テニス ダブルス

ボレー

低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。

足下の低い位置でのボレー、なかなか苦戦しますよね。

でも、当然試合ではこのボールを打つ機会は多い。

相手も、狙って来ますからね。

そんなときに、大事にしたいことって何でしょう?

私は、難しい技術ほど、基本に囚われないで現実主義、で考えた方が良いと思いますよ。

 

低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

 

1.顔とラケットを近くに、がボレーの基本だけど

みなさんも、最初はこう習いませんでしたか?

顔とラケット、の距離感を一定にしましょう、近づけてボールをよく見ましょう、と。

もしかしたら、ローボレーでも習っている方は多いかも知れませんね。

間違いとか、そういう話ではありません。

私なら、その基本をあえて外したい。

低い位置でのローボレーは、顔を近づけないである程度ラケットを離す。

背筋を伸ばして、頭が落ちないようにする、ことが大事だと思います。

 

2.低い態勢は、腰が折れて頭が下がってしまう

ローボレーで、これがまずいんですよ。

頭が下がってバランスは崩れると、今度はロブが取れない。

自分の上半身を起こしている間に、相手がロブを打ったり、攻撃されたら反応出来ないですからね。

ある程度、ラケットだけで触りにいく。

もしかしたら、「横着するな!」とコーチから怒られるかも知れませんが・・・実戦では、相手がいますから。

ローボレーを打つ、動作自体をシンプルにしたい。

私はそう考えています。

 

3.あくまで次、次、の視点で

ローボレーを打っている時点で、かなりこちらは苦しい状況。

そこをまず凌いで、そして次、ですからね。

サクッと打って、次への反応を速くしたい、構え直しをスムーズにしたいんです。

そう考えると、かなり楽になりませんか?

ローボレーを低い態勢で、顔を近づけて頑張っても、良いボールを打つのって難しいですよ。

だったら、シンプルに当たり損ないを減らす、自分が壁になるようなイメージでいたい。

そう考えると、上体は起こして、頭を下げない、膝は曲げる。

これで良いと思うんですよね。

 

4.テニスの基本って、難しいショットでは足かせになる

と、私は思っています。

基本の考え方、ショットはもちろん大事。

でもそれって、ある程度ゆっくりしたボールでコントロール出来る、ような場面での話が前提。

相手に足下をえぐられているのに、基本も何もないんです。

こっちも、生き残るかどうか、何とか必死に返せるかどうかの瀬戸際ですから。

それに、ただ返すだけじゃ試合だとダメ。

そこからポイント奪取につなげる、確率を上げないといけないですからね。

ローボレー、の打ち方についてみなさんどうでしょうか?

もっと現実的に考えてみませんか?

 

難しい技術ほど、シンプルに。

より難しくしているのは、アナタ自身ですからね。

低い態勢を作ること、はテニスの基本。

でも、あえてローボレーでは低くなり過ぎないこと。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  3. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  4. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がります

    テニスの試合、特に若い選手の試合では「ロブ」をあまり見る機会が少ない。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばポイントを取りやすい

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  2. テニス 練習

    メンタル

    自分のテニスを見つめ直して「変えていく時期」は、多くの失敗を受け入れて我慢する時…
  3. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  5. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
PAGE TOP