テニス ガスケ

リターン

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。

まず大事なことって、何でしょう。

私なら、相手のファーストサーブを何とか威力を落としてもらう、そんな工夫がしたい。

これって、心理戦で仕掛けていけるポイント、ですよ。

 

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

 

1.ファーストサーブがバンバン入る相手は、厄介

サーブって、調子の波が激しい。

相手の調子が良くて、深くて速いファーストサーブがバンバン入って来るような時、もあるじゃないですか。

女性の試合でも、こうなるとリターン側は厳しい。

そこで大事なことは、何でしょう。

とにかく、まずは相手のリズムを崩したい。

入って来るファーストサーブ、を何とかしたい時には、たまに訪れる「セカンドサーブ」にチャンスがあるんです。

 

2.セカンドサーブから、相手への恐怖心を植え付ける

ファーストサーブの調子が良い相手、はセカンドサーブを何とか叩きたい。

これは、ポイントを取るだけが目的じゃありません。

アナタ自身の姿勢、を相手にしっかりと見せつけるのが目的。

「セカンドサーブになったら、こっちもガンガンいきますよ」というメッセージ、を送るんです。

強い相手ほど、このメッセージは効きます。

「セカンドになったら、まずいな・・・」と、感じてもらう。

そうなると、どうでしょう。

やっぱり相手は、気持ち良くファーストサーブを打つこと、出来なくなってくるんですよね。

 

3.「入れないといけない」ファーストサーブは、返球出来る

相手の変化、を感じて欲しい。

今まで気持ち良く打っていたファーストサーブ、から少し威力を落としてくれるはず。

これは、アナタ自身が削いだ力、だと思って良い。

セカンドサーブを叩いてくる相手だと、やっぱりファーストを入れたくなるんですよ。

ここで、攻略の糸口が見えてくるはず。

本当に調子が良いなら、気にせずファーストサーブ打って来られる方が嫌じゃないですか。

いかに、相手に考えてもらうか、が大事です。

 

4.リターンは大切な、相手へのメッセージ

テニスの試合において、リターンって相手への贈り物です。

メッセージです。

サーブを打つ相手に、「ここは効かないですよ」とか「ナイスサーブ!でもロブで返します!」みたいな感じ。

ただ恐れているだけ、だと何も攻略出来ない。

相手に自分のメッセージを贈るつもりで、ぜひ試合ではリターンして欲しい。

強い相手ほど敏感にそれを感じて、考えて乱れてくれる。

試合の中で、ぜひ意識してみて下さい。

 

待っていても、相手の調子は崩れない。

サーブの調子が良い相手なら、1セットマッチならそのまま押し切られてしまうでしょう。

どうしようも無かった、では大事な試合で悔いが残る。

セカンドサーブから、相手のファーストサーブをコントロールする。

その姿勢、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

  2. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  3. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  4. リターン

    相手に差を見せる、ことがリターンゲームでは大事

    差を作って、相手に意識させること。これが、リターンゲームでは…

  5. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  3. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK
PAGE TOP