テニス 雑記

メンタル

テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。

自分の練習や試合で実施したこと、結果、感じたことなどを書いていくノート、皆さんは書いてますか?

なかなか試合後は疲れて書く気力も無いし、負けた試合の後は気持ち的に厳しい・・・という方も多いと思います。

今回は、テニスノートを書くタイミングに着目。

私は声を大にして、「テニスノートは試合前に書きましょう!」ということを言い続けています。

 

テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

 


 

■試合前に仮説を立てて、実戦の中で検証していく

試合前に練習や体力面で準備する人は多くても、メンタル面や作戦を準備できる人はどれだけいるでしょうか?

「相手は知らない人だから、やりようが無い」という声をよく聞きます。

知らない人と対戦するからこそ、自分の今の手持ち武器を確認し、試合の想定を立てなければなりません。

いざ始まってみてパニックになり、あれよあれよと0-3、0-5のスコアとなってからでは遅いのです。

 

■試合後よりも、より冷静に自分を客観視できる

試合後は気持ちも高ぶり、冷静に自分を振り返ることが難しいのです。

テニスの試合が終わった後の記録も大切ですが、どこまで自分を客観視できるかは疑問です。

もちろん、負けて悔しいリアルタイムな気持ちを綴っておくことも、とても大切な作業です。

しかし「なぜ負けてしまったのか・・・」を冷静に考えるときに、試合前の考えと比較することはとても大切なことだと思います。

冷静に自分を見つめ直すには、時系列でどう感情が変化したのか、プランが崩れたのか、想定通り上手くいったのはどこか、を確認していく作業が必要です。

それにより、アナタ自身が練習しなければいけないことが整理できるでしょう。

■試合前のテニスノートでは、自分自身にコミットする習慣が付く

アナタは今、自分のテニスにコミット=約束できていることはありますか?

試合後には、いくらでも言い訳ができますよね。

風が強かった、足を痛めてしまった、そもそも実力差があった・・・など、試合後にはいくらでもノートに書くことができます。

しかし、試合前は違います。

アナタ自身がどう試合に挑むのか、何を望むのか、そのゴールに必要なものは何かを、活字で表現して可視化しなければなりません。

辛く、厳しい作業です。

これを乗り越えてこそ、試合に勝てるテニスプレイヤーに成長できるのだと思います。

 

今回ご紹介した内容は、やるかやらないかは、自分次第です。

「試してみよう」と思うか、「面倒だな・・・」と思うかは、もしかしたらテニス人生の分かれ目かも知れません。

何事も、しっかりやって負けたら仕方ない。

何もトライしないで、漠然と終わるのは勿体無いし、何より成長が無い。

偶然の勝ちありて、偶然の負けなし、とはよく言ったもの。

アナタ自身、テニスノートの活用方法を再度見直してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「弱い時に、強い」テニス選手になろう

    新しいことには、パワーが要る。それに、ちょうど新しいことをや…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い

    テニスというスポーツの中で、ネット際に落ちるボール。それは、チ…

  3. テニス ミス
  4. テニス センス

    メンタル

    馬鹿にされた、刺激をもらったの違い

    普段生活していると、もう嫌というほど情報が入って来ますよね。…

  5. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  6. テニス 環境

特集記事

  1. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい
  5. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
PAGE TOP