サーブ

サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

サーブを打つときに、トスアップの動作がスムーズな人って、どんな感じでしょうか?

上に投げる感じ、ではなく上にセットする感じ、だと思います。

ほおり投げる感じ、を卒業しないと安定しない。

だからこそ、意識したいのは腕全体の動きです。

 

サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

 


 

1.トスアップの肘を伸ばすのが基本

肘を伸ばして、トスアップしていく。

軽く曲げるくらいは良いと思いますが、曲がり過ぎている人が多いように思います。

肘が曲がり過ぎていると、トスも近い位置に落ちるし、軌道もぶれる。

基本は肘を伸ばして、腕全体を動かしてトスアップしていくのを基本、にしていきましょう。

トスアップ、手首や腕先だけの力で完了させようとしている人、が多いのが気になります。

大事なポイントで、それでは安定しないですよ。

 

2.腕を動かして、結果的にボールが上がる

ボールは投げて上がるのではなく、腕を動かした延長線上で、上がっていく。

だから、高さは低くて良いんです。

とにかくシンプルに、腕の力を使わない方向で。

腕をしっかり動かす、ボールは離す、という感覚で練習してみて下さい。

ボールを早く離す人が多いですが、それだと安定しないですよ。

 

3.サーブの素振りの中に、トスが入ってくる感じで

サーブの素振り、をしっかりするならこの意識が大事です。

トスアップ、にサーブを合わせるんじゃなくて、その逆。

トスアップが、自然にサーブの中に入ってくるような感覚、を養わないと。

トスに合わせて打つ、のでは試合の緊張した場面で厳しい。

だからこそ、身体、腕をしっかり大きく使ったトスアップ、を意識して欲しいんです。

 

4.コツは、身体から離した位置にテニスボールを置くこと

私のコツは、これです。

トスアップ、なるべくボールを身体の遠くを通して上に上げる。

身体の近くにボールを持っている手、があるとすごくぶれやすいです。

身体の遠くを通す、ことで軌道も安定するはずです。

まずは、肘を伸ばす。

そして身体から遠い位置、を通過させていくことに注力すること、が大事です。

 

ちょっとしたことですが、大事なコツ。

身体から離してトスアップ、を意識すると、最初は難しく感じるでしょう。

でも、慣れてくれはその方が安定するはず。

肘を伸ばしてトスアップ、ぜひ練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習での的の作り方」を工夫すれば、誰でも実践的で狙う意識と成功体験を養える

    サーブ練習、チームで個人で、しっかり時間を確保出来ていますか?…

  2. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけない

    あと1ゲーム、キープすれば試合は終わり。サービング・フォー・ザ…

  6. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
  2. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコース…
  4. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
PAGE TOP