日々の雑記

テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

大学を卒業してから、約2年間くらい、テニスコーチをしていた時期がありました。

千葉県で新規でオープンしたテニススクール、で週5日勤務。

まだオープンしたてでコーチも少なかったので、右も左も分からないままに、ただひたすら体験レッスンの毎日、の後にオープニング。

木曜日と金曜日は私自身はお休みでしたが、それ以外の曜日はほぼ朝8時から23時までコートに立ちっぱなし。

本当に、今思い出してもよくやったと思います。

 

なんでこんな話を思い出したのかと言えば、先週買って読んだ本「10年後の仕事図鑑」が衝撃的だったから。

よく、「向こう10年でAIに8割の仕事を奪われる」なんて言われてますが、これってテニス界も例外じゃないかもしれない。

むしろ積極的にAIのような技術を使っていかないと、いつまで経ってもテニスコーチってしんどいだけだと思います。

私が感じていたのは、まず絶対的に「休めない」ということ。

体調不良でも、自分が欠席してクラスがお休み、という訳にはいかないので誰か代わりのコーチを探さないといけない。

余裕がある大手のテニススクールでもない限り、控室で待機しているコーチなんていませんからね。

長期の休みを取るのも、代わりのコーチを探さないといけない。

そして、その代わりのコーチは休日に出勤しないといけない・・・という、負の連鎖。

これって、すごく時代錯誤な話ですし、コーチを志す人もそりゃ減るよ、と思ったのを覚えています。

 

この本、中身は実はすごくシンプルで、面白い。

何より図やイラスト、が分かりやすくて重たいテーマでもすっ・・・と入って来る感じ。

今の学生のみなさんなんかは、これが当たり前のような感覚、なのかなーと思いながら。

サクッと衝撃的なことも書いてあります。

でも、全体的にテニス界に必要なことばっかり、のような気がしてならない。

どこか、T-PRESSで書いてある内容、スタンスとも被るような気が・・・。

やっぱり読んでいる本に影響を受ける、のが人間ですね。。

 

特に印象深かったのが、「AIを拒絶するより、使う側のまわらないとダメ」という部分。

どんなに拒んでも、もう未来はそこまで来ていますからね。

テニスでも一緒、だと思います。

もしかしたら、近い将来テニススクールにはすべて360度カメラが設置されて、レッスン後にはアドバイスのレポートが出て来る、なんてことも可能になるでしょう。

そうなると、コーチはその場にいても主観的なアドバイスしか出来ない。

もっともっと、自分のテニス観で生徒のアピールしていかないと、それこそ適格なデータでアドバイスをくれるAIコーチには勝てないですからね。

いや、すごく楽しみじゃないですか。

私も負けないように、もっともっと、自分のテニス観や独自の世界に、磨きをかけていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!

    アンケートにご協力頂いた皆さん、ありがとう御座いました!現在5…

  2. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い

    相変わらず、暑い日が続きますね。みなさん、テニス頑張ってますか…

  3. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

    今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。仕事で離…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。今回は、学生の皆…

  5. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?

    やっと暖かい日が増えてきましたね・・・。それでも関東は昨日、今…

  6. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか

    最近、お昼を外に食べに出る機会が多いのですが・・・ふと、考えることが。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    相手のファーストボレーを潰す、にはポジションはどこ?
  2. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  3. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  4. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよ…
PAGE TOP