テニス リターン

メンタル

最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

テニスって、本当にその人の性格がよく出る。

みなさんも、そう感じる機会は多いと思います。

それがよく分かるのが、チャンスボールを打ったりポイントをフィニッシュしたりする場面。

強引な人、丁寧な人。

それって、その人自身の生き方がすごく大きく反映されてると思いますよ。

 

最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

 

1.フィニッシュを丁寧にする、とはどういうことか?

試合に強い人って、最後が丁寧。

ポイントを終わらせる、ときも相手が触れない場所、に丁寧にボールを送る。

そう、まさに相手コートにパスするような感じなんですよね。

そこには、ある種の優しさが満ちているように思います。

この丁寧なショット、で締めることが出来る人って、きっと生き方自体も丁寧だと思うんです。

自分でポイントを取る、奪いにいくときにこそ、その人の性格って現れやすいと思いますよ。

 

2.雑な人は、性格も雑・・・?

という訳でも、無いと思います。

もちろん、適当で雑な人もいるでしょうが・・・私はもっと、別な理由が多いと思っています。

それは、恥ずかしがり屋さん、という要素。

最後にしっかりポイントを締める、のが恥ずかしいというか、シャイな人っているじゃないですか。

自己主張が難しい、照れてしまう人は、最後をどこか雑にして誤魔化そうとする。

本気でしっかり、最後まで、をどこか「カッコ悪い」と思うよう人、学生のみなさんでも多くないですか?

これって、実はテニスにもすごく出るポイントだと思いますよ。

 

3.最後を丁寧にする、だけで試合は変わる

みなさん、相手を崩すときにはすごく丁寧。

しっかり狙って、相手を動かして・・・でも、最後はどうでしょうか?

要は、ここでしっかり打てるかどうかなんですよね、テニスの試合って。

ポイントを上手くメイクしても、その過程で部分点は入らないのがテニスのルール。

だからこそ、しっかり打って締める、その場面をいつも想像しながら練習することが大事なんです。

なかなか、これが出来ないんですけどね。

 

4.小さいこと、から変えていけば試合のショットも変わっていく

例えばですが、前日には試合の準備を終えておく。

小さいゴミを拾ったり、試合前に家を出る時には掃除をしてみる。

こういうこと、で実は自分のメンタルは大きく変わります。

ただ、数回やっただけだと効果無いかも知れないですが、続けているとそれだけで試合中のメンタルまで変わって来るようになるでしょう。

私自身、記事を書き続けてたくさんのことが変わって来ました。

物事を整理したり、気持ちを整えたり、というのが3年前よりもずっと上手くなった、と自分では思っています。

私に出来るんですから、きっとみなさんにも出来る。

最後のフィニッシュの精度を上げるために、必要なのはラケットを持った練習だけではないでしょう。

 

小さいこと、が大きなことにつながる。

これは、私がテニスを通じて得た一番大事な教訓、だと思っています。

逆に言えば、小さいことでしか、大きなことは興せない。

最後の決めのショット、そこにアナタ自身のテニスや人生が凝縮されている。

と考えるのは、ちょっと大げさですかね?

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出来ているだろうか?

    テニスの試合の現場で問われる、メンタルの強さとは何なのか。土壇場で…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!

    テニス好き?好きだから皆、テニスを毎日頑張っているんだろうね。…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続けるから怖い

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  6. テニス 粘り

    メンタル

    テニスは試合自体が楽しいんじゃなくて、試合を通じて自分が成長出来ることが楽しいんです

    テニスの試合、みなさん秋は特に多いんじゃないでしょうか。正直、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする
  3. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  4. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフッ…
  5. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ
PAGE TOP