テニス メンタル

戦術

テニスの試合中に一番まずいのは、「思考停止」に陥ること

テニスの試合の中で、考えながら進めていくこと。

コートを離れている時には出来ていても、なかなかいざ、コートの上に立つと難しいことが多いですよね。

試合に負けるときは、ほとんどがこれ。

最後は、もう何も考えられないような感じ、で試合終了だと思います。

 

テニスの試合中に一番まずいのは、「思考停止」に陥ること

 


 

1.試合の後半、自分は何を考えているだろう?

これについて、考えてみたことはありますか?

実際、試合の後半で、何を考えて試合を進めているのか。

しっかりと、何かしらの結論を出して試合を出来ていたのか。

なかなか、難しい問題だと思います。

疲労もあるし、かなり競った試合では、考える余裕も無いかも知れませんね。

過去の試合、出来れば最近の試合について、思い出してみて下さい。

パッと思い出せない、ということは、思考停止だった可能性が高いですね。

 

2.思考停止に陥ること、への危機感を持とう

まず、この危機感が無いと、ダメです。

思考停止に陥ったら、試合ではなかなか勝てない。

考えないで身体が動く、ようなこともあって、たまたま上手くいくこともあると思いますが、それは偶然と思った方が良い。

試合後半に思考停止に陥って、ミスが増えていることに気付かないと。

試合でミスが多いときって、実力とか技術の問題じゃないと私が思うんですよね。

 

3.結論が出ていないからミスする、それだけのこと

サーブやリターン、が良い例でしょう。

打つコース、結論出てますか?

試合の後半、疲れてきた場面でしっかり決めて、自分のポジションに入れているかどうか。

テニスの試合では、ポイント間には休憩の間があります。

ここで、しっかりとイメージして、結論を出してプレーする。

その結論を出すには、やはり思考という過程は必要です。

考えないで勝つ、試合の後半を乗り切るなんて、絶対に無理ですから。

 

4.いつでもヒントは、相手が持っている

「でも、難しいことを考えるのは苦手で・・・」という、みなさん。

難しくしているのは、アナタ自身です。

試合のヒント、考えるポイントは、必ず相手が持っています。

どこが苦手なのか、何をやり辛そうにしているのか、嫌がっているのか。

これを観察して、突いていくのが基本。

考える、といってもそのほとんどは観察すること、感じること。

テニスの試合、いつでも勝利のヒントは相手がもっている、それを出してくれている。

試合の後半なんて、まさにそうじゃないですかね。

 

諦める、とはこのことです。

人は、思考を停止したときに、試合を諦めた、と言えると思います。

間違いなく、アナタ自身が勝てるチャンスは転がっている。

強い相手でも、そうです。

あとは、それを掴めるかどうか。

最後の最後まで、考える姿勢を見せ続けた人に、神様はチャンスをくれる。

それがテニスの試合、です。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を

    もうすぐ年末。もしかしたら、みなさんの周りでも、「大一番」の試…

  2. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない

    試合でのメンタルコントロール、これも実力のうち。自分のプレーが…

  3. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

    「これは、はまったな」という感覚。試合の中で、少しずつ増やして…

  4. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  6. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
  2. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について
  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  4. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!
  5. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件
PAGE TOP