その他

一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立ち止まってみる

普段一緒にテニスを練習している仲間は、アナタから見て上達できていますか?

中学や高校の部活では、指導してくれる先生によってはどうしても型にはめた形になって、生徒の個性が育ちにくいケースもある。

そうでなくても、最近のテニス界はプロの世界でも個性よりもバランスや総合力重視で、少し個性が無いように感じます。

テニスを始めた時期や体格、感覚が違えば、皆のテニスは違って当たり前。

ふとそんな観点で、立ち止まってみることも大切かも知れません。

 

一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立ち止まってみる

 


 

■シングルバックハンドのストロークを打つ選手が極端に減少

この考えのきっかけは、今回福岡で観戦した全国選抜高校テニスがきっかけ。

少し前まで、高校テニス界にも個性がある選手がたくさんいました。

片手バックハンドのストローク、男子でもフォアハンドが両手打ち、果敢なサーブ&ボレー・・・。

今回の観戦では、上記のどれにあてはまる選手も見つけることが出来ませんでした。

せめて片手バックハンドのストロークを打つ選手、一人くらいいないのか・・・!?

と探してみると、一人だけ発見できました。

男子で東海地区の代表、名古屋経済大学市邨高等学校のNo.1の選手はきれいなシングルバックハンド。

少しホッとしたような、でもやっぱり寂しいような感覚になったのを思い出しました。

 

■皆と同じテニス、は価値が高い?

確かに、両手バックハンド、片手フォアハンドはバランスが良いし、現代テニスに合っている。

でも・・・本当にそれは、各選手が自分で考えて、メリットとデメリットを考慮したうえで決めたことでしょうか?

誰かから最初に指導されたから?

みんながやっているテニスだから?

特に後者については、どこか「皆と同じだと安心する」という日本人独特の感覚が、高校生の間にも蔓延しているように思えてなりません。

今一度、考えてみませんか?

アナタ自身がやりたいテニス、身体や感覚に合っているテニスについて。

 

■画一化されているテニス仲間、集団は危険

同じようなテニスばかりするメンバーが集まると、試合で勝てる集団にはなりにくい。

左利きの選手一人、いるかいないかでも結構変わりますよね?

実際には左利きの選手を創り出すのは難しいですが、色々なテニスを育める土壌があれば、シングルバックハンドやサーブ&ボレーヤーは育っていく。

自分で考える環境、空気が出来ていれば、自然にプレースタイルは多様化していく。

そうすれば、いざ試合で対戦するときにどんな相手がきても、練習で色々な相手とテニスが出来ているから強い・・・。

という好循環が生まれるはずです。

 

眼の前の勝利は、もちろん大事。

テニス部で頑張る生徒の皆さんは、「自分のテニスで精いっぱいだよ・・・」と思うでしょう。

ですが主将や部長、顧問の先生方にはぜひ一度考えて欲しい。

自分たちの集団が、「画一化されていないか」という問題について。

試合に勝つ為には、長期的な視点に立ったチーム作りが求められます。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?

    レベルアップして、試合でより上に勝ち上がれるようになったり、更に高いレ…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

    テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進…

  3. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  4. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?

    真面目なのか・・・どうも、こういう考えの人は多い。気付かないう…

  5. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です

    テニスにおいて、ライバルは倒すべき相手。ですが、その偏った発想…

  6. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    フラット気味な速いストロークに対抗するには、「低い態勢でラケットヘッドをしっかり…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分のことを疑うのは、試合前まで
  4. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前に…
  5. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
PAGE TOP