テニス 部活

メンタル

アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。

ですが、社会人やフリーになるとテニスの練習環境は自分で求めて、探していかないといけない。

それなのに、いつまで経っても周りに頼ってばかりで、自分で動こうとしない人、いませんか?

サークルに入っていれば、幹事におんぶにだっこ・・・だけだと、それはアナタ自身のテニスにも影響していきます。

 

アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

 


 

■テニスコートの確保は、都心部は本当に大変

私も経験がありますが、都心部では公営コートを確保するのは本当に難しい。

民間のコートも面数が限られているので、本当に奪い合いで競争率が高い。

でもその仕組みを調べたり、取れるように工夫していくのも良い勉強になる。

コートの確保だけじゃない、連絡や練習内容を考えたり、ボールを用意したりと、テニスの練習って結構大変ですよね。

何もかも整った状態で、参加だけして去っていく人はちょっとどうかと、私は思います。

 

■ボールを用意するだけでも、全然印象値が違う

例えばボールを用意する、だけでも全然印象が変わってきます。

新しく参加するメンバーであれば、積極的にコミュニケーションを取ろうとする、のも大事。

社会人にもなれば、テニスをしっかり練習出来る環境なんてそうは見つからない。

一つ一つの出会いを大切にしていかないと、アナタのテニスネットワークは拡がっていきません。

いくらテニスが上手くても、挨拶や御礼がろくに出来ない人がなんと多いことか。

今一度、アナタ自身考えてみて損は無いでしょう。

ただ周りから、提供されるだけになってはいませんか?

 

■受け身の姿勢は、絶対にテニスに影響する

テニスの試合では、自分で主体的に試合を動かしていかないといけない。

そんな厳しい闘いなのに、日々の生活が受け身では勝つなんて無理。

練習の幹事をやったりしろ、というのではなく、もっと周りを観て出来ること、自分が貢献出来ることに積極的に取り組んで欲しい。

そして周りの反応を見て、また改善していく。

こういったルーティンは試合の中でも必要なこと、なのですから。

 

学生時代にいくらでもテニスが出来た環境から、社会人になると一気に変わる。

ボール一つ打つにしても、そのハードルってすごく上がるんだなって、実感しました。

だからこそ、良い環境を自分で作って大事にしていかないといけない。

アナタ自身が変われば、きっと周りの景色も変わる。

そしてテニスが、強くなっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    辛い試合を乗り越えた選手じゃないと、本当の意地は見せられない

    テニスの試合、最後の最後で踏ん張れるかどうか。意地を見せて、試…

  2. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知…

  3. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

  4. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

  5. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
  2. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドのパワーアップ!をしたいなら、「肩の入れ替え」を意識してみよう
  4. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する
  5. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です
PAGE TOP