テニス ガスケ

リターン

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。

まず大事なことって、何でしょう。

私なら、相手のファーストサーブを何とか威力を落としてもらう、そんな工夫がしたい。

これって、心理戦で仕掛けていけるポイント、ですよ。

 

セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

 

1.ファーストサーブがバンバン入る相手は、厄介

サーブって、調子の波が激しい。

相手の調子が良くて、深くて速いファーストサーブがバンバン入って来るような時、もあるじゃないですか。

女性の試合でも、こうなるとリターン側は厳しい。

そこで大事なことは、何でしょう。

とにかく、まずは相手のリズムを崩したい。

入って来るファーストサーブ、を何とかしたい時には、たまに訪れる「セカンドサーブ」にチャンスがあるんです。

 

2.セカンドサーブから、相手への恐怖心を植え付ける

ファーストサーブの調子が良い相手、はセカンドサーブを何とか叩きたい。

これは、ポイントを取るだけが目的じゃありません。

アナタ自身の姿勢、を相手にしっかりと見せつけるのが目的。

「セカンドサーブになったら、こっちもガンガンいきますよ」というメッセージ、を送るんです。

強い相手ほど、このメッセージは効きます。

「セカンドになったら、まずいな・・・」と、感じてもらう。

そうなると、どうでしょう。

やっぱり相手は、気持ち良くファーストサーブを打つこと、出来なくなってくるんですよね。

 

3.「入れないといけない」ファーストサーブは、返球出来る

相手の変化、を感じて欲しい。

今まで気持ち良く打っていたファーストサーブ、から少し威力を落としてくれるはず。

これは、アナタ自身が削いだ力、だと思って良い。

セカンドサーブを叩いてくる相手だと、やっぱりファーストを入れたくなるんですよ。

ここで、攻略の糸口が見えてくるはず。

本当に調子が良いなら、気にせずファーストサーブ打って来られる方が嫌じゃないですか。

いかに、相手に考えてもらうか、が大事です。

 

4.リターンは大切な、相手へのメッセージ

テニスの試合において、リターンって相手への贈り物です。

メッセージです。

サーブを打つ相手に、「ここは効かないですよ」とか「ナイスサーブ!でもロブで返します!」みたいな感じ。

ただ恐れているだけ、だと何も攻略出来ない。

相手に自分のメッセージを贈るつもりで、ぜひ試合ではリターンして欲しい。

強い相手ほど敏感にそれを感じて、考えて乱れてくれる。

試合の中で、ぜひ意識してみて下さい。

 

待っていても、相手の調子は崩れない。

サーブの調子が良い相手なら、1セットマッチならそのまま押し切られてしまうでしょう。

どうしようも無かった、では大事な試合で悔いが残る。

セカンドサーブから、相手のファーストサーブをコントロールする。

その姿勢、が大事なんです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  4. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  5. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
  2. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って…
  3. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!
  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める
  5. メンタル

    「絶対にミス出来ない場面」なんて、テニスの試合では無い
PAGE TOP