テニス 雨

メンタル

大事な試合の後は、一人で帰ろう

みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。

勝つか負けるか、どんな結果が出るにせよ、自分にとって大きな試合。

こういう試合は、ぜひ人生の中で大事にして欲しい。

自分で受けとめて、自分で噛みしめる。

個人競技であるテニスの試合の醍醐味でもあると、私は思いますよ。

 

大事な試合の後は、一人で帰ろう

 


 

1.試合前から、覚悟しておこう

大事な試合でも、必ず結果は出ます。

勝つにせよ負けるにせよ、「試合後」の瞬間は訪れる。

だからこそ、アナタ自身で意識して欲しいことがあります。

それは、「一人の時間を大事にする」ということ。

試合前から、「今日は試合が終わったら、一人になろう」と覚悟しておくこと。

どうしても、仲間と過ごしてばかりだと、薄まっていきますからね。

 

2.仲間も大事、だけど自分の感覚がもっと大事

大事な試合に勝利したら、もちろん仲間と分かち合いたい。

負けてしまったら、慰め合いたい。

そう考えるのが、自然です。

ですが、その時間がずっと長くなると・・・どうでしょう。

勝利したことは増幅され、負けたことは薄まっていく。

そんな経験、みなさん無いでしょうか?

大事な試合だからこそ、その本質は自分自身で見極めないといけない。

試合後に、仲間とずっと一緒にいると、私はこの感性が衰えていくと思うんです。

 

3.最後は一人、なのがテニス選手

コート上で、誰も助けてくれる人はいない。

テニス選手として自立したければ、試合後の勝利の味も敗北の悔しさも、一人で噛みしめる時間が必要。

私は、そう考えています。

「学生の試合でも無いのに、そんな大げさに?」と思う方も多いでしょうが、大人の試合だからこそ、です。

最後は自分一人、で全ての結果を受け止める。

この覚悟があるから、選手として強くなっていく。

試合後の時間の過ごし方って、私は大事だと思いますよ。

 

4.「一人にしてあげる」ことも、優しさです

同時に、みなさんの周りの選手に対して、もそうですね。

いつも仲良く、傍にいることだけが優しさじゃない。

大事な試合の後は、一人にしてあげることだって、立派な優しさです。

お子さんがテニスをする親御さんでも、そうだと思います。

「どんな結果が出ても、その過程を私は見ている」というメッセージを贈るだけでも、子供本人はすごく楽になる。

一人にしてあげることは、信頼の証。

それが本当の仲間、だと私は思います。

 

こんな記事を書いたのも、ふと試合後に「馴れ合い」の雰囲気がテニス界には強いから。

本当に悔しい、本当に嬉しい、という感情を噛みしめている人、どれだけいるでしょうか。

一人になってみる、一人にさせてみるから、テニスは強くなるし成長出来る。

試合後の過ごし方って、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?

    ふと、思い出してみる。自分の小学生時代を。きっかけは、…

  2. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

  3. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある

    最近とにかく、伸び悩んで結果が出ない。何かを変えていきたいけ…

  4. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
PAGE TOP