テニス ストローク

ストローク

相手があえて空けている、フォアハンド側に簡単に打ってはいけない

シングルスの試合で、相手がフォアハンド側を空けて待っている。

分かっちゃいるけど、つい狙いたくなるんですよね。

でも、ここで安易に狙って強打しては、ミスの元。

攻撃していくなら、明確にどういう場面かを決めておきましょう。

 

相手があえて空けている、フォアハンド側に簡単に打ってはいけない

 


 

1.ベースライン後方からは、基本強打しない

これが、シングルスの大前提。

相手のコートが空いているように見えても、ベースラインより後ろから強打はなかなか入らない。

入ったとしても、そこまで効果的な攻撃にはならないでしょう。

ベースライン後方から強打、ではなくあくまで浅いボールを引き出して攻撃していく。

この基本スタンス、は大事だと思いますよ。

特に、相手はフォアハンド側を空けて待っていることが、シングルスの試合は多いですからね。

誘いに乗るのは危険、です。

 

2.フォアハンド側を攻撃する、時にもライン際は狙わない

しっかり、コートの内側を狙う。

ネットの上を通すときにも、余裕を持ってインになる場所、を普段から狙うように意識しましょう。

相手のフォアハンド、と分かっているからつい厳しく打ちたくなる、反撃が怖いですからね。

でも、その時点で相手の罠、にはまっているようなモノ。

フォアハンド側を攻撃するときに、必要以上にリスクは冒さない。

この意識、すごく大事です。

 

3.走らせた後は、相手にリスクを冒させよう

私がよくやるのは、相手を走らせて前に出る。

フォアハンドでも、結構走ってその後に精度の高いショットを打つのって難しいじゃないですか。

ここで、プレッシャーをかけていく。

走らせた後に、相手に楽させない為には何が出来るでしょうか?

相手にリスクを冒させる、その方法はネットに出る以外に何があるのか?

逆にこっち側がフォアハンド側を空けて誘い込む、なんてのも有りですよね。

 

4.むしろ浅いボール、なんてのが効果的かも

相手がフォアハンドを空けている、でもそれって深いボールを待っているようなケースが多い。

浅いボールって、意外と相手は警戒していない場合も多いと思います。

ショートクロス気味に短く打ったり、ドロップショットを使うこと、効果的だと思いますよ。

相手のポジション、もよく見ておきたいですね。

フォアハンドを空けている、そのポジションはベースラインより前?後ろ?

後ろだったら、深いショットなんて要らないですからね。

 

相手の誘いに、安易に乗らない。

乗る時には、浅いボールを仕留める、または自分で使う感じ、でシングルスを戦えると良いでしょう。

フォアハンドの高い打点からのストロークを得意にしている選手は多いですからね。

攻略の糸口のヒント、になれれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

    試合で一番落ち込むのって、何でしょう。ダブルフォルト?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう

    相手のストロークが深い、どうしても自分の足下にボールがバウンドしてしま…

  3. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイメージすること

    テニスのショットが上手くなるという事は、スピードが速くなるだけじゃない…

  4. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

    スライスってよく使う?俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブル…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

    いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレか…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    スライスが苦手な人は、「ボールが当たる場所、解放していく」場所を作ってみよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある…
  4. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い
  5. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい
PAGE TOP