テニス ボレー

ストローク

低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

低い打点のストロークは、きっとアナタが思っている以上にリスクが高い。

学生の皆さんはとにかく「打ちたい!」という意識が強く、もったいないリスクの冒し方が多く、観ていてもったいない。

今一度、試合で打つ機会の多いこの打点について、意識から見直してみましょう。

 

低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安定する!

 


 

■低い打点でも、ボールの回転量を保ちたい!

ストロークを安定させるためには、まず回転量。

このサイトで何度も書いてきましたが、振り切って回転をかけることで軌道が高く安定し、コートに収まる打球になる。

高い打点よりも、少しワイパースィング気味に調整する必要があります。

腕を大振りしないで、低い位置で打ち終われるイメージを持つと良いでしょう。

 

■何も意識しないと、思い頭が突っ込んで顔が下を向く

上体を低くするためには、「低くし過ぎる」くらいの感覚でOK。

実際はアナタが思っているほど、低い態勢には慣れていません。

体幹のトレーニングは必須ですし、まず意識として頭をまっすぐに、顔を上げておくこと。

背筋を伸ばさないと、打点がぶれてしまうので注意が必要です。

 

■打球に低く入っていくには、足の運び方も重要

低い打点に入っていくには、フットワークも工夫が必要。

オープンスタンスで後ろ足を入れる、前の浅めのボールであればクローズドスタンスで入っていく。

厳しい遠目のボールであればオムニコートで足をスライドさせる技術も求められます。

とにかくボールのバウンド地点に、軸足を近く早く移動させる。

膝をしっかり曲げて近付けていくと効果的です。

 

スピンとスライス、両方の回転が使えると低い打点にも強い。

学生の方はスライスはあまり使わない方が多いと思いますが、体力を使わず凌げて、しかもスライスだと横回転もかけて相手を大きく動かせます。

体幹がぶれない筋力を付けていく必要はありますが、今のアナタのフォームを変えていくことが第一。

粘り強いストロークを身に付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せます

    スライスの重要性は、何度かこのサイトでも書いてきました。私が一…

  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

    スポーツは、基本に始まり基本に終わる。常に意識はしていても、ス…

  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  4. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  5. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り込みフォアハンドで!…

    ダブルスの試合、私は相手のストローク力を測るときに一つの基準があります…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  5. テニス サーブ

    サーブ

    深くても安定感のあるサーブは、コートへの入射角が違う
PAGE TOP