テニス メンタル

練習メニュー

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

つい、私たちは何でも理解したつもりになってしまう。

でも、それが一番、アナタ自身の成長を阻害している源になる。

よくある話、だと思いますが、テニスにおいてありがちな例、も交えながらまとめてみたいと思います。

分かったつもり、は大抵分かっていない。

私たちが思考停止、しているだけですから。

 

テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める

 

1.考えるのが面倒、になってない?

スクールや部活、でもそうだと思います。

毎回、練習の意味や目的、どこかで考えるのが面倒になってきている・・・ようなこと、ありませんか?

特に試合に出ていない時期が続くと、「あの相手には、これが効くかも」というような感覚まで無くなってしまう。

考えるのが面倒だから、「もう、これはこういう感じでしょ、いつも」となってしまう。

相当意識を強く持たない限り、普通はこうなります。

だからこそ、危機感を強く持つことは大事、なんですよね。

テニスって、言ってしまえば毎回地味な練習、の繰り返しですから。

 

2.強い相手に、「これで良いのか?」を常に考える

練習の中だけ、である程度上手くいっても、試合ではどうでしょう。

緊張もするし、相手も強くなる。

そんな中で、「分かったつもり」でやっていた練習が何も通用しない、なんてことはよくある話です。

「分かったつもり」って、つまりはアナタ自身がストレス無く練習を遂行出来るレベル、ってことじゃないですか。

それで問題無い、と思ってしまう。

それだと、本当は大問題なんですけどね。

 

3.基本の戦術練習が、一番危ない

よくあるのが、ダブルスの戦術練習。

毎回、並行陣から・・・、雁行陣では・・・、という感じで「お決まり」なシチュエーションをやるじゃないですか。

みんな、それに慣れてしまっている。

「また、これね」と分かったつもりになる。

でも、実際の試合の現場ではどうでしょう?

もっと癖の強い相手や、動いてくる相手、いっぱいいますよね。

基本練習は必要、でも、それだけじゃないんだと。

自分はどう変化を興していけるのか、をしっかり考えておくことが大事です。

 

4.まだまだ、自分は「分かっていない」ことが多いと自覚しよう

だって、まだまだ対戦していない相手、五万といる訳です。

アナタ自身が見たことが無い、まだ触れたことが無いテニスがいっぱいある。

私自身だって、まだまだテニスについて「分かっていない」ことが多いと思っています。

だから楽しいし、練習だって面白い。

分かったこと、を練習したり勉強しても、何も面白くないじゃないですか。

テニスの練習がつまらない、と感じた人は・・・要注意かもしれませんね。

もしかしたら、分かったつもり症候群にかかりつつあるのかも知れません。

 

誰も、大人になってからは指摘してくれません。

「知ったかぶり」な人は、陰でバカにされて試合でも勝てない、結果的に損するだけ。

アナタ自身、練習への姿勢について見直してみませんか?

まだまだ、分からないことが多い、だから自分で考えていかないといけない。

その方が、よっぽど楽しいし、強くなれますよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢を与えてみよう

    球出しからのラリー練習、皆さんでも実践している方は多いと思います。…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

    普段、みなさんも練習していると思います。ネットを挟んで、短い距…

  3. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないということ

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  4. テニス 部活

    練習メニュー

    テニス部の後輩を指導するときに、「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  5. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、「バランスボールの周りを、大きくなでるような動き」を身…
  2. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
  3. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ
  5. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
PAGE TOP