テニス 技術

ボレー

バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。

特に、逆クロス方向に打つときに、手先だけでコントロールしていこうとすると、まず難しい。

実際に試合で緊張する場面では、細かいコントロール出来ないですよね。

ここは、大胆に背中を向ける、身体全体を使うつもりで打っていきましょう。

 

バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

 

1.遅いボールをコントロール、が難しいのがボレー

フワッと浮いたボールをしっかり打つ、決める。

これが難しいのがテニスですよね。

速いボールは、反応だけでシンプルに打てる、こともありますから。

でも、遅いボールは自分から力を加えていかないといけない。

それも、バックボレーになると難しいでしょう。

なかなか、身体の構造上力が入らないですからね。

だったら、身体の向きを考えて、使い方を変える。

逆クロス方向へ打つ、ときには相手方向に背中を向けることを意識しましょう。

 

2.まずは肩を入れて、顔を残すところから

バックボレーの基本の構え、緩いボールならしっかり肩を入れる。

肩を入れるんだけど顔は相手方向を向いておく、状態を素早く作りましょう。

そして、逆クロス方向に打ちながら、相手に背中を向ける。

身体の向き、を逆クロス方向にしか打てないように作る、ようなイメージで良いと思います。

ダブルスの試合のポーチ、でも使えますね。

自分から動いて、逆クロスにバックハンドボレー。

どうでしょう、身体の使い方イメージ出来ますか?

 

3.速いボールに、この打ち方は難しい

と思います。

ある程度遅い、自分から足を出していけるときに、有効になる打ち方です。

速いボールなら、合わせるだけで背中までは向けない。

肩を入れ、そのままシンプルに打ち終わるようなボールも多いでしょう。

今回の打ち方は、片手両手問わず、大きく身体を動かしていくのが大前提。

あくまで遅いボールに自分の体をぶつけていく、イメージで打ちましょう。

 

4.意外と打てない、逆クロス方向へのボレー

これは、フォアハンドも一緒だと思います。

意外と、打てないんですよ、逆クロス方向へのボレーって。

特にバックハンドは、苦戦している人が多いんじゃないですかね。

腕先だけ、で打つのは絶対に難しい。

ラケット面を作るのが基本ですが、遅いボールだとつい振ってしまうじゃないですか。

その抑制、にも今回の背中を向けるような身体の使い方はお勧めです。

 

遅いボールを、ボレーで振ってしまう人、にも良い矯正方法になるでしょう。

大事な場面、こそ力が入りますからね。

身体を動かしていくんだけど、ラケットワークはシンプルに。

これだけで、かなり試合向きなボレーになるはずです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

    ハイボレーは簡単?そんな方は、どこか勘違いしているように思いま…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

  4. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけで、格段にレベルが上…

    ボレーのレベル、ネットプレーが得意かどうかは、「ミドルボレー」を観れば…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ちで

    ドライブボレーは、一昔前まで一部の選手だけが使う武器でした。そ…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備そのものが遅すぎる!

    「今の、アウトだったかも・・・」と、ボレーを触った後に悔やんでも遅い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「スライスのストロークの返球が難しい・・・」人は、スピン系の返球と明確にココを変…
  2. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
PAGE TOP