テニス トレーニング

練習メニュー

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないということ

年が明けて新規一転。

今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、多いと思います。

頑張る・・・なら、まずはこういう意識を持ってみてはどうでしょうか。

新年の強い想いは、必ずアナタのテニスを強く成長させてくれるはずです。

 

自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手にしかなれないということ

 

1.ここに結果を出せる選手、出せない選手の壁が存在する

誰だって、最初はそうでしょう。

やりたい練習、やりたくない練習があって当然。

そしてどうしても、自分がやりたい練習にばかり集中して時間を割いていく。

でも、当然それだと技術的なバランスも崩れていくし、試合で求められる総合力はいつまで経っても身に付かない。

このことに気付けない人は、自分の目の前に壁があることに気付いていない。

自分が苦手、やりたくない練習にこそ、その壁を破るきっかけがあるのです。

 

2.「やりたくない練習」にこそ、アナタが必要な要素が詰まっている

まず、やりたくない苦手な練習について考えてみる。

ボレー?サーブ?体力トレーニング?

その理由としては、「上達がなかなか感じられない」「体力的にキツイ」といったものでしょう。

みんな、一緒です。

ですが、試合では当然、総合力が問われる訳ですからそこで後悔するのは目に見えている。

試合に勝てる選手は、こういった練習を上手くこなしてバランス良く鍛えているのです。

 

3.「何となく」で練習を終わらせない為に必要なもの

何度も書いてきましたが、何となくで練習を終わらせない為には、数値・動画・テニスノート。

この3つを駆使して、自分の練習を可視化していくことが大事なのです。

勉強が楽しい人は、点数が上がって偏差値が上がる、自分の能力が数値で出るから楽しいのです。

テニスだって、同じ。

上手くいった回数、自分の動画、そして感じたことや新しい発見をテニスノートに記していく。

この習慣だけで、アナタも苦手な練習を上手に自分の中に取り入れていくことが出来るでしょう。

 

テニスの試合に強い人は、練習上手。

歯を食いしばって、辛いことばかり?

それでは続かない。

楽しいと思えるような工夫、が大事なんです。

さぁ、アナタの周りでどんな工夫が出来るでしょうか。

きっとまだまだ、色々出来ますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  2. テニス メンタル
  3. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  5. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?

    テニス部で、どうしても人数が多いと打てる人数が限られる。でも出…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を

    一年の計は、初打ちに有り。私自身、まだ今年はコートに立てていな…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?
  2. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」があることに、気付いた選手から試合が上手…
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
PAGE TOP