サーブ

サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

サーブを打つときに、トスアップの動作がスムーズな人って、どんな感じでしょうか?

上に投げる感じ、ではなく上にセットする感じ、だと思います。

ほおり投げる感じ、を卒業しないと安定しない。

だからこそ、意識したいのは腕全体の動きです。

 

サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

 


 

1.トスアップの肘を伸ばすのが基本

肘を伸ばして、トスアップしていく。

軽く曲げるくらいは良いと思いますが、曲がり過ぎている人が多いように思います。

肘が曲がり過ぎていると、トスも近い位置に落ちるし、軌道もぶれる。

基本は肘を伸ばして、腕全体を動かしてトスアップしていくのを基本、にしていきましょう。

トスアップ、手首や腕先だけの力で完了させようとしている人、が多いのが気になります。

大事なポイントで、それでは安定しないですよ。

 

2.腕を動かして、結果的にボールが上がる

ボールは投げて上がるのではなく、腕を動かした延長線上で、上がっていく。

だから、高さは低くて良いんです。

とにかくシンプルに、腕の力を使わない方向で。

腕をしっかり動かす、ボールは離す、という感覚で練習してみて下さい。

ボールを早く離す人が多いですが、それだと安定しないですよ。

 

3.サーブの素振りの中に、トスが入ってくる感じで

サーブの素振り、をしっかりするならこの意識が大事です。

トスアップ、にサーブを合わせるんじゃなくて、その逆。

トスアップが、自然にサーブの中に入ってくるような感覚、を養わないと。

トスに合わせて打つ、のでは試合の緊張した場面で厳しい。

だからこそ、身体、腕をしっかり大きく使ったトスアップ、を意識して欲しいんです。

 

4.コツは、身体から離した位置にテニスボールを置くこと

私のコツは、これです。

トスアップ、なるべくボールを身体の遠くを通して上に上げる。

身体の近くにボールを持っている手、があるとすごくぶれやすいです。

身体の遠くを通す、ことで軌道も安定するはずです。

まずは、肘を伸ばす。

そして身体から遠い位置、を通過させていくことに注力すること、が大事です。

 

ちょっとしたことですが、大事なコツ。

身体から離してトスアップ、を意識すると、最初は難しく感じるでしょう。

でも、慣れてくれはその方が安定するはず。

肘を伸ばしてトスアップ、ぜひ練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

    試合でのセカンドサーブ、に課題を感じている人は多い。色々工夫す…

  2. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

  5. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

    サーブはとにかく、センターに打ちたい。ダブルスをプレーしている…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスというスポーツは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
  3. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  4. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術
  5. テニス リターン

    メンタル

    弱者のテニスに必要な5つの要素
PAGE TOP