テニス 技術

ボレー

バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。

特に、逆クロス方向に打つときに、手先だけでコントロールしていこうとすると、まず難しい。

実際に試合で緊張する場面では、細かいコントロール出来ないですよね。

ここは、大胆に背中を向ける、身体全体を使うつもりで打っていきましょう。

 

バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

 


 

1.遅いボールをコントロール、が難しいのがボレー

フワッと浮いたボールをしっかり打つ、決める。

これが難しいのがテニスですよね。

速いボールは、反応だけでシンプルに打てる、こともありますから。

でも、遅いボールは自分から力を加えていかないといけない。

それも、バックボレーになると難しいでしょう。

なかなか、身体の構造上力が入らないですからね。

だったら、身体の向きを考えて、使い方を変える。

逆クロス方向へ打つ、ときには相手方向に背中を向けることを意識しましょう。

 

2.まずは肩を入れて、顔を残すところから

バックボレーの基本の構え、緩いボールならしっかり肩を入れる。

肩を入れるんだけど顔は相手方向を向いておく、状態を素早く作りましょう。

そして、逆クロス方向に打ちながら、相手に背中を向ける。

身体の向き、を逆クロス方向にしか打てないように作る、ようなイメージで良いと思います。

ダブルスの試合のポーチ、でも使えますね。

自分から動いて、逆クロスにバックハンドボレー。

どうでしょう、身体の使い方イメージ出来ますか?

 

3.速いボールに、この打ち方は難しい

と思います。

ある程度遅い、自分から足を出していけるときに、有効になる打ち方です。

速いボールなら、合わせるだけで背中までは向けない。

肩を入れ、そのままシンプルに打ち終わるようなボールも多いでしょう。

今回の打ち方は、片手両手問わず、大きく身体を動かしていくのが大前提。

あくまで遅いボールに自分の体をぶつけていく、イメージで打ちましょう。

 

4.意外と打てない、逆クロス方向へのボレー

これは、フォアハンドも一緒だと思います。

意外と、打てないんですよ、逆クロス方向へのボレーって。

特にバックハンドは、苦戦している人が多いんじゃないですかね。

腕先だけ、で打つのは絶対に難しい。

ラケット面を作るのが基本ですが、遅いボールだとつい振ってしまうじゃないですか。

その抑制、にも今回の背中を向けるような身体の使い方はお勧めです。

 

遅いボールを、ボレーで振ってしまう人、にも良い矯正方法になるでしょう。

大事な場面、こそ力が入りますからね。

身体を動かしていくんだけど、ラケットワークはシンプルに。

これだけで、かなり試合向きなボレーになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、…

  2. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  6. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ
  3. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない
  4. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
  5. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い
PAGE TOP