テニス ダブルス

サーブ

ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

ミックスダブルス、いかに女性のサービスゲームをキープしていくのか。

これについては、みなさんも結構お悩みじゃないでしょうか。

男性が積極的に動くことはもちろん大事ですが、それ以上に、必要なことがあります。

まずは、女性の方自身がサーブを打った後、の構え直しを早くすること。

しっかりラリーに備えること、がまず大事です。

 

ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です

 


 

1.前衛の男性に期待しすぎないこと

つい、こうなってはしまいませんか?

サーブを打った後は・・・「何とかポーチに出て!」とお願いしてしまう。

もちろん、そうやってポイントが取れれば理想ですが、毎回は厳しいでしょう。

大前提として、サーブを打った後の女性自身が、隙をなくすこと。

これだけで、かなりサービスゲームは粘れると思いますよ。

 

2.「サーブを打った女性に返せば良いんだ」と、思わせないこと

相手からすると、こうなると楽です。

とにかく、クロスに返球すれば、サーブの後に隙だらけな女性、結構多いですからね。

サーブを打って、しっかり構える。

相手が男性リターンなら、少しだけ下がって待つ、ことも大事でしょう。

ドロップケアが必要なら、しっかりサーブ&ボレーも全然アリ。

とにかく、サーブの後に隙をなくすこと。

これは、かなり意識しないとダメ、ですよ。

 

3.サーブの次、どうするのかを明確に

ミックスダブルス、女性のサーブだからこそ、です。

何とか入れてくれれば良い、くらいに男性も甘やかしていてはダメ。

しっかり、サーブを打った後どうするのか。

後衛の女性が、どうやってゲームメイクしていくのか、真剣に話し合うことが大事です。

「女性サーブは、入れればOK」なんて、失礼な話。

それでは絶対、成長しませんから。

 

4.意志があればミスは減るし、安定感もアップする

作戦が決まっていない、迷っているからミスをする。

これって、ミスではなくて実力なんですよね。

練習ではできていても、試合でできないこと、に目を向けてみましょう。

自分で意志を持って準備すれば、絶対に安定感はアップします。

サーブの後の構え直しだって早くなるでしょう。

ちょっとの意識、で変わりますよ。

 

ミックスダブルスは、これで変わります。

何より、女性がしっかり自信を持ってサーブを打てるように変わるだけで、雰囲気全体が変わります。

サーブが弱いから無理?

弱いからこそ、次に備えてゲームをキープしていける。

そうは思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、もう一度見直そう

    サーブをしっかりセンターに打ちたいけど、狙っても失敗ばかり・・・な人。…

  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、し…

  5. サーブ

    シングルスの試合で簡単なリターンを、許してはいけない

    シングルスの試合で、相手に許してはいけないこと。自分が打った…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ

    試合で有効なスライスサーブ。しっかりコーナーを突いて、相手をコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    テニスオタクな彼と付き合うと気付く(はず)、な10のメリット
  2. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
  4. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  5. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
PAGE TOP