テニス リターン

ストローク

低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

低い打点のストローク、打ち辛いですよね

試合で差が出るのって、この部分。

実際、低い打点のストロークを、どうさばけるのか、が大事になって来ます。

ミスが早い人は、この低い打点のボールを無理してフラットで打つ人が多い。

低い打点のストローク、アナタ自身に返球の形はありますか?

 

低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

 


 

1.低い打点は、プロ選手でもスライスが主役

ウィンブルドンの試合を観ていても、これに気付きます。

低い打点のストロークは、無理しない。

バックハンドは、片手スライスに切り替えてのラリーも多いですよね。

スライスは、低い打点でもボールの横を打てるので、コントロールしやすい。

フラットやスピンしか打てないと、低い打点の更に下にラケットを入れないといけないので、辛くなる。

スライスでさばけるようになる、のが試合で勝つ為には必要です。

 

2.どうしても、スピンで攻撃したいなら・・・?

ですが、相手を追い込んでいるような場面、速く攻撃したい時もあるでしょう。

そんな時は、スピンで打ちたい!と思いますよね。

であれば、しっかりと回転をかけること。

低い打点から、しっかり縦回転をいつもより多めにかける、ことが大事です。

なぜなら、ボールは一度上方向に飛びますから、そこから変化して落ちて相手コートに入らないといけない、ですから。

思っている以上に、ボールへの回転が必要になるのが低い打点です。

これは、スライスでも同じです。

しっかり、回転量を増やすことが、低い打点の処理の鉄則です。

 

3.ただ持ち上げるだけ、では試合に勝てない

私も、もちろん昔はこれでした。

低いボールは、まず相手コートに返すのも大変。

とにかく持ち上げて、相手コートに山なりに返すこと、が第一のステップ。

でもその次、試合に勝つために必要なことは、何でしょうか。

それは、回転をかけてしっかりと相手にも「低い打点で打たせる」こと。

スピンで一気に攻める以外は、スライスの打ち合いになることも多いでしょう。

低い打点からは、相手の低い打点で打たせるように、返球する。

これが出来れば、試合でもかなりしぶとさが出るはずです。

 

4.まずは浮かないスライス、で低い打点を打てるようになろう

まず、みなさんコレを実践していきましょう。

特に、バックハンド側ですね。

両手バックハンドストロークの方も、片手でとっさにスライス、を打てるように。

でないと、低い打点でミスを誘われてばかり、になってしまうでしょう。

浮かないスライス、を打つには、何が必要なのか。

しっかりまず早めにスライスという選択をすること、そして出来るだけ前足体重、で踏み込んでスライスを打つこと、ですね。

女性の方でも、このさばき方は試合で必要。

ぜひ、意識して低い打点を練習してみて下さい。

 

打ちたい気持ち、を上手くコントロールすること。

試合の中で、「低い!」と感じる、危機察知能力が大事なんです。

早く判断出来れば、低い打点はさばける。

打とうとして低かった・・・というミスが、試合では一番痛いですからね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」するだけで改善される

    「とにかくストロークで、ネットミスが多いんです・・・」という方、ご質問…

  6. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    フットワーク

    大事な試合で棄権しない為に、「まずい…脚が痙攣してきたかも…」と感じたら、早めに…
  2. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    コートを縦1/3で区切ってのラリーは、「縦の勝負」を挑んでいこう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには、まず「相手の気持ちになっ…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
PAGE TOP