テニス スライス

ストローク

「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであれば、上のライバルに勝ちたいと思いますよね。

それも身内だけじゃなく、大会でシード選手も倒して結果を出したい・・・という方、多いと思います。

その為に、自分のテニスをどうしていけば良いのか。

難しい問題ですが、まず強い相手と戦うときに欠かせないのが「守備力」です。

相手の攻撃を凌ぐ技術が無ければ、まず競った試合に持ち込むことも難しいのがテニスというスポーツ。

そこで今回は、このテーマで書いてみようと思います。

 

「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

 


 

■テニスに必要な「守備力」とは?

テニスはサッカーやバスケットボールのように、ボールを自分で「キープ」することはできません。

攻撃されていても、まずは相手に返球しなければそのまま失点になってしまうスポーツです。

そこで必要なのは、「時間を稼ぐ」という考え方。

自分がボールを打って、相手がボールに触るまでの時間をできるだけ稼ぐことで、自分の態勢を立て直してオープンスペースをカバーすることができます。

 

■ストロークにおける「スライスショット」の必要性を考えてみる

特にストロークでは、相手に左右に振られたときに対応できるよう、スライスの技術があると非常に有利です。

なぜならスライスは打点が後ろでも返球でき、やっと手を伸ばして追いついたボールでも、相手コートに返球することができます。

これを無理にスピンで打とうとしてミスする人が多いですが、それはミスではなく無謀な掛けのようなもの。

試合では、しっかり粘ってチャンスを待つ場面が絶対に必要です。

 

■格上選手との試合に勝ちたければ、ストローク戦をどう戦うか

特に格上の選手と戦うときには、この守備力がベースになります。

相手にできるだけリスクを負って攻撃させ、簡単に決めさせないこと。

その為には、返球できる確率の高いスライスショットが、ストロークでも不可欠になります。

 

■スライスの技術を習得すれば、未来は明るい

でも、「スライスなんて、おじさんみたい・・・」と思っている、そこのアナタ。

もしアナタが早いショットを得意にしているなら、それを活かす為にもスライスのショットはお勧めです。

さらに磨いていけばボレーにも応用できますし、上からのダウンスィングは体力を消耗しにくいのが利点です。

いざ、試合で体力的にきつくなったときにも、スライスショットのストロークがあれば、泥試合を制することができるかも知れません。

 

人は、緊張したときほど何かに頼りたくなります。

そんなときに、厚いグリップで思い切ったスピンを振りきれますか?

振り切れる場面もあるでしょうが、スライスというオプションも持っておくと勝てる相手も増えます。

若い学生の方も、ぜひ今から積極的にスライスショットを磨いて試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから

    ストロークの威力をアップさせようと、試行錯誤。グリップにスウィ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?

    相手を走らせて、完全にコートから追い出したとき。後は決めるだけ…

  3. テニス スライス
  4. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習していこう

    初心者の方がバックハンドに行き詰るとき。それは、「入れないと・…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない

    キレイなテニス、だけでは試合で勝てない。これは、学生の皆さんに…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  2. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう
  4. テニス テニスノート

    戦術

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること
  5. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです
PAGE TOP