テニス メンタル

練習メニュー

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。

でも、それが一番、アナタ自身の成長を阻害している源になる。

よくある話、だと思いますが、テニスにおいてありがちな例、も交えながらまとめてみたいと思います。

分かったつもり、は大抵分かっていない。

私たちが思考停止、しているだけですから。

 

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

 


 

1.考えるのが面倒、になってない?

スクールや部活、でもそうだと思います。

毎回、練習の意味や目的、どこかで考えるのが面倒になってきている・・・ようなこと、ありませんか?

特に試合に出ていない時期が続くと、「あの相手には、これが効くかも」というような感覚まで無くなってしまう。

考えるのが面倒だから、「もう、これはこういう感じでしょ、いつも」となってしまう。

相当意識を強く持たない限り、普通はこうなります。

だからこそ、危機感を強く持つことは大事、なんですよね。

テニスって、言ってしまえば毎回地味な練習、の繰り返しですから。

 

2.強い相手に、「これで良いのか?」を常に考える

練習の中だけ、である程度上手くいっても、試合ではどうでしょう。

緊張もするし、相手も強くなる。

そんな中で、「分かったつもり」でやっていた練習が何も通用しない、なんてことはよくある話です。

「分かったつもり」って、つまりはアナタ自身がストレス無く練習を遂行出来るレベル、ってことじゃないですか。

それで問題無い、と思ってしまう。

それだと、本当は大問題なんですけどね。

 

3.基本の戦術練習が、一番危ない

よくあるのが、ダブルスの戦術練習。

毎回、並行陣から・・・、雁行陣では・・・、という感じで「お決まり」なシチュエーションをやるじゃないですか。

みんな、それに慣れてしまっている。

「また、これね」と分かったつもりになる。

でも、実際の試合の現場ではどうでしょう?

もっと癖の強い相手や、動いてくる相手、いっぱいいますよね。

基本練習は必要、でも、それだけじゃないんだと。

自分はどう変化を興していけるのか、をしっかり考えておくことが大事です。

 

4.まだまだ、自分は「分かっていない」ことが多いと自覚しよう

だって、まだまだ対戦していない相手、五万といる訳です。

アナタ自身が見たことが無い、まだ触れたことが無いテニスがいっぱいある。

私自身だって、まだまだテニスについて「分かっていない」ことが多いと思っています。

だから楽しいし、練習だって面白い。

分かったこと、を練習したり勉強しても、何も面白くないじゃないですか。

テニスの練習がつまらない、と感じた人は・・・要注意かもしれませんね。

もしかしたら、分かったつもり症候群にかかりつつあるのかも知れません。

 

誰も、大人になってからは指摘してくれません。

「知ったかぶり」な人は、陰でバカにされて試合でも勝てない、結果的に損するだけ。

アナタ自身、練習への姿勢について見直してみませんか?

まだまだ、分からないことが多い、だから自分で考えていかないといけない。

その方が、よっぽど楽しいし、強くなれますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?

    テニス部で、どうしても人数が多いと打てる人数が限られる。でも出…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー…

  3. テニス 部活
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

  5. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

  6. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終…
  4. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  5. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
PAGE TOP