テニス ストローク

シングルス

全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。

ドロップショットの処理って、本当にプロ選手でも難しいんだな・・・と。

前に走って、ドロップショットをドロップショットで返すのは基本、ですが、やっぱり力加減が難しい。

だからこそ、私は打つコースに余裕を持つこと、が大事だと思いますよ。

 

全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

 

1.シングルスの試合は、ドロップ処理は必須の技術

みなさんも、試合に出れば分かります。

上手い相手は、必ず前を使って来る。

アナタのストロークが強力だったり、後ろでの粘りが効いてくると、相手も嫌なんですよね。

前に引っ張り出して、勝負したくなる。

そんな時に、アナタ自身前に走って、どうボールを処理するのか、が求められるのがシングルスの試合。

ただ叩き付けるだけ、だと甘いボールしか処理出来ないですからね。

 

2.ネットより低いボールを、どう処理するのか

全力で前に走って、ラケットを伸ばしたけどギリギリ触れるかどうか、の場面。

ここで、打ち込むことは出来ないですよね。

深く打つのか、またはドロップで返すのか。

相手が前に来ていたら、フワッとロブも有りでしょう。

でも基本は、前に落としてドロップショット返し、で切り返したいところ。

でも、前に走っている推進力がありますから、手加減して目の前に落とすのはかなり難しいでしょう。

だからこそ、必要なのは「角度を付ける」という発想です。

 

3.前に走って、角度を付けたドロップショットで切り返そう!

これは、そこまで難しくありません。

前に走りながら、ラケットをボールの横に入れる準備、をしておきましょう。

そして、アングル気味に、自分がいる反対側のサイドラインを狙ってネット際に落とす。

ある程度、ボールは飛ばす距離がありますから、目の前にちょん、と落とすよりも楽なはず。

打ったらすぐに、その打った方向へカバーに走る。

相手が追い付くまでに、自分は良いポジション、守備堅めをしておく意識が大事です。

この一連の動きを、ボールを追いかけながらイメージすること、が必要ですね。

 

4.ドロップはいつ打たれても、「良し来た!」でいこう

相手に打たれても、待ってましたとばかりに前に行きたい。

自分でしっかり処理するイメージが出来ていれば、怖く無いですよね。

アングルに切り返して、更にそちら側にポジションを移す。

これだけで、相手はかなり嫌だと思いますよ。

深く返す、のも悪くない戦術ですが、ちょんと目の前に落とすのが難しいように、ベースライン手前に落とすのもかなり難易度が高いでしょう。

アングルへのドロップショットなら、目標物がある程度近いし、ネットの一番低い場所、センターを通せるから気持ちも楽。

ぜひ、シングルスに試合で実践してみて下さい。

 

クレーコートの戦いでは、この応酬が激しいですよね。

ドロップは、打ってからが勝負。

そこからの切り返し、駆け引き、全仏オープンでもぜひ注目してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合のパッシングショット、は普通の自分のショットで良い

    シングルスの試合、相手にネットに出られると・・・みなさん、どうでしょう…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに移そう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの攻撃の型は、「どちらか1人を崩して決める」がほとんど
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決ま…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのボールを安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
PAGE TOP