テニス リーダー

練習メニュー

ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

テニスの練習って、難しい。

だって、毎回試合相手は違うのに、練習相手は同じ・・・ですからね。

でも、良い意味でライバル同士で、良い練習が出来ていれば間違いなく強くなれる。

なかなか、そういう関係って築けないんですけどね。

みなさんは、どうでしょうか?

 

ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム

 


 

1.変わらない同士だと、お互いに弱くなっていく

いつテニスをしても、何年も変わらない。

ふと、思い返してみると、自分自身そうじゃないの?と思って怖くなります。

それくらい、なかなか人って変われないですよ。

プレースタイルもそうですし、1年前からどこが成長しなのか、明確に把握している人なんて少ないでしょう。

変化出来ていない人同士、で練習していても、そりゃマンネリ化しますよね。

お互いに練習しているようで、どこか心地良い場所になってしまっている。

学生や社会人問わず、こういう関係に危機感を感じること、が大事なんです。

 

2.お互いに自分を変えていければ、試合にも強くなる

「アイツ、最近また変わったな・・・」と、思わせてくれる。

もちろん、ベースになっている部分は保ちつつ、だと思いますが、プレーの幅が拡がっていく。

こういう相手、ライバルが身近にいると、テニスは本当に強くなれます。

何より、「人って変わることで強くなれるんだ」というのを、ライバルから感じ取ることが出来ますからね。

よし、自分もこのままじゃダメだ、と思えるじゃないですか。

こういう関係が築けていると、少人数のチームでもテニスは成長していきます。

毎回の練習に、どこか新鮮味がありますからね。

試合に近い環境、で練習出来るはず。

勇気が要りますが、周りも自分も変わっていくんだ、という気持ちがとにかく大事なんですよね。

 

3.練習から、絶対に負けないという心意気は大事

どんなに優れた指導も、練習メニューも、アナタ自身の心に火が付かないと意味が無い。

ライバルに負けない、それは練習から大事なことなんです。

言うまでも無く、私たちはテニスの大事な試合に勝ちたい、と思っている。

だからこそ、練習でその何倍も強い気持ちを持たないと、試合で出せないんです。

試合会場の雰囲気、ポイントのプレッシャー、凄いですからね。

練習で、1本でも多くライバルのいるコートに返すこと。

この意識は、自分で育てていかないと絶対に強くなれない。

だからこそ、お互いに成長出来るライバル関係、が大事なんです。

 

4.アナタ自身が必死でいれば、自然と良いライバルは集まって来る

「でも、自分の周りには、そんな人がいない・・・」と、思った方。

安心してください、焦らなくて大丈夫。

アナタ自身が必死に努力を続け、テニスと真摯に向き合って行動していれば、良いライバルは必ず現れます。

そして、良い練習仲間になる。

誰も見ていないようなところ、を優秀な人は必ず見ている。

小さい試合会場での仕草、かもしれませんね。

アナタの対戦相手、に「一緒に練習しよう」と言われてライバルになるケース、も社会人には多いはず。

アナタ自身がまず襟を正すこと、行動で示すこと。

そうすれば、必ず良いライバルに巡り合えるはずです。

 

不思議なもので、しっかり努力している人には、同じような人が集まる。

良いライバル関係は、またどんどん、それ自体が成長していくんですよね。

何も考えないでぼーっとしていると、こういう人たちに差を付けられるだけ。

焦る必要はありませんが、急ぐことは大事。

次の試合、その次の試合は迫って来ている訳ですからね。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  2. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

    テニスの試合、なかなか調子が上がらないうちに試合が終わってしまう・・・…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

  4. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    ボレー対ストロークの練習は、ボレーヤーの位置に気を付けないと練習の意味が無い

    この練習、皆さんもよく実践しているんじゃないでしょうか?ボレー…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い

    コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。きっと、みなさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導
  2. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみ…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている
PAGE TOP