テニス チャンス

戦術

30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう

ここぞ、という場面で相手の攻撃を読む。

この先まわりが出来れば、テニスの試合は大事なポイントでも確実に取ることが出来る。

でも、相手も簡単に手の内は見せてくれないですよね。

だからこそ、意識したいのは30-30のポイント。

このポイントこそ、選手の個性が出やすいシチュエーションだと私は思いますよ。

 

30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう

 


 

1.30-30の場面では、一番自信があるプレーが出る

みなさんも、そうじゃないですか?

30-30のポイントは、絶対に取りたい。

取ってゲームポイントに乗せれば、相手にプレッシャーをかけることが出来ますからね。

きっと自然に自分が一番得意な、自然な形の配球やプレーになっているはずなんです。

だから、相手を観察しておく。

もちろん、30-30の場面では自分も得点したいですよ。

でも、試合の序盤ならあえて、観察に集中する。

その集中が、後で活きて来ますから。

 

2.覚えておいて、後半の勝負所に備える

30-30の場面で、相手が何をしてくるのか。

どういうサーブ、リターンのコース、ポジションで勝負してくるのか、をよく確認しておく。

アナタ自身は、しっかりつなぐ意識で攻撃させない、出来るだけ相手にボールを打たせる。

そこで失点しても、気にしない。

大事なのは、試合の後半への布石を打つことですから。

そこで相手のパターンを研究しておくこと、覚えておくこと、が大事です。

 

3.特にサーブのコース、はしっかり覚えておくこと

私は、上のレベルの試合ではこれを特に意識します。

30-30からの相手のサーブのコース、はしっかり覚えておく。

そして、試合の終盤で30-30、または15-40のような場面になったら、そのコースでリターンの山を張る。

思い切って攻撃、していく根拠を作る感じですね。

それで外れたら、しょうがない。

何とか粘るしかない、という感じで割り切っておきましょう。

こういう記憶から予測していく試合、みなさん出来てますか?

これは、やるかやらないか、の問題ですよ。

 

4.覚えることも、ルーティン化してしまえば良い

私はもう、無意識で覚えるんですよね。

試合の序盤、30-30のカウントでの相手のプレー。

覚えておいて、後半にそれと同じパターンで山を張る、のがもう習慣みたいなもの。

癖付けてしまえば、苦痛でも何でもないですよ。

「観察しながら自分も良いプレーするなんて、無理・・・」と思わず、まずはやり始めてみる。

そうすると、何度かやっている内にそれが当たり前、になってきますから。

そうなれば、自然と試合にも強くなっているはずです。

 

アナタが思っている以上に、人には特徴があります。

癖があるし、性格が出る、のがテニス。

それを見抜けるかどうか、ですね。

30-30でのポイント、過去に思い出せますか?

まずは意識を置いて、じっくり相手を見ていきましょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  2. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について

    今朝、眠たい目をこすりながら試合を観た方も多いと思います。マス…

  3. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  4. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある

    テニスの試合で勝つには、どうすれば良いのか。教わって来たテニス…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

    試合の中で、苦しい場面。みなさんは、それはどんな時だと思います…

  6. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

    今年も全仏オープンが開幕。改めて、クレーコートでの戦い方につい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  2. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ…
  4. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせている…
PAGE TOP