ロブ

ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。

意外とやる人、少ないんですよね。

これを使えるかどうか、は試合結果に直結すると言っても良い。

使うかどうか、じゃなくてまず使ってみる。

その後に、応用を考えていけば良いんです。

 

ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

 


 

1.小技を嫌う人は、ダブルスで成長出来ない

私自身、若いころはそうでした・・・。

ロブなんて、ダサい。

小技なんて、使わなくても勢いとスピードで押し切っていけば良い。

そんな風に考えて試合をしていました。

でも、それで勝てる試合なんて少ない、と気付くのに時間がかかっただけ。

小技を嫌う人は、どこかカッコつけて試合がしたいだけ。

そもそも、ミックスダブルスを舐めてると思うんですよね。

女性の頭上にロブ、なんて自分のプライドが許さないという男性、の方。

最高にカッコ悪いと思いますよ。

 

2.女性の上にロブ、を使わない手は無い

まず、しっかり打たれてもある程度対応出来る。

むしろ、ロブは甘いくらいで良いんですよ。

厳しいとそのままチェンジ、で男性に任せるような感じになりますからね。

ロブは、相手女性にまず触らせる、打たせる。

これだけで充分です。

スマッシュの実力、ハイボレーの対応度を測っておく。

そうすれば、試合を優位に進められますから。

抜こう、厳しいロブを打とう、とは思わないことです。

 

3.あくまで崩しの起点、にして使う意識が大事

ここから、が大事です。

相手女性を下げて、ロブをカットするようなボレーを打たせてから、攻めていく。

あくまで、攻めの起点としてロブを使う感じですね。

ロブの後にどう攻撃していくか、をしっかりイメージして打っていくこと、が大事です。

相手の女性を2人で攻撃していく、という姿勢を見せること。

これが、ミックスダブルスでの勝利の秘訣です。

 

4.戦術に調子の波は無い、だから勝てる試合が増える

サーブやリターン、やっぱり調子が悪い日はある。

でも、こういうロブからの戦術に波は無い、ですから。

自分たちのパターンを持っておけば、それ自体が出来ない日は無い。

相手女性がスマッシュが凄い、というパターンもあるでしょうけど、それはごく僅かでしょう。

こういうパターンを持っておけば、調子に左右されにくいミックスペアになれるはず。

それって、アナタ自身に必要なことだと思いませんか?

 

これも、ある程度打った数が大事。

どういう女性が、どういう反応をしてくるのか、その経験値を積んでいく。

ミックスダブルス、リターンからどんどん使っていく方が結果的に楽に勝てるはず。

まずは女性の頭上に、打ってみる。

全てはそこから、です。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう

    特にダブルスの試合で、よく観る光景だと思います。相手が2人前で…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ

    相手がロブを打って来て、とっさに判断出来るかどうか。ネットプレ…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  5. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本

    ロブを攻撃的に使うこと。これは、ダブルスの試合では必須のテクニ…

  6. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

    ダブルスの試合の中でよくロブは使う方なんだけど、どっちかというとスライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ
  3. テニス Q&A

    メンタル

    ノータッチエースだけ欲しい人は、バッティングセンターにでも行きましょう
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ
  5. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!
PAGE TOP