テニス ガスケ

リターン

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。

まず大事なことって、何でしょう。

私なら、相手のファーストサーブを何とか威力を落としてもらう、そんな工夫がしたい。

これって、心理戦で仕掛けていけるポイント、ですよ。

 

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

 

1.ファーストサーブがバンバン入る相手は、厄介

サーブって、調子の波が激しい。

相手の調子が良くて、深くて速いファーストサーブがバンバン入って来るような時、もあるじゃないですか。

女性の試合でも、こうなるとリターン側は厳しい。

そこで大事なことは、何でしょう。

とにかく、まずは相手のリズムを崩したい。

入って来るファーストサーブ、を何とかしたい時には、たまに訪れる「セカンドサーブ」にチャンスがあるんです。

 

2.セカンドサーブから、相手への恐怖心を植え付ける

ファーストサーブの調子が良い相手、はセカンドサーブを何とか叩きたい。

これは、ポイントを取るだけが目的じゃありません。

アナタ自身の姿勢、を相手にしっかりと見せつけるのが目的。

「セカンドサーブになったら、こっちもガンガンいきますよ」というメッセージ、を送るんです。

強い相手ほど、このメッセージは効きます。

「セカンドになったら、まずいな・・・」と、感じてもらう。

そうなると、どうでしょう。

やっぱり相手は、気持ち良くファーストサーブを打つこと、出来なくなってくるんですよね。

 

3.「入れないといけない」ファーストサーブは、返球出来る

相手の変化、を感じて欲しい。

今まで気持ち良く打っていたファーストサーブ、から少し威力を落としてくれるはず。

これは、アナタ自身が削いだ力、だと思って良い。

セカンドサーブを叩いてくる相手だと、やっぱりファーストを入れたくなるんですよ。

ここで、攻略の糸口が見えてくるはず。

本当に調子が良いなら、気にせずファーストサーブ打って来られる方が嫌じゃないですか。

いかに、相手に考えてもらうか、が大事です。

 

4.リターンは大切な、相手へのメッセージ

テニスの試合において、リターンって相手への贈り物です。

メッセージです。

サーブを打つ相手に、「ここは効かないですよ」とか「ナイスサーブ!でもロブで返します!」みたいな感じ。

ただ恐れているだけ、だと何も攻略出来ない。

相手に自分のメッセージを贈るつもりで、ぜひ試合ではリターンして欲しい。

強い相手ほど敏感にそれを感じて、考えて乱れてくれる。

試合の中で、ぜひ意識してみて下さい。

 

待っていても、相手の調子は崩れない。

サーブの調子が良い相手なら、1セットマッチならそのまま押し切られてしまうでしょう。

どうしようも無かった、では大事な試合で悔いが残る。

セカンドサーブから、相手のファーストサーブをコントロールする。

その姿勢、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  2. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  3. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  4. リターン

    「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

    ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るも…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    置きにいってのミス、がテニスの試合では一番痛い
  2. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  3. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  4. テニス

    ダブルス

    攻撃力の高い前衛は、「1球で決まらなくても、相手を逃がさない」そのしつこさがある…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    オープンスタンスのストロークは、打点を近くするとクロス方向にも打てる
PAGE TOP