テニス 部活

メンタル

アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。

ですが、社会人やフリーになるとテニスの練習環境は自分で求めて、探していかないといけない。

それなのに、いつまで経っても周りに頼ってばかりで、自分で動こうとしない人、いませんか?

サークルに入っていれば、幹事におんぶにだっこ・・・だけだと、それはアナタ自身のテニスにも影響していきます。

 

アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

 


 

■テニスコートの確保は、都心部は本当に大変

私も経験がありますが、都心部では公営コートを確保するのは本当に難しい。

民間のコートも面数が限られているので、本当に奪い合いで競争率が高い。

でもその仕組みを調べたり、取れるように工夫していくのも良い勉強になる。

コートの確保だけじゃない、連絡や練習内容を考えたり、ボールを用意したりと、テニスの練習って結構大変ですよね。

何もかも整った状態で、参加だけして去っていく人はちょっとどうかと、私は思います。

 

■ボールを用意するだけでも、全然印象値が違う

例えばボールを用意する、だけでも全然印象が変わってきます。

新しく参加するメンバーであれば、積極的にコミュニケーションを取ろうとする、のも大事。

社会人にもなれば、テニスをしっかり練習出来る環境なんてそうは見つからない。

一つ一つの出会いを大切にしていかないと、アナタのテニスネットワークは拡がっていきません。

いくらテニスが上手くても、挨拶や御礼がろくに出来ない人がなんと多いことか。

今一度、アナタ自身考えてみて損は無いでしょう。

ただ周りから、提供されるだけになってはいませんか?

 

■受け身の姿勢は、絶対にテニスに影響する

テニスの試合では、自分で主体的に試合を動かしていかないといけない。

そんな厳しい闘いなのに、日々の生活が受け身では勝つなんて無理。

練習の幹事をやったりしろ、というのではなく、もっと周りを観て出来ること、自分が貢献出来ることに積極的に取り組んで欲しい。

そして周りの反応を見て、また改善していく。

こういったルーティンは試合の中でも必要なこと、なのですから。

 

学生時代にいくらでもテニスが出来た環境から、社会人になると一気に変わる。

ボール一つ打つにしても、そのハードルってすごく上がるんだなって、実感しました。

だからこそ、良い環境を自分で作って大事にしていかないといけない。

アナタ自身が変われば、きっと周りの景色も変わる。

そしてテニスが、強くなっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い

    私たちはテニスを通じて、どこに向かうのか。少し大げさな話になり…

  2. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  3. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

    団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。相手の応援が大挙し…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  5. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない

    みなさんが今、何かに苦手意識を持っているのなら。それは、大きな…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議

    テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててます…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
  4. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる
  5. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから…
PAGE TOP