ロブ

後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。

それは、こういうロブ、です。

改めて、試合でどこの場面で、どういう時に使うのか。

これをしっかり考えておきましょう。

 

後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

 


 

1.ストレートロブ、使えるサイドはどっち?

まず、リターンなら相手サーバーの利き腕。

右利きなら、デュースサイドでの前衛の後ろのカバー、はバックハンドになりますよね。

相手前衛の上に上げて、上手く後衛に任せてくれればバックボレーカット、ですから怖く無い。

ストレートロブを使う前に、まずはこの利き腕とサイドの問題、をしっかり整理しましょう。

ただ普通にロブを上げても、フォアハンド側でカバーされたら辛いし、スマッシュを打たれるかも知れない。

その点、バックハンドはなかなか攻撃出来ないですからね。

ましてや、ハイボレーってなかなか力が入らないので狙い目です。

 

2.ハイボレーカット、やっぱり難しい!

特に女子ダブルスの時には、お勧めです。

両手バックボレーって、高い打点では力が入らないじゃないですか。

また、前衛の選手も自信が無いからスマッシュを打たない、任せてくれやすい。

結構、これって大事なことなんですよね。

バックボレーを触らせる、ことを何より優先させると、戦い方はすごく楽になります。

 

3.当然、強いペアは前衛が意識する

もちろん、相手も分かっている。

後衛の任せてバックボレー、になるなら、自分がスマッシュを打つという準備をしているでしょう。

そうなると、今度はどうでしょう。

相手の前衛は、「自分の後ろ」を警戒している。

つまり、少し下がり目のポジションになりますから、足元が空いて来ますよね。

それに、クロスへのポーチも無いでしょうから、しっかり踏み込んでクロスへの攻撃、も有効になるでしょう。

警戒しているなら、そこに打つ必要は無いですしね。

とにかく、強いペアなら相手の読み、まで読めるように意識していきましょう。

 

4.スライスロブ、でまずは打てるようになろう!

まず、基本のスライスロブ。

これでしっかり打てるようになりましょう。

触らせるロブですから、低めの軌道でもOK。

出来るだけ、ロブとギリギリまでバレないような構え、が出来るとベストですね。

ボレーの感覚でコツンと当てて、そのまま前に出る。

相手のバックボレーカット、から攻撃していくイメージでペアにも伝えておきましょう。

きっと、ダブルスの試合の黄金パターンになるはずですよ。

 

ロブを使うなら、まずこの作戦をスタンダードにしたい。

女子ダブルス、の試合では本当にこれ、打たれるとも思っておいて下さい。

きっと、試合でたくさん打つし、打たれるショット、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  2. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロ…

  3. ロブ

    崩せても脅威にならないロブ、で良いの?

    テニスの試合では、ロブを使う作戦が多いですよね。ダブルスでも…

  4. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

  5. テニス フットワーク

    ロブ

    低く速いロブを、クロスに打てば試合で有効

    あるレベルになれば、ロブは通用しなくなる。これは、試合に出てい…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で攻撃的なリターンを身に付けたければ、「基本はフォアハンドのグリ…
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  5. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
PAGE TOP