テニス 試合

練習メニュー

大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

みなさんの周りでも、いませんか?

学生時代ならまだ許されたかも知れませんが、大人になっても遅刻癖が抜けない人、テニス選手でも多い。

こういう人は、まず試合にも強くなれない。

そもそも、考え方が幼いんですよね。

 

大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

 


 

1.遅刻=カッコイイ、と勘違い

ほんと、中2かよって話なんですが。

私も公営のテニスコートを借りて練習することや、参加させて頂くことがありますが、今だに遅刻する人はいます。

それも、ほとんど毎回同じような人。

これって、やっぱり「遅刻するくらいで、ちょうど良い」とどこかで思っている人なんですよね。

遅れて来るのがカッコイイ、最初からやる気満々なんてダサい、と思っている節がある。

結構男性、オジサンでも、こういう人いますからね。

 

2.なぜ、遅刻してはいけないのか?

ここ、ちょっと深く考えてみましょうか。

まず大人になってからのコートは、利用料金がかかるケースが多い。

最初からいた人、いない人がいたら厄介になるのは目に見えています。

当然遅刻した人は最初からいたこと、にしても良いんですが、そこに文句を付けて来る人もいますからね。

それに、練習内容だって途中で人が増えると、細かく変えないといけません。

ただ打ち合っているだけ、なら良いんですが、きっと試合に出て強くなりたいと考えているみなさんの中には、サークルで緻密にメニューを組んで取り組んでいるチームも多いでしょう。

そんなところに、途中から、それもいつくるか分からない人が入って来ると、迷惑でしかないんです。

 

3.気遣いが出来ない人は、練習も下手

とにかく、遅刻ばかりしている人は練習が下手。

テニスの技量、じゃないんですよ。

とにかく、相手の練習の台になってあげたり、真剣にテーマを理解して練習に取り組むということが出来ない人が多い。

そもそも、集団としてのルールを守れていない訳ですからね。

「自分一人いなくても、何も困らないでしょ?」と考えているので、もう改善の余地が無い。

大人になってこういうのって、本当に恥ずかしいですよ。

 

4.テニスの練習に参加するマナー、私はこれだと思います

まずは、しっかり時間通りに到着して、テニスが出来る状態で準備しておく。

初対面の人がいたら挨拶もして、練習ではとにかくミスを減らす。

そして、使わないこともあるでしょうが、出来ればニューボールを用意しておく。

こうやって自分から練習に参加する、支えていく姿勢を持つことってすごく大事ですよ。

何から何まで、人任せの人って練習に必要無い。

自分に何が出来るのか、どうすれば貢献出来るのか。

をしっかり考えて参加出来るのが、大人の基本だと思います。

 

誰も、大の大人に指導なんてしてくれません。

悲しいかな、ダメな人はずっとダメなまま、たかが遅刻と割り切っている。

これでは、試合に強くなるのはもちろん、テニスを続けていくことすら難しいでしょう。

ちょっと恥ずかしくても、アナタ自身が動けば世界は変わる。

良い練習が出来れば、必ずテニスは強くなりますから。

騙されたと思って、まず練習会場には早く到着してみる、ところからじゃないですかね。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ハードコート
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「背伸びセンス」もテニスの試合で成長する為には必要なこと

    錦織選手が日本人男子で過去最高ランクの4位をマークした。これは…

  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛…

  4. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?

    テニスの試合で、実際に打つ「打ち方」について。これって、何通…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

  6. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

    試合でミスが多い、自滅していく試合が多いと感じているみなさん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
PAGE TOP