テニス メンタル

メンタル

アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

3月は節目の時期。

それは、学生さんだけじゃない、私たち大人になっても一緒だと思います。

ふと、立ち止まって、自分のテニスについて考えてみる。

その時に、きっとこういう感覚、みなさんにもあると思うんです。

ライバルと切磋琢磨し、成長していけるということ。

それは、当たり前の環境ではない、と私は思いますよ。

 

アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

 


 

1.人を目標に、人は頑張れる

テニスって、こういう種目だと思います。

「あの人が出来るなら」という感覚、がすごく大事。

そして、自分自身がしっかり頑張れている、その背景を考えること、が大事なんです。

自分ひとりで、無人島のようなところにいては試合もできないし、何より刺激も無い。

テニスは人を目標に、頑張る競技と言っても過言ではない。

この部分、を考えておくことは、きっとアナタのテニスの成長に役立つはずです。

 

2.誰かに引っ張られて強くなる、時期は誰にでもある

私も、経験あります。

ひたすら、先輩の背中を追いかけていた時期もありますし、後輩に負けたくないという一心で頑張っていた時期もある。

こういう時期、を自分で思い出してみて下さい。

そうすると、自然に周りの人への感謝、の気持ちが生まれてきますよね。

本当に感謝出来たとき、また新たに頑張ろう!という気持ちになっていくはず。

誰かに引っ張られていく時期、があっても良い。

ただ、それを「自分だけの力でやり遂げた」と勘違いするのが怖いんですよね。

 

3.自分の力、は周囲を巻き込む力

これが大きいんです、テニスでは。

自分の実力の中で、大事なのは周りを巻き込んでいく力。

誰とテニスをするのか、誰と競争していくのか、が成長スピードには大事になってきますよね。

これは、待っていてもなかなか動かない。

その為にも、「自分ひとりでは、走り続けられないんだ」という自覚も大事。

これは、良い意味で周りを頼ること、にもなりますから。

アナタ自身が変われば、まだまだ上達スピードは上げられますよ。

 

4.過去と他人は変えられない、だから自分が変わる

これも、何度も書いてきましたね。

私自身がテニスを通じて学んだ、一番大きい部分でしょう。

自分ひとりで走っているわけじゃない、だからこそ、自分が変わり続けて周りを巻き込んでいく、という意識。

元々頑固だった私も、随分とテニスに変えてもらいましたよ。

すごく幸せなことですが、自分ひとりで走っていたら絶対にここまで変われなかったし、こんなブログも書いていませんでした。

まだまだ、どんどん変わっていきたい。

そして、新しい世界をみなさんと一緒に見たいと思っています。

 

テニスを通じて、人と出会って自分が変わっていく。

これこそ、私は何よりの醍醐味、だと思います。

まだ見ぬ読者のみなさんだって、私にとっては一緒に走り続ける大事な仲間、ですから。

これからも、よろしくお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない

    勝負強い人って、みなさんの周りでもいませんか?私自身、そうあり…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    ダメな時にも頑張る、頑張れた選手が最後に勝つ

    良い時には頑張れる。誰だって、そうだと思います。それが…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    アナタ自身、「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  5. テニス ミス
  6. テニス ストローク

    メンタル

    ラケットを投げるたびに、アナタとラケットの距離は離れていく

    昨日、私が普段一緒にテニスをしているメンバーで、草トーの団体戦に出てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多…
  2. テニス リターン

    その他

    テニスの試合中に、「ラケットを強く握り過ぎて握力が無くなる人」は、下3本の指で支…
  3. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  4. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
PAGE TOP