テニス リターン

ストローク

低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

低い打点のストローク、打ち辛いですよね

試合で差が出るのって、この部分。

実際、低い打点のストロークを、どうさばけるのか、が大事になって来ます。

ミスが早い人は、この低い打点のボールを無理してフラットで打つ人が多い。

低い打点のストローク、アナタ自身に返球の形はありますか?

 

低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

 


 

1.低い打点は、プロ選手でもスライスが主役

ウィンブルドンの試合を観ていても、これに気付きます。

低い打点のストロークは、無理しない。

バックハンドは、片手スライスに切り替えてのラリーも多いですよね。

スライスは、低い打点でもボールの横を打てるので、コントロールしやすい。

フラットやスピンしか打てないと、低い打点の更に下にラケットを入れないといけないので、辛くなる。

スライスでさばけるようになる、のが試合で勝つ為には必要です。

 

2.どうしても、スピンで攻撃したいなら・・・?

ですが、相手を追い込んでいるような場面、速く攻撃したい時もあるでしょう。

そんな時は、スピンで打ちたい!と思いますよね。

であれば、しっかりと回転をかけること。

低い打点から、しっかり縦回転をいつもより多めにかける、ことが大事です。

なぜなら、ボールは一度上方向に飛びますから、そこから変化して落ちて相手コートに入らないといけない、ですから。

思っている以上に、ボールへの回転が必要になるのが低い打点です。

これは、スライスでも同じです。

しっかり、回転量を増やすことが、低い打点の処理の鉄則です。

 

3.ただ持ち上げるだけ、では試合に勝てない

私も、もちろん昔はこれでした。

低いボールは、まず相手コートに返すのも大変。

とにかく持ち上げて、相手コートに山なりに返すこと、が第一のステップ。

でもその次、試合に勝つために必要なことは、何でしょうか。

それは、回転をかけてしっかりと相手にも「低い打点で打たせる」こと。

スピンで一気に攻める以外は、スライスの打ち合いになることも多いでしょう。

低い打点からは、相手の低い打点で打たせるように、返球する。

これが出来れば、試合でもかなりしぶとさが出るはずです。

 

4.まずは浮かないスライス、で低い打点を打てるようになろう

まず、みなさんコレを実践していきましょう。

特に、バックハンド側ですね。

両手バックハンドストロークの方も、片手でとっさにスライス、を打てるように。

でないと、低い打点でミスを誘われてばかり、になってしまうでしょう。

浮かないスライス、を打つには、何が必要なのか。

しっかりまず早めにスライスという選択をすること、そして出来るだけ前足体重、で踏み込んでスライスを打つこと、ですね。

女性の方でも、このさばき方は試合で必要。

ぜひ、意識して低い打点を練習してみて下さい。

 

打ちたい気持ち、を上手くコントロールすること。

試合の中で、「低い!」と感じる、危機察知能力が大事なんです。

早く判断出来れば、低い打点はさばける。

打とうとして低かった・・・というミスが、試合では一番痛いですからね。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる

    全米オープンでも躍進が続く、大坂なおみ選手。試合の全てをチェッ…

  3. テニス 戦術
  4. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  5. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    ボールを打っている時は、無表情で無愛想でも良い
  2. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  3. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!
  5. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ
PAGE TOP