テニス 試合

練習メニュー

大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

みなさんの周りでも、いませんか?

学生時代ならまだ許されたかも知れませんが、大人になっても遅刻癖が抜けない人、テニス選手でも多い。

こういう人は、まず試合にも強くなれない。

そもそも、考え方が幼いんですよね。

 

大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

 


 

1.遅刻=カッコイイ、と勘違い

ほんと、中2かよって話なんですが。

私も公営のテニスコートを借りて練習することや、参加させて頂くことがありますが、今だに遅刻する人はいます。

それも、ほとんど毎回同じような人。

これって、やっぱり「遅刻するくらいで、ちょうど良い」とどこかで思っている人なんですよね。

遅れて来るのがカッコイイ、最初からやる気満々なんてダサい、と思っている節がある。

結構男性、オジサンでも、こういう人いますからね。

 

2.なぜ、遅刻してはいけないのか?

ここ、ちょっと深く考えてみましょうか。

まず大人になってからのコートは、利用料金がかかるケースが多い。

最初からいた人、いない人がいたら厄介になるのは目に見えています。

当然遅刻した人は最初からいたこと、にしても良いんですが、そこに文句を付けて来る人もいますからね。

それに、練習内容だって途中で人が増えると、細かく変えないといけません。

ただ打ち合っているだけ、なら良いんですが、きっと試合に出て強くなりたいと考えているみなさんの中には、サークルで緻密にメニューを組んで取り組んでいるチームも多いでしょう。

そんなところに、途中から、それもいつくるか分からない人が入って来ると、迷惑でしかないんです。

 

3.気遣いが出来ない人は、練習も下手

とにかく、遅刻ばかりしている人は練習が下手。

テニスの技量、じゃないんですよ。

とにかく、相手の練習の台になってあげたり、真剣にテーマを理解して練習に取り組むということが出来ない人が多い。

そもそも、集団としてのルールを守れていない訳ですからね。

「自分一人いなくても、何も困らないでしょ?」と考えているので、もう改善の余地が無い。

大人になってこういうのって、本当に恥ずかしいですよ。

 

4.テニスの練習に参加するマナー、私はこれだと思います

まずは、しっかり時間通りに到着して、テニスが出来る状態で準備しておく。

初対面の人がいたら挨拶もして、練習ではとにかくミスを減らす。

そして、使わないこともあるでしょうが、出来ればニューボールを用意しておく。

こうやって自分から練習に参加する、支えていく姿勢を持つことってすごく大事ですよ。

何から何まで、人任せの人って練習に必要無い。

自分に何が出来るのか、どうすれば貢献出来るのか。

をしっかり考えて参加出来るのが、大人の基本だと思います。

 

誰も、大の大人に指導なんてしてくれません。

悲しいかな、ダメな人はずっとダメなまま、たかが遅刻と割り切っている。

これでは、試合に強くなるのはもちろん、テニスを続けていくことすら難しいでしょう。

ちょっと恥ずかしくても、アナタ自身が動けば世界は変わる。

良い練習が出来れば、必ずテニスは強くなりますから。

騙されたと思って、まず練習会場には早く到着してみる、ところからじゃないですかね。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ

    今年の4月から大学生、テニスをサークルで始めた・・・という方も、読者の…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「雨の日に教室でも出来る」テニス選手に必要なトレーニング4つ

    雨の日は部活もサークルも休み。とは言え、体育館も使えないし、使…

  3. テニス コントロール

    練習メニュー

    「シンプルな練習にポイント要素を入れる」テニスのストロークの基本練習メニュー

    シンプルな練習メニューですが、ダラダラやるのではなく目的意識と競争意識…

  4. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない

    普段の練習で、意識したいこと。私たちはつい、「練習の為の、練習…

  5. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる…
  2. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
  4. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で
PAGE TOP