サーブ

センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

試合の中で、センターへサーブを打つ。

よくある光景ですが、実はこれって自分で何かを変える、ということ。

ワイドに打つのと、何が違うのか。

このあたり、しっかり意識出来ていない人が意外と多いと思いますよ。

 

センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

 

1.センターとワイド、への打ち分けの違いとは?

色々あると思いますが、まず相手へボールの到達時間が違いますよね。

センターの方がサーバーからの距離が短いので、速く到達する。

ワイドの方が、少し時間がかかる。

「え?そんなの、大差無いんじゃないの?」と思う方も、多いでしょう。

でも、実際はこの0.2秒くらい、の差が結構大きい。

ダブルスなら前衛のポーチ、のタイミングだって全然違いますよ。

センターへサーブが入っているのに、動き出しが遅いとボールは触れない。

こういう部分、意識出来ていない人がほとんどだと思います。

 

2.センターに打つということは、テンポを上げるということ

当然、リターンが返って来るタイミングも速い。

だからこそ、センターに打つ時にはテンポを上げる、と思っておく。

3球目に攻撃したいなら、相当早い準備をしないと難しいですよ。

自分からテンポを上げる、ことを理解して次に備える。

だから隙が無いテニスが出来るんですよね。

 

3.プロの試合を観ていても、よくあるパターン

センターに打って、次のボールを早めに展開していく。

これは、結構よくあるパターンですよね。

ワイドに打って展開、よりもスピード感がある。

シングルスの試合もそうですし、ダブルスなら前衛がポーチに出て決めるのが圧倒的に多い。

「センターに打つから!」と言っておけば、「よし、少し早く動き出さないとな・・・」と前衛は思うはず。

ちょっとした差、ですが結構大きな差、になっていると思いますよ。

 

4.更に強い相手は、前に踏み込んでくる

そして、ダブルスの試合で特に多いのがこのパターン。

私もそうですが、センターへのサーブはとにかく前に踏み込む。

じゃないとキックして打ち辛い、ハードコードならもうお手上げですからね。

センターへのサーブはリターンのコース、が限られるので、後ろで打つと本当に厳しいんですよ。

つまり、ただでさえ到達時間が短いのに、相手も前に踏み込んでくるコース。

それがセンターへのサーブ、ですね。

 

しっかりと特徴を理解して、使うこと。

これが試合で大事な要素です。

センターへのサーブ、でテンポを上げようとしているのに、ゆったり構えている人、多くないですか?

きっと良いサーブ、が活かせていない典型例になってると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・

    よく「トップスピンサーブのコツを教えて下さい」と言われるんだけど、そう…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

    ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対応策5つ

    セカンドサーブが入らずに、気が付けば0-30、0-40・・・。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っ…
  4. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思…
PAGE TOP