テニス 練習

リターン

女性の速いサーブ、試合では要注意な件

試合の中で、返球し辛いボール。

それって、こういうサーブじゃないですかね。

女性なのに、結構パワフルにサーブを打って来る相手、いますよね。

ミックスダブルスでも、結構こういうサーブが入ると厄介・・・じゃないですか?

 

女性の速いサーブ、試合では要注意な件

 

1.テニスの試合、気が強い女性は多い

試合に出ていて、気が強い選手。

私は、女性の方が多いように思いますよ。

サーブからもう、エンジン全開。

打ち方とか、そういう話の前に、どんどん打っていこうという姿勢が凄い。

入らない、としてもやっぱり嫌じゃないですか。

何が嫌って、「正統派」なサーブじゃないところなんですよね。

 

2.厚いストロークのグリップ、でもナイスサーブ?

実際、試合では変な打ち方・・・と言えば怒られますが、ストロークのグリグリのグリップでサーブを打つ女性も多い。

これがまた、結構入って来るんですよね。

それも、フラットや逆回転のスライスのような感じで、返球し辛くてしょうがない。

みなさんも、経験無いですか?

男性のキレイなサーブは、速いけど返しやすかったりもします。

女性の癖のあるサーブ、これを返すのは簡単じゃないんですよ。

しっかり対策、が必要ですね。

 

3.待って打つと、回転にやられてしまう

実際に、少し変わった打ち方ですから。

変な回転がかかっている可能性が高い。

こういうサーブは、速いからと言って下がらない方が良いでしょう。

しっかり前に入って、コンパクトに返球する。

速いサーブ、は無理せずにスライスでロブ、も有効な作戦です。

サーブが好きな相手は、サーブだけで終わるサービスポイントが大好き。

だからこそ、まずは返すことを意識する。

しっかり心の準備が出来れば、大丈夫ですから。

 

4.打ち方を見て、相手を見下すのは止めよう

これがあるから、テニスは怖いんです。

何となく、変なサーブの相手って見下してしまう、何とかなるだろうと思ってしまいがち。

それが、まずリターンが安定しない大きな要因。

グリップがおかしい、打ち方がおかしい人、ほど癖球でサーブには苦労する。

相手の打ち方を見て、油断しないように。

特に女性で個性的なサーブ、を打つ相手は要注意です。

 

「変な打ち方の人に負けた・・・」なんて、言い訳にもなりません。

相手からすると、いつも通りやっただけ。

アナタ自身が勝手に崩れていく、そういう相手は減らしていかないと。

女性でサーブが速い、好きな選手はいっぱいいます。

それこそ、アナタが倒していかないといけない相手ですからね。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  2. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  4. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう

    相手のサーブの調子が良い。そんなとき、試合でどうやって対応する…

  5. テニス メンタル
  6. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、どこかで気付かないと試合で勝てる選手にはな…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
  3. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  4. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について
  5. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!
PAGE TOP