戦術

メンタル

フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

私が見ていて、感じること。

試合会場で、当然勝負の世界なのですが、何となくで試合に入っていく人が多い。

もちろん、多少は準備しているでしょうが、フワッと入って試合が始まり、あっという間に0-4になる。

みなさんも経験、無いですか?

 

フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

 


 

1.試合の序盤は、徹底的にコントロール重視で良い

試合の序盤は、何に集中するのか。

私は、とにかくコントロール。

ここだけは、しっかりやるという気持ちでコートに入ります。

相手との駆け引き、は後で良い。

とにかくまずは狙った場所にしっかり打つ、7割くらいの力で良い。

相手から決められても、気にしない。

コントロールだけに集中して入る、ことを意識すれば、大崩れすることはありませんからね。

 

2.フワッと、ではなくゆったり入る

言葉のニュアンスの違いですが、私はこう考えています。

最初はペースを上げないで、ゆったり、しっかり相手とラリーする。

ダブルスで前衛にいるときも、激しいボレーは打たない。

コントロール重視で、相手のいないところをしっかり狙う、という意図を相手にも見せる。

ゆったり入って、相手を観察するような意識も大事ですね。

 

3.ゆったり入るけど、スコアは離されないように

1セットマッチなら、3ゲーム差つくと厳しい。

だから、しっかりとコントロール勝負で相手に主導権は渡さないこと、も大事になってきます。

難しいこと、は無いでしょう。

相手が最初からエンジン全開、でも大丈夫。

コントロールさえ良ければ、相手のナイスショットは続きませんから。

しっかり、スコアを離されないようについていく、ことは大事です。

自分がリードするのは、「結果的にリード」する感じですね。

欲が出たら、全てが崩れていきますから。

 

4.集中して試合に入れば、それだけで周りからリード出来る

とにかく、試合は序盤が勝負。

取り返せないんです、テニスの試合は。

何度か書いて来ましたが、序盤が強い人なんてほとんどいないじゃないですか。

それは何でだと思いますか?

みんな、取り返せると思っているから。

ちょっとだけカッコつけて、スカして、序盤は温存しているように見せたいから。

アナタが思っている以上に、テニスの試合は序盤で決まることが多い。

ここを変えるだけ、周りと差を付けることが出来る。

これに気付ければ、もうアナタは草トーで勝ち上がる特権を得たようなものでしょう。

 

みんなが普通にしているところ、に集中して入る。

みんなが集中しだすころには、もう大きくリードしている。

アナタ自身のテニスの試合、基盤は、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い

    ジャッジが汚い、そんな相手と試合で対戦するとき。こっちのメンタ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  4. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること

    試合は競ったまま終盤に、4-4で、デュースに入って…。正直、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス トレーニング

    メンタル

    逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる
  2. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない
  3. テニス サーブ

    その他

    「失敗するのが恥ずかしい」と思われるようなチームの雰囲気なら、勝てるチームへの躍…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
PAGE TOP