テニス メンタル

練習メニュー

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。

でも、それが一番、アナタ自身の成長を阻害している源になる。

よくある話、だと思いますが、テニスにおいてありがちな例、も交えながらまとめてみたいと思います。

分かったつもり、は大抵分かっていない。

私たちが思考停止、しているだけですから。

 

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

 

1.考えるのが面倒、になってない?

スクールや部活、でもそうだと思います。

毎回、練習の意味や目的、どこかで考えるのが面倒になってきている・・・ようなこと、ありませんか?

特に試合に出ていない時期が続くと、「あの相手には、これが効くかも」というような感覚まで無くなってしまう。

考えるのが面倒だから、「もう、これはこういう感じでしょ、いつも」となってしまう。

相当意識を強く持たない限り、普通はこうなります。

だからこそ、危機感を強く持つことは大事、なんですよね。

テニスって、言ってしまえば毎回地味な練習、の繰り返しですから。

 

2.強い相手に、「これで良いのか?」を常に考える

練習の中だけ、である程度上手くいっても、試合ではどうでしょう。

緊張もするし、相手も強くなる。

そんな中で、「分かったつもり」でやっていた練習が何も通用しない、なんてことはよくある話です。

「分かったつもり」って、つまりはアナタ自身がストレス無く練習を遂行出来るレベル、ってことじゃないですか。

それで問題無い、と思ってしまう。

それだと、本当は大問題なんですけどね。

 

3.基本の戦術練習が、一番危ない

よくあるのが、ダブルスの戦術練習。

毎回、並行陣から・・・、雁行陣では・・・、という感じで「お決まり」なシチュエーションをやるじゃないですか。

みんな、それに慣れてしまっている。

「また、これね」と分かったつもりになる。

でも、実際の試合の現場ではどうでしょう?

もっと癖の強い相手や、動いてくる相手、いっぱいいますよね。

基本練習は必要、でも、それだけじゃないんだと。

自分はどう変化を興していけるのか、をしっかり考えておくことが大事です。

 

4.まだまだ、自分は「分かっていない」ことが多いと自覚しよう

だって、まだまだ対戦していない相手、五万といる訳です。

アナタ自身が見たことが無い、まだ触れたことが無いテニスがいっぱいある。

私自身だって、まだまだテニスについて「分かっていない」ことが多いと思っています。

だから楽しいし、練習だって面白い。

分かったこと、を練習したり勉強しても、何も面白くないじゃないですか。

テニスの練習がつまらない、と感じた人は・・・要注意かもしれませんね。

もしかしたら、分かったつもり症候群にかかりつつあるのかも知れません。

 

誰も、大人になってからは指摘してくれません。

「知ったかぶり」な人は、陰でバカにされて試合でも勝てない、結果的に損するだけ。

アナタ自身、練習への姿勢について見直してみませんか?

まだまだ、分からないことが多い、だから自分で考えていかないといけない。

その方が、よっぽど楽しいし、強くなれますよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

  2. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ

    テニス選手として、試合に出ること。これをしっかりと目指す、まし…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  4. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る

    皆さんの普段の習慣、当たり前だと思っていること。これは、なかな…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?

    私がみなさんの練習、を見ていて感じること。テニススクールでもそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
PAGE TOP