戦術

メンタル

フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

私が見ていて、感じること。

試合会場で、当然勝負の世界なのですが、何となくで試合に入っていく人が多い。

もちろん、多少は準備しているでしょうが、フワッと入って試合が始まり、あっという間に0-4になる。

みなさんも経験、無いですか?

 

フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会

 


 

1.試合の序盤は、徹底的にコントロール重視で良い

試合の序盤は、何に集中するのか。

私は、とにかくコントロール。

ここだけは、しっかりやるという気持ちでコートに入ります。

相手との駆け引き、は後で良い。

とにかくまずは狙った場所にしっかり打つ、7割くらいの力で良い。

相手から決められても、気にしない。

コントロールだけに集中して入る、ことを意識すれば、大崩れすることはありませんからね。

 

2.フワッと、ではなくゆったり入る

言葉のニュアンスの違いですが、私はこう考えています。

最初はペースを上げないで、ゆったり、しっかり相手とラリーする。

ダブルスで前衛にいるときも、激しいボレーは打たない。

コントロール重視で、相手のいないところをしっかり狙う、という意図を相手にも見せる。

ゆったり入って、相手を観察するような意識も大事ですね。

 

3.ゆったり入るけど、スコアは離されないように

1セットマッチなら、3ゲーム差つくと厳しい。

だから、しっかりとコントロール勝負で相手に主導権は渡さないこと、も大事になってきます。

難しいこと、は無いでしょう。

相手が最初からエンジン全開、でも大丈夫。

コントロールさえ良ければ、相手のナイスショットは続きませんから。

しっかり、スコアを離されないようについていく、ことは大事です。

自分がリードするのは、「結果的にリード」する感じですね。

欲が出たら、全てが崩れていきますから。

 

4.集中して試合に入れば、それだけで周りからリード出来る

とにかく、試合は序盤が勝負。

取り返せないんです、テニスの試合は。

何度か書いて来ましたが、序盤が強い人なんてほとんどいないじゃないですか。

それは何でだと思いますか?

みんな、取り返せると思っているから。

ちょっとだけカッコつけて、スカして、序盤は温存しているように見せたいから。

アナタが思っている以上に、テニスの試合は序盤で決まることが多い。

ここを変えるだけ、周りと差を付けることが出来る。

これに気付ければ、もうアナタは草トーで勝ち上がる特権を得たようなものでしょう。

 

みんなが普通にしているところ、に集中して入る。

みんなが集中しだすころには、もう大きくリードしている。

アナタ自身のテニスの試合、基盤は、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  2. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

  5. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう

    試合には必ず勝敗が付く。ですが、つい負けた試合では感情的になり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです
  2. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しな…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー
  5. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
PAGE TOP