に苦しい姿勢を見せて、相手の前衛が動いて来ると・・・そっち側を狙って逆を突く。

もしくは、ロブボレーのようにして、相手の空きスペースを突いてみる。

これも一つの、相手を欺く演技です。

苦しいように見せて、実はそうでも無い。

相手からすると、「ロブで攻めている!」のに、急に反撃されるからたまったものじゃない。

意外と、効きますよこれ。

 

ハイボレーカット、欲を出してもいけませんが、レベルアップは必要。

スマッシュを打てないなら、せめてイーブンの状態に戻すこと。

これも大事な、ダブルスでの戦い方の基本ですね。

ロブへの対応、スマッシュが打てないならハイボレーカット、でも相手に優位は渡さない。

この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと

    ネットプレーがなかなか安定しない、ボレーが苦手・・・。そういう…

  2. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  5. テニス 準備
  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  2. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  3. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
PAGE TOP